.

Interview with Naomi Yasui





Interview&translation:Ena Morita,Sayuri Sally Sekine

失敗作に美点を見いだし再生するセラミックアーティストNaomi Yasui

  • IMG_6079 のコピーのコピー
  • failbetterコピー のコピー
  • print 1 26x38コピー のコピー
  • IMG_5186 のコピーのコピー
  • print 3コピー のコピー
  • JP
  • EN

Naomi Yasuiは、カナダのトロントを拠点に活動する彫刻で演出する陶芸家。プロセス、形、そしてハプニングにコンセプトを置き、作品そのものよりも芸術的な観念やスピリチュアルさを大切に制作している。自分の感覚の延長線上に作品を作り、制作者と作品の関係性について探求し続ける彼女のがモットー。彼女は現在The Wardens Todayの共同制作者であり、日常の中に美や面白いこと、そしてダイナミックな人、場所、物、アイデアを見出し、それらを楽しむためのオンラインプロジェクトをHeather Goodchidと共に行っている。Woolyはそんな彼女ならではの観点で創り出される作品、日本の「侘寂」を知るセラミックアーティストの彼女にインタビューを行いました。次号のWooly vol.22にも掲載されます!

ーあなたの名前は日本人らしい名前ですが、プロフィールによると長い間カナダに住んでいるみたいですね。ご自身のバックグラウンドを教えてください。

私は日本人の名前を持ってるけれど、カナダで白人の母と日本人の父の間に生まれました。父もそのまた父(祖父)もカナダで生まれたんです。私の家族はカナダにずっと住んでいます。だからよく私は自分の名前に違和感を感じましたね。私の娘のYuri Yasuiはたった1/4しか日本人の血を持っていないけど、私たちの名字をまた新たな世代につなげることになります。彼女の髪の毛は赤褐色をしているんですよ!とっても素敵な文化のパズルみたいでしょう。

ーどうしてセラミックアーティストになろうと思ったのでしょうか?そしてアーティストとしてのコンセプトは何ですか?

大学でマテリアルアートデザインを勉強している時に、いつのまにかセラミックを始めました。はじめは彫刻を勉強していたんですよ。でもどうしてか、粘土のクオリティを研究していくうちにセラミックの道へと進んで、(作業場の)スタジオでの時間は私をうっとりさせてくれた。私はプロセスを重視するアーティストです。直感的に自分の経験を“作家”として彫刻や、作品にうめこんだり、写真、そしてパフォーマンスを通して共有するんです。

ー作品を作るにあたって誰から最もインスピレーションを得ていますか?

私よりも前に活躍している女性のアーティスト全員と、私の同期からです。特に私と同じく、子供を育てている女性や、アートに時間をかけるために育児を犠牲にしているひとたちからインスパイアされますね。

ーあなたのアートを通して人々に何を伝えたいですか?

私は自分自身を作品に織り交ぜて、共有したいんです。けれどそれを人々がどう受け取るかは私がどうこうできる問題ではないので、“何かをもたらしたいということは特にないです。”

ー“FAIL BETTER”という作品がとても好きです。あなたは美と魅力を“不完全なアート”に見出すと言っていますが、それについて詳しくお聞かせください。また、制作するとき、意識して“不完全”にしているのですか、それともただそのときの流れに任せているのでしょうか?

まず、私は完璧な作品を創ることは決してできないと思っています。今まで頭の中で理想としていた形や、紙に描き落としたアイデアそのままに創りあげたことはないです。だから(アートを制作する上で)粘土を自分のコラボレーターとして、身を任せています。たくさんのポエムや美しい作品は思いがけない出来事や意図していなかった時に生まれています。私は“侘寂”という哲学を深く信じているわ。(侘寂:一般的には劣化とも言われる経年変化に美を追求する概念) だからこの質問に答えるとすると、意図的に作品を創ってはいないけれど、完璧を求めてもいないということです。私は常にオープンなのよ。

ーアーティストとして、どんなときが辛い/嬉しいですか?

どんなアーティストも持つ自然なサイクルがあって、それは“インスピレーション→アイデア→制作→展示→感想をきく”なの。新しく制作するっていうワクワク、制作するという至福の時間、不安になる展示会、そして振り返って落ち込むっていうこのサイクルの繰り返しです。アーティストであるということはローラーコースターのような気分の浮き沈みがあるんです。(たくさんのはじまりとおわり、そして不確かなグレーの時間も含めて)でもこのおかげで私は生きてるって実感しますね。

ー何/誰があなたをやる気にさせてくれますか?

私には、“アート以外何もできないって気づく瞬間”と、もちろん愛する友達、家族が私を元気づけてくれます。

ー時間があるときは何をしていますか?

暇な時間?最近はそんなにないですね。でもガーデニング、フラワーアレンジメント、美術館巡り、アンティークショップやヴィンテージショップに買い物に行ったり、アイロンがけも、そしてディナーパーティを開くことも好きです。

ーあなたの今後の将来の夢は何ですか?

長生きして健康でいて、娘の成長と活躍を見ること、そして主人と私が年をとって灰色になっていくのを見ることです。あと近いうちキッチンとバスルームを改築したいと思っています。

ー日本に来る予定はありますか?

