Bilingual Culture Magazine

Interview with new future-pop unit “citrusplus”

Interview & Text: Yuka Shimayoshi
Translation & Assistant: Karin Mizunoya

Woolyにて「Say H!」を連載するフューチャーポップユニットcitrusplusにインタビュー。

 


  • JP
  • EN


エレクトロサウンドに女性ボーカルをのせたフューチャーポップユニットのcitrusplus。
その音楽性はもちろん、アパレルブランドやクリエイターとのコラボを積極的に行い、カルチャー・ファッション好きから人気を集めている。
12月に3曲連続リリースとMV公開を実現した3人に、Woolyはインタビューを行った。

2017年結成ということですが、結成のきっかけは?

藤牧: もともと大学が一緒だったので、それぞれバンドサークルでふわっとした繋がりはあったものの、 3人で絡んだことはなかったんです。 それで社会人になってちょうど去年の冬、一月くらいに、スタジオ入るか、みたいに森となって。集まっているうちに曲も自然と作れてきて。だから実際ユニットとしてやったら面白いんじゃないかってなったときに森がヨロズをボーカルとして呼んでくれて、そこで三人ではじめました。

 

なるほど。では音楽の方向性などは、曲を作りながら決めて行ったのか、 それとも最初からこういう音楽にしたいって決めていたのですか?

藤牧: 結構紆余曲折はあったんですけど……最初はもうちょっとポップなものをやってたんですけど。活動をしていくと、ライブに来てくれる人が、カルチャー好きな方も多かったりして。そこに合わせるように臨機応変にしたところもあります。

 

客層にちょっと寄せて行ったということですか?

森: そうですね。あと、面白い独自のジャンルという意識もあって、1年前はフューチャーベースがちょっと流行りの時で、でもそこにボーカルが乗ってるユニットとかアーティストってあまりいないなって思っていたんです。曲を聞くとそこまで強いフューチャーベースっぽくはないんですけど、 間奏などにはその要素を入れています。だからそういう音×女性ボーカルっていうのが新しいんじゃないか、というのでやり始めたのがきっかけですね。

 

ビジュアルにもこだわって展開されてるっていうのも、やはりファッションベースのコネクションがあったからですか?

森: そうですね。 人は目から入る情報がやっぱり多いなっていうのがあって。音とかそういうものを眼に映るものとしてしっかり表現していくっていうことは大事だなと思います。 音楽ってもちろん音は超大事なんですけど、 そもそもその人たちがやってることとか、発信そのものがかっこよくないと、聞きたいとも思わないんじゃないかなと。

▼セレクトショップ「UNFOLLOW」とのコラボムービー

 

詞を書くときには、何か内容は相談などされますか?

ヨロズユイ: ほとんどしないですね。

 

では、例えばタイトルがあって、そのタイトルは何をベースにつけられるのでしょうか?

ヨロズユイ: タイトルは一番最後、ですね。藤牧が曲を作ってくれて、それを聞いた時のインスピレーションで言葉をチョイスしていって。 積み上がっていった結果にラベリングするとなるとどういう言葉かっていう結果が、タイトルです。

森: ヨロズは言葉が好きなので。 そのヨロズの言葉の好き度に比べると僕とか藤牧の言葉の好き度って正直全然負けちゃいます。言葉が好きで得意ならその人に任せようっていうスタンスですね。

 

最初に音を作られるときは、 どういうイメージを持ってスタートするんですか?

藤牧: 結構意識してるのは、割とコアな、カルチャー好きや音楽もガチで好き、みたいな人にも刺さりつつ、 かつ例えば普通の大学のクラスの友達に聞かせてもかっこいいって思ってくれるようなものを作ること。ある程度メロディも綺麗で、同時に何かしら尖ったものを作るっていうのは毎回意識して作っています。

ヨロズユイ: 感情からは来ないよね。藤牧は。 どっちかというとエンジニアっぽい感じがする。なにか構築してる感じ。

藤牧: そうだね、メッセージを届けるっていうよりは、自分も他の人もかっこいいって思えるものを作るゲームを楽しんでる感じ、ですね。

森: 確かに。だからヨロズの言葉が、感情を加える役目として大切になるっていうところもあるかもしれないですね。

 

では、「surface」「drawing」「melt」を三週連続リリースするということですが、どうしてこの12月のこのタイミングで、EPなどではなく別々に、三連続でリリースしようと思われたのですか?

藤牧: ライブのたびに毎回新曲をリリースしているのですが、なかなか曲をちゃんと完成させずに来ちゃってて。 それで10月くらいから、貯まった曲を一回配信しようっていう話になって、曲調が多様であるという一面を知ってもらうためにも、一曲ずつ毎週出した方が面白いかなと思って。

森: あと年内でやっぱり一個区切りをつけたいっていうのもありました。 僕ら後発で、歳も27〜29歳で遅いんですよ。 若い子たちの勢いってやっぱりものすごくて、僕らはその何倍もこう考えて生み出していかなくちゃいけない中で、自信を持ってみんなに聞いてもらえる5曲は欲しいなって思っていて。 それをちゃんと年内に出し切るっていう意図があります。2019年への一歩になるような。

 

他のアーティストについて、年齢はともかくとして新しいバンドやアーティストって本当にたくさんいると思うのですが、ここは自分たちに近いなとか、このバンド凄いなって思うところはありますか?

ヨロズユイ: 今一番すごいと思うのは、 スーパーオーガニズムとクルアンビン。その二つが最近でいうと飛び抜けてるかな……あとHONNEとか。

森: 僕はHVOBっていうユニットがあって。僕たちと体制も似ているドイツの3人組で。エレクトロと生バンドがあわさってるんですけど。 HVOBってやっぱりヨーロッパ特有のダウナーな雰囲気で重いんですよね。 だからサビもあまり盛り上がらないんですよ。それが合わさることで、跳ねるとこはポップになるけど、抑えるところは「fall」みたいにすごく抑えてるっていうところに繋がっています。すごく気になっちゃうアーティストさんです。

藤牧: ちょっと有名なところになっちゃっても大丈夫ですか?(笑) 水曜日のカンパネラさんとか。さっき話した分かりやすいかつマニアック、というのをよく体現してるしているなって思います。トラックもすごく作り込んでマニアックなのをやりながら、コムアイさんっていうアイコンがあそこまでマス受けしてるっていうのがすごい。そこのバランスが見ていて面白い。 ああ言ったところとかも出していきたいなって思っていますね。

 

例えば渋谷のkoeさんとかでやられていたような、パーティーっぽい場所でのライブについてはどう感じられますか? 必ずしも音楽が聴きたいっていう人ばっかりではない、そういうところでやることについて。

ヨロズユイ: 今の時代性を反映している場所なのかなって自分は解釈しています。食べ物を売るとか音楽を売るというよりは、ライフスタイルとか、オールミックスで売っていくっていう供給に多分変わってきてると思って。消費も然りで、その全体観をみんな消費しに来ている。だから逆にいえば私たちも、音楽ユニットがもちろん最初の始まりではあったものの、その形にこだわるものではないと思っています。何かしら映像でもいいし音楽でもいいし、もしかしたら言葉でもいいんですけど、そういうものの発信の母体というか、プラットフォー ムであればいいような感じもあるかな。

藤牧: 自分は多分ユニットをやってなかったらそういうパーティーとか行ってなかったと思うんですけど。 最近思うのが、本当に音楽を聞くための音楽っていうのがだんだん減ってきてるなって。どっちかっていうとBGM的な感じになってきたというか。その中でさらっと流されずに、うるさくないけど耳に残るっていう曲を作る必要があるなと感じています。

▼hotel koé tokyoでのライブの様子

森: そういうラウンジっぽいとこでできる曲も持っている一方で、そうじゃない曲も持ってる、っていうのが僕らにとってはすごい大事だなと思っています。常に横ノリ、みたいな曲ばかりになっちゃうとつまらないなっていうのも思っていたりするんですよね。いやいやいや、人間生きてたらめっちゃ頭振りたいときもあるでしょ、みたいな(笑)そうなった時には、バキバキな「drawing」を聞いてもらうとか。

 

