Bilingual Culture Magazine

Kyushu Wave Vol.3

Text:Misato Yano
Translation:SOS&Yuzuka Kawaguchi
Photo:Yusuke Onuma

訪れた誰もが笑顔になれるサンドイッチ店。
福岡で話題のSon Of a Sandwichにインタビューを敢行!

  • sandwich4
  • sandwich2
  • 20160624_3281
  • 20160624_8422
  • rikya
  • sandwiich
  • kumotomizu


  • JP
  • EN

福岡・六本松の喧騒な大通り沿いから少し奥に入り、お祭りの開催場としても市民から親しみのある護国神社の鳥居を横目に過ぎたあたりに、”SOS”と書かれたお店が見えてくる。”Son of a bitch”をもじってお店の名前にしたんだ、もちろんジョークだよ!(笑)と教えてくれたのは今話題のサンドイッチ屋を切り盛りする2人。アメリカ人のマック・ページさんと、スウェーデン人のブランドベリ・リキャさんだ。2015年の3月から始めたこのお店には、セルフサービスの文字が。本店はなんとセルフサービスのみの営業を行い、今は大濠公園近くのビル2階にある「SOSカフェ」で今年7月から始めたばかりのカフェサービスに力を入れている。

(※R=リキャ、M=マック)

ーどうして日本へ来ようと思ったのでしょうか?日本に来る前は何かしていましたか?
R:故郷のスウェーデンから遠くて、何だか面白そうだと思ったから。高校を卒業して、日本へ来て福岡の小郡にある日本語学校に通っていました。
M:私の兄が日本へ行ってたこともあって、憧れがあったんだよね。日本には勉強をしに来たよ。アメリカにいた時は、バーテンダーやカフェ、マーケティング、通訳、本当にいろんなことをしてましたね。

ー2人はいつ出会われたのでしょうか?
R&M:出会ったのは5年前!共通の友達に紹介されて、2人とも音楽好きなとこもあって仲良くなりました。ちなみにオススメの音楽は、Maria Usbeck、Clea Vincent、lman Omari!あ、それとFreek A Leekという曲は最高だよ!(笑)

ーサンドイッチ屋を開いたきっかけは?
R&M:最初は自転車で回って何かを販売できるのではないかと思って、サンドイッチを売ることにしたのがきっかけです。それから、2人ともDIYが好きなのでリヤカーを作って販売を始めました!

ーサンドイッチ屋を開くのに福岡を選んだ理由は?
R&M:前いた東京は面白かったけど、やっぱり福岡は人が面白いし信頼できるところがいいです。建前がないし!セルフサービスができるのも、福岡の六本松だから安心して今までやってこれていると思います。

ーよく行くスポットや休日の過ごし方を教えてください!
R:僕は能古島でシェアハウスを友達と借りているので、休日はそこで飲んだりしてるかな。後は中洲と中央公園の間の、出会い橋!(笑)  
M:出会い橋は本当に面白いですよ!三味線を弾いているお姉さんとかいて、大好きです。

ー今後の目標はありますか?
R:まずは、カフェを頑張りたいかな!後は、グルテンフリーのパンを作れるように勉強したい。それと色んな本をもっと読みたい。
M:みんなに美味しくて面白いサンドイッチを届けたい!もっとヘルシーな食べ物を提供できる場を作りたいから店舗も拡大できるといいな。

2人が手作りする天然酵母パンとたっぷりの野菜や手作りのひよこ豆ペーストなどが詰まったサンドイッチには1つずつ名前が付いている。「Sophie(ソフィ)」、「The O.G.」など、”もしサンドイッチが人間だったら”という2人の発想のもとに付けられているそう。他には「Cream Dream」といったピーナッツバター入りの可愛らしいサンドイッチも。フレンドリーでいつも笑顔で迎えてくれる2人やスタッフの方々と挨拶や少し言葉を交わすだけで心地よい気分になれるだろう。カフェでは、サンドイッチに加え手作りのスイーツやスムージーを用意している他、お客様の意見を尊重しサービスを柔軟に変えていく様子が今後の展開を楽しみにさせてくれる。

インタビューの途中、「大学生はあまりお店に来てくれないな。」とぼそっとつぶやいていた2人。普段口にすることのできない本場の味、見た目以上のボリュームと美味しさからくる満足感、、、あのサンドイッチを片手に歩けば間違いなくクールだ。学生諸君、ワンコイン(500円)でヘルシーかつ美味しいサンドイッチを手にしよう。