今現在予定はないけれどもちろん行きたいです!今日私の祖母が、日本にいる彼女の弟から送られてきた真珠がついた紐をくれました。それは彼女が若い頃に抹茶のパッケージに隠しておいたものらしいんです。彼女の兄が日本にいる間、私の祖母は3歳のときにカナダに移民としてやって来たの。だから、私はこの話を聞いてもっと日本に訪れたいと思いました。あと、穴窯という焼き物の技術を学んで日本で活動したいと思っています。

ー最後に、次のプロジェクトについてお聞かせください。

今、あるアーティスト、The Wardens Todayの共同制作者、そしてdear friend Heather Goodchildと共同でインスタレーションを制作しています。それは絵画、陶器、織物、写真、ファッションなどを通してトレンドの意向について伝えるものです。インスタレーションは特定のことについて勉強するものでもないと思っているので。

ーYour name sounds Japanese but according to your profile, you have lived in Canada for a long time so please explain a little about your background.

My name is Japanese. I was born in Canada to a Caucasian mother and Japanese father, though my dad was born here and his father before him. Our family has lived in Canada for a very long time. I am often met with confusion about my name. My daughter, Yuri Yasui, only ¼ Japanese will carry our family name for another generation. She has auburn hair (!) which adds to this wonderful cultural puzzle.

ーWhat made you become a ceramic artist? And, what is your concept as an artist?

I stumbled into ceramics when studying Material Art and Design in University. I initially studied sculpture, but the mystery and challenging quality of clay drew me in and has continued to captivate me in the studio. I am a process-based conceptual artist. With ceramics at the heart of my practice, I work intuitively and share my experience as ‘maker’ through sculpture, installation, photography and performance.

ーWho is the biggest inspiration for you and your artwork?

All the female artists who pioneered before me, and my female contemporaries. Especially women who also raised babies and those who sacrificed raising children for art making.

ーWhat do you want to convey to people with your art?

I attempt to share a part of myself in the work that I put out there. How this work is experienced and interpreted by the viewer is out of my hands. I have no real desire to convey any one thing in particular.

ーI really love your work called, “FAIL BETTER”. You said that you find beauty and attractiveness in the imperfection of arts, tell me more about it and why do you feel so? Do you make it imperfect on purpose or just let it be?

I know I could never make a ‘perfect’ object; I could never possibly achieve an ideal form that I envision in my mind or draw out on paper. In knowing this, I am free to let go and let the clay be my collaborator. Some of the most poetic, beautiful objects come from happenstance and the unintended. I fully subscribe to the wabi sabi (侘寂)
philosophy of accepting what is transient and imperfect. To answer your question, I don’t make objects imperfect on purpose, but I am also not tied to perfection. I am open.

ーWhat is the most struggling/happy moment as an artist?

The constant cyclical nature any artist endures of the inspiration→idea→creation→exhibition→repeat formula. The high and excitement of starting a new project, the bliss of production, the anxiety of installation in the gallery and the post exhibition depression are some elements to this cycle. Being an artist is a roller coaster ride of emotions (many beginnings, many endings and a whole lot of grey area uncertainty) and because of this I feel very much alive.

ーWhat and who encourages you?

The realization that I can’t do anything else, and of course, my supportive and loving family and friends.

ーHow do you spend your free time?

Free time? These days I don’t have so much, but I love to garden, arrange flowers, visit museums, go antiquing and vintage clothes shopping, iron linens and attend and host dinner parties.

ーWhat is your dream for the future?

I dream of good health and longevity, to see my daughter grow up and thrive and to see my husband and I old and grey. I dream of continuing to live a beautiful life. I would also like to renovate my kitchen and bathroom (in the near future).

ーDo you have any plans to come to Japan?

I don’t currently have fixed plans to come to Japan, but I of course would love to! Today my grandmother gave me a string of pearls that her brother sent her from Japan, hidden in a package of green tea, when she was young. She immigrated here when she was 3, while her older brother stayed in Japan. The romance of this story made me greatly desire a visit.
I would love to study Anagama firing techniques and make a body of work in Japan (another to add to the list of near future dreams).

ーLastly, please tell me about your next project.

I am collaborating with artist, co-creator of The Wardens Today, and dear friend Heather Goodchild to create an installation that discusses trend cycles across many mediums of making (painting, pottery, textiles, photography, fashion, etc.) while also illustrating that an artist’s practice isn’t any one particular study.

Naomi Yasui

Naomi Yasui is a ceramic artist, working in sculpture, performance and installation, Naomi Yasui’s conceptual practice revolves around process, form, and happenstance. Her work enforces the notion of an aesthetic and spiritual pursuit rather than a concrete objective, lending insight into an ongoing practice. Focusing on the act of making as an extension of sentient being, she explores the intimate bond between maker and object. Yasui uses the abstraction of traditional techniques to exercise artistic expression, to place side-by-side the domestic object and conceptual art. Yasui is co-creator of The Wardens Today with Heather Goodchild. Since January 1, 2012 they have conducted an online project celebrating the beautiful, interesting, and dynamic people, places, ideas and objects encountered in their daily lives. She lives and works in Toronto, Canada.

Recent solo exhibitions include Chapter IV: Painting with Fire presented at ESP Gallery, Toronto (2014); Chapter XI: Vases at Katharine Mulherin Contemporary Art Projects, Toronto (2013); and Wardens Abroad at Sur la Montagne (with Heather Goodchild), Berlin (2012). Recent group exhibitions include The Japaense Canadian Cultural Centre, Toronto (2015); Narwhal Contemporary Art Projects, Toronto (2014); The Power Plant, Toronto (2013); and Battat Contemporary Gallery, Montreal (2013) Yasui was granted an artist-in-residence placement at Guldagergaard in Skælskor,Denmark in 2014.

http://www.naomiyasui.com/