Bilingual Culture Magazine

Interview with Jerome Peel from Peels

Text/Translation: Yuka Shimayoshi
Photo: Sayuri Murooka

いまストリートで人気の、ニューヨークのファッションブランドPeels。
オーダーしてパッチに自分の名前を入れることが出来るワークシャツが人気だ。
先日、Peelsを手掛けるデザイナーのJerome Peelが来日し、Woolyはインタビューを行った。Peels is one of the most popular New York brand among the street kids.
It is popular for customizing shirts with the patch your own name on it.
Wooly interview with Jerome Peel, a designer and a founder of Peels, who visited Japan last week.

 


  • JP
  • EN


どういった経緯でこのようなシャツの形になったのか教えてください。

父親からシャツを借りたんだ。彼は塗装業者で、機械工として車をいじっていた。古いワークシャツを持っていて、彼の名前と、車会社の名前が書いてあった。まさにこのPeelsのシャツみたいなもの。それで彼のことを2,3年手伝っていたら、父も僕もそのシャツをとても気に入っていたから、その塗装会社のためにシャツを作りたいと思いはじめた。こちら側には“Peels Painting”、こっちには父の名前を付けた。それはなんというか、仕事が大きくなっていくとプロフェッショナルになれるということを示してくれて、制服としての役割を果たすようになったんだ。

それで、シャツには買った人の名前をワッペンで縫い付けられるようにしたのですか?

そういうこと。最初に父のために作ったシャツの真似事みたいなものだね。最初のやつを彼に送ると、父はそれを仕事に着て行ってくれて、僕も気に入ったから自分用にも作ろうと思った。それから何人かの友達や、インスタグラムのDMを通して注文してくる人たちがいて、これはブランドを立ち上げてしまおうということになったんだ。会社みたいにはしたくなかったから、最初は友達のためだけに作ろうと思っていた。けれど次第に大きくなっていって、たくさんのDMが来てどうやったら手に入るんだとみんなが聞いてくるものだから、ウェブサイトを立ち上げたんだ。

Striped 1/2 zip shirt by peels ¥15,000

  • なるほど。では、仕事着と日常の服は異なる物だと思いますか?

    この会社では、そこの境界線を不明瞭にしたいんだ。なぜなら、Carharttみたいなワークウェアがあるけど、僕はあれをワークウェアだとは思ってもいない。まさしく、かっこいい服なんだ。ワークウェアはもともと男性労働者が着るものだった。道具を入れられるポケットがこっち側にあって、パッチがついていて。そういうハードワーカーな男たちは息をのむほどかっこいいし、彼らにインスパイアされて服を作っているんだ。

    Peelsの服は女の子もたくさん着ていますよね。それについてはどうお考えですか?

    まずは自分の好きなストライプやネイビーを用意したんだ。そのうち女の子たちもシャツを注文してくれるようになってきて、彼女たちのために何か作りたいと思ってピンクを増やした。それに、ピンクのほうが居心地がいいという人もいるだろうし、あとは要望の多い人にも対応することが出来る。それでピンクを作った。
    どんな人種や性別、うまく大衆に適応することができないようなスタイルを持った人、例えばスケートボーダーやストリートで働く人たち。あらゆることの狭間にあって、誰も気づかないような。そういう人たちを含めた、すべての人のために服を作りたいね。

    まさにワークウェアと普段着の融合ですね。Peelsを通して出会った印象的な人はいますか?

    それはもう限りなく。これまでにたくさんの人に出会った。強いて挙げるなら、マーク・ゴンザレスに会ったね。スケーターの。あとはクロエ・セヴィニーが着てくれて、実際には彼女には会っていないんだけど、彼女が自分の服を着ているのを見られたのはとてもクールだった。あと日本に来てから仲里依紗にも会った。とってもクールだったよ。この仕事を始めてから、新しいシーンに自分がいるなと感じさせてくれる最高な人たちだよ。

    日本での滞在はどうですか?なにか面白いことは経験しましたか?

    ああ、飛行機を降りた瞬間からずっとね。最初の48時間くらいは緊張していたんだけれど、だんだんとここにいる人たちをより理解できるようになってきた。
    あとは、この国の人たちが服に関して細かいところまで注意を払っていることに気が付いた。だらしのない服を着ている人はここではほとんど見たことない。全てがとても清潔で、人々が着ている服はみんなおしゃれ。NYだと同じような服装の人がたくさんいるのだけれど、ここではみんなすごくユニークなんだ。

    • Navy full zip shirt by peels ¥15,000

    • あなたにとってファッションとはどのようなものですか?ファッションとはオリジナルでいることかな。オープニングセレモニーなんかに行って、すごく高価なものを買って身に付けるような人になることもできるよね。それもファッションのひとつの在り方だ。でもスーパーハイデザイナーの服でなくても、いいものを集めて着るような人になることもできる。私がより意識していることは、人々が本当にいいものを手に入れるためにお金を使うということ。それから、自分がどう見えてどう生きたいかに注意を払うこと。そうやってファッションを自分だけのオリジナルなものにすることが一番大切かな。

      では最後の質問です。あなたはどんな人から影響を受けていますか。

      それは間違いなく、大変な仕事についているハードワーカーたちだね。例えば配達員や機械工、建設現場で働く人たち。そういう職業の服を着ている人たちが一番クールだと思う。まさしく働いている、って感じがする。実際の労働者たちは、仕事が終わったら普通の服に着替えるだろうね。だけど、会社の名前が背中に、自分の名前が胸に書いてあるようなジャケット、それこそが私の探し求めている仕事着なんだ。。

      https://www.peels.nyc/


  • Please tell us the story about how you made the shape of a shirt.

    I had borrowed a shirt from my dad. He was working as a painter and he was a mechanic working on cars. He had an old work shirt with his name on it and it also said its car company he had worked for. It was just like this Peels’ shirt. After I had helped him for two or three years, I just wanted to make him one for his painting company he is doing now, because we both loved his work shirt. I put “Peels Painting” on this side and this side has his name. It showed it was a job of their profession, and it worked as an uniform.

    So that’s why you sewn customer’s name on a shirt?

    Yes. It’s like an imitation from the first working shirt. Sending him the first one, my dad was wearing it to work, and I wanted to make it for myself because I really like it. There were my couple of friends and people giving me DM through Instagram asking for shirts and I decided to start a fashion line. I didn’t want it to be a company, but for friends. However, it just slowly started to grow and I got too much DMs, so I started my website.

    • Striped 1/2 zip shirt by peels ¥15,000

    • I see. Then, do you think working clothes and everyday clothes are different?With my company I want to make that border not so clear. Because there’s a work wear like Carharrt and I don’t even think that’s like work wear. That’s just like nice clothes. Work wear was used to be a male men wearing. Like he got a pencil on stripe this side and he got a shirt patch on it. Those guys are really cool to me and inspiring.

      Now many girls choose your clothes as well. What do you think of that?

      I started with the stripe or navy which I just like a lot. Then, a lot of girls started to order a shirt, so I wanted to make some for girls and that was a pink one. There are also people feeling more comfortable with this and there was people who asking a lot.
      My clothes are open for any race, sex, or any style person who is not fitted in something like skateboarders or street workers. Those who have everything between and nobody feels. So I wanted to make it for everyone.

      That’s the combination of the work clothes and daily clothes. Please tell us someone impressive you met through the work for Peels?

      Oh, it’s like unless. I met so many people. If I must to say I’ve met Mark Gonzales. He is a skater. Chloe Sevigny got a shirt, I didn’t get meet her though. But to see her wearing is very awesome. And I met Naka Riisa in Japan. That was really cool. They are really cool people who make me feel I’m in the new seen now since I started my brand.

      So, how about Japan? Have you experienced anything interesting here?

      Yeah, since the moment I got off from the plane. It was like showing a tense for first 48 hours, but I started to see people here and understand more.
      Also, I just noticed the attention in detail for people on clothes here. I’ve never seen people untidily dressed. Everything is clean and everyone is stylish. There are many people dressing up in the same way in New York, but they all are unique in Japan.

    • Navy full zip shirt by peels ¥15,000

    • What is fashion for you?For me fashion is to be original. You can go to Opening Ceremony or like that and buy very expensive things to wear on. That is one type of fashion. You can also be somebody who find stuff that’s not of super high designer but the good things together. What I more mean to is spending money on more creative and nicest things. And you just pay attention to what you look like, what you read, and how you sing. Being original is the most important thing.

      This is the last question. By what kind of people do you get inspired?

      Definitely hard workers who is on hardworking jobs like mailmen or mechanics or building construction workers. I think those are the coolest people. It is really like they are working. In fact, the workers must change to the daily clothes after they finish working. But a jacket with the name of company on its back and the worker’s name in front, that is a work clothes I’m looking for.

      https://www.peels.nyc/

    (C) 2017 Wooly. All right reserved.