Son Of a Sandwich ※現在はセルフサービスのみ、不定期でリヤカー販売も。
福岡県福岡市中央区六本松1-3-14
火曜日〜土曜日 11:30〜20:00
※サンドイッチが売り切れの場合、早めに閉店
TEL:092-732-6664
https://www.facebook.com/Son-Of-a-Sandwich-1423377914632336/

SOSカフェ
福岡県福岡市中央区大濠公園2-35
火曜日〜金曜日 9:00〜20:00
土曜日・日曜日 9:00〜18:00
TEL:092-741-4686
http://unsui.fukuoka.jp/kumotomizu-cafe


On a quiet side street just off a busy road, past the giant wooden tori gate of Gokoku shrine, a shrine loved for its many festivals, you will come across a place with an “SOS” logo on the wall. Jokingly, I was told by the two shop owners, Mac Page from USA and Rikard Brandberg from Sweden, that the name was a play on words from the phrase “son of a bitch”. The Ropponmatsu shop was opened in March 2015 but now has a “self-service” sign. Since July, the two are pouring their energy into running the “SOS” café near Ohori park.

(R = Rikard, M = Mac)

Q: Why did you decide to come to Japan? What did you do before coming here?
R: It seemed like an interesting place far away from my hometown in Sweden. After graduating from high school, I went to a Japanese language school in Ogori, Fukuoka.
M: My brother had been in Japan before, and I wanted to see it for myself. I came here to study. Back in the U.S. I did a lot of things, including working in bars, cafes, doing marketing and interpretation work.

Q: When did you meet?
R&M: It was five years ago! We were introduced by common friends and soon realized we had similar taste in music. By the way, we recommend Maria Usbeck, Clea Vincent and Iman Omari. The song “Freek A Leek” is a great hit!

Q: What made you open a sandwich shop?
R&M: At first, we thought we could sell something while riding bicycles, and later decided on sandwiches. Since we both enjoy DIY, we built a cart and started selling!

Q: Why did you choose Fukuoka?
R&M: I lived in Tokyo and it was fun, but the people in Fukuoka are nice, trustworthy, and do not hide their emotions. We could not run a self-service based business without worrying about it if it was any other place.

Q: How do you spend your free time and what are your favorite spots?
R: I like having a drink in the house that me and my friends rent on Nokonoshima. And on deaibashi bridge between Nakasu and Chuo park!
M: Deaibashi is really good! I love listening to the lady strumming her shamisen.

Q: What are your future goals?
R: To begin with, making the café a success. Then, I want to make gluten free bread. And I would like to catch up on my reading.
M: I want to provide people with tasty and interesting sandwiches. I want to create a space that offers locally sourced and healthy food, so expanding the business is also on the list.

Each sandwich starts with sourdough bread made from scratch and is filled with a variety of vegetables, cheeses, and also some with homemade hummus. They also have their own names! There are Sophie and the O.G., names assigned by Mac and Rikard based on the personalities the sandwiches would have if they were people. There is Cream Dream, a cute round sandwich with peanut butter filling. A simple greeting or exchanging a few words with Rikard, Mac and the other friendly staff is a mood boost. Apart from sandwiches, the café offers sweets and smoothies. The menu changes depending on customer feedback, so there is no saying what the café will offer in the near future!
During the interview, Mac and Rikard mention that few university students visit their café. The unique flavor and unexpected volume give a strong sense of satisfaction for only 500 yen. Any cool, health conscious student can afford to indulge!

Son Of a Sandwich ※currently self-service only. There is a carts sale at random times.
1-3-14 Ropponmatsu, Chuo-district, Fukuoka city, Fukuoka
Tuesday-Saturday 11:30am〜8:00pm
TEL: 092-732-6664
https://www.facebook.com/Son-Of-a-Sandwich-1423377914632336/

Café SOS
2-35 Ohori Park, Chuo-district, Fukuoka city, Fukuoka
Tuesday-Friday am9:00〜20:00pm
Saturday&Sunday 9:00am〜6:00pm
TEL: 092-741-4686
http://unsui.fukuoka.jp/kumotomizu-cafe

(C) 2017 Wooly. All right reserved.