Bilingual Culture Magazine

The Introduction of “PIGALLE KOYAMA BROOKLYN”

WAREHOUSE目黒ギャラリーにて11月11日から開催予定のグループ展 “PIGALLE KOYAMA BROOKLYN”。出展する4人の新鋭アーティストを紹介する。

  • pigalle印刷
  • %e5%9c%98%e4%b8%8a
  • resize_collage_01
  • c1


  • JP
  • EN

團上 祐志
1995年生まれ。主に人物をmotifとし、現実存在である人間に、介在する時間と混濁する感情を再現的接近の中、画面に固着しようと試み続けている。時間が連れてくるある種の無常観と反応する感情は私の中でerrorを生みだし続け、それらは独自の筆致に置き換えられる。

2012 東光展 スプリング賞
2013 東光展 入賞
2014 愛媛県八幡大神社 祭神画制作
2015 鹿児島県田中一村美術館 展示
    Trans Arts Tokyo 個展
2016 design festa gallery 展示

中瀬萌
1993年、神奈川県生まれ。
2015年からモデル活動を始め、その傍らで彫刻家である父に影響を受け、モデル以外での自己表現は何だろうかと思い始め、アーティストとしても活動し始める。
極小の 「点」から織り成す、独特の点描画を、透明感のあるトレーシングペーパーに描き出す作品を書き続けているほか、蜜蝋を使った、鮮やかで色彩の流れを描いたようなエンカウスティックの作品にも力を入れている。
東京以外での多方面でも個展を行い、また、最近ではCDジャケットなどでのデザインにも起用されている。

ChangGang Lee
1989 年生まれ。古雑誌や、ペイントなどを組み合わせたコラージュ作品を手掛ける。制作プロセスでは特定のテーマは持たず、「アクシデント」から生まれるアイディアをベースに、独特な世界観を創り上げる。現在は東京を拠点にしながらも、世界規模で行われるコラージュアート展「The International Weird Collage Show」への出展など、日本国内外問わず幅広く活動している。

神谷萌稲
2000年3月生まれ。ペインティング、コラージュなど、様々な手法で表現を模索している。
彼女がインスピレーションを受けているのは、いつの間にか塗り重ねられた風景になっていく建物や空、不透明な色合いの中でも特別な色彩を持った”なまもの”の感情。瞳で見たものをダイレクトに吸収する。
今回は、そんな自分を俯瞰的に見つめ、これまでのアートワークを振り返った作品を出展。今しか見えない、今しか触れられない、目まぐるしく変化し続ける世界が爆発していく様子を見つめて欲しい。

[概要]
「PIGALLE KOYAMA BROOKLYN」(ピガール・コヤマ・ブルックリン)」
会期:2016.11.11(FRI)~12.02(FRI)
   12:00-19:00 *初日のみ15:00オープン
   日曜定休
会場:WAREHOUSE MEGURO GALLERY
   152-0011
   東京都目黒区原町1-19-15 1F 東急目黒線「西小山」駅徒歩5分
   http://warehouse-tokyo.com/
出展アーティスト
團上 祐志 Yushi Dangami
中瀬 萌 Moe Nakase
Changgang Lee
神谷 萌稲Moene Kamiya

【RECEPTION PARTY 11.11(FRI) 18:00~21:00】
TALK SHOW
梶田 裕美子(コーディネーター/西小山編集室主宰)
x
新 雅史(学習院大学大学院非常勤講師)
x
鶴田 正人(WOOLY ARTS 主宰)

![Vida Cafetera POP UP COFFEE SHOP]


Yushi