なるほど、ありがとうございます。では「drawing」はバキバキ系で、「melt」はチル系の控えめなトーン、「surface」はキャッチー、という感じですね。

藤牧: まさに3つともバラバラなものがちょうど出せたっていう感じですね。

森: 個人的に、本当に同じ人たちが作っているの? って思われるのは結構いいことかなと思っていて。メジャーどころのアーティストさんでいうと、tofubeatsさんも椎名林檎さんも、毎回違うなって思わされる、あのびっくり感が個人的には好きで。 けどtofubeatsっぽさはあるじゃないですか。意識しなくても同じ人から生まれるので、そう簡単に別人にはなれない。それをいい意味で、1つに絞られない音楽が好きなメンバーで構成されているからこそ、いろんなジャンルをやれたらいいなと思います。

藤牧: そうだね、曲作る上でどの楽器でやっても映えるようにっていうのを意識してますね。オーケストラになっても、ピアノになっても成立するような感じで。たまにスタジオでバンドっぽい感じで遊びでやったりするけど、 意外といい感じだよね。

ヨロズユイ: そうだね、けっこう楽しい。

森: それこそ、HONNEさんとかもオーケストラバージョンみたいなのを出してて。 鉄板曲を何度も違った形で表現するっていうのは結構素敵だなと思っています。

 

「fall」のミュージックビデオもリリースされるということですが、ダンサーの水村里奈さんを起用されたきっかけはなんだったのでしょうか?

森: シンプルに好きだったんですね。街で踊っているMVってよくあるっちゃあるんですけど、 やっぱりなぜかすごく好きだった。街は誰しもが通る場所だから、普段いる場所や自分たちが拠点としてる場所で踊るっていうのはシンプルに素敵だなと思って。拠点感を表すっていうのは一個ありました。あとは「fall」にはコンテンポラリーダンスが合いそうだなと思ってて。ブレイクでもなく、ロックでもなく、何かこう、流れるようなものに合うかなと。

藤牧: 静と動のバランスが絶妙というか。水村さんのダンスもそこの表現がうまいなと思います。静かなところではなんかすごい穏やかな感じだし、激しいところでは本当に激しいっていう。その表現が、すごく曲に合ってる。

 

この制作に関わられたbacterさんというのは?

森: 映像制作会社ELEPHANTSTONEが発信するオウンドメディアなんですけど。そこがメディア兼チームになっていて、制作レベルやセンスが高いディレクターの山部さんという方と知り合いまして、「是非お願いします。」と、その方にお願いしました。

今回リリースする 1st single「fall」MV

「fall」楽曲配信URL:http://citrusplus.jp/distribution/fall

 

年内は3曲とMVリリースで締めくくるということですが、2019年の予定や目標などはありますか?

森: まずライブでいくと、年内もう一本、恵比寿BATICAでありますね。

藤牧: 曲がやっぱりまだ少ない。ストックは結構あるんですけど、 リリースしている曲が少ないので、年明けから毎月くらいのペースで出していきたいっていうのと、自主イベントやりたいですね。

森: うん、そうだね。

藤牧: 今のところイベントに出させてもらってばっかりって感じだったので。でも割と周りの方との繋がりもできてきたし、ありがたいことに一緒にライブを楽しんでもらえるお客さんも増えてきているので、今度は自分たちでやりたいですね。

森: ビジュアルに力を入れることで出来た繋がりもあるので、その方達と出来ることはあると思います。

藤牧: グッズとかもいっぱい出していったり。

▼フォトグラファー Yuta MatsuyamaとのコラボTシャツ

森: あとは、ミュージックビデオはどんどん出していこうと思っていて。 1本目はやっぱり慎重になっちゃうので時間がかかっちゃったんですけど。映像できる人間がメンバー内にもいるので、いい意味でチーム内でスムーズに作っていけると思います。

藤牧: そうですねー。あとはフェスとかでれるように頑張りたいですね。

ヨロズユイ: 夏フェス。

森: 来年が勝負だなって思っているので、出たいなと思ってます。

ますます良い流れが生まれていきそうですね。

 

■citrusplus(シトラスプラス)
2017年1月結成・活動開始。ヨロズユイ(Vo.)、藤牧宗太郎(Track Maker / Key.)、森惇平(VJ / Dr.)、の3人からなる奥渋系フューチャーポップユニット。音楽だけでなくカルチャー・ファッションを嗜好する人々からも厚い支持を集める。ダンサブル且つキャッチーなサウンドが特徴。

2018年6月に「fall」「CP6」の2曲をリリース。
12月に「drawing」「surface」「melt」の3曲、さらには1st single「fall」のPVをリリース。

 

(C) 2019 Wooly. All right reserved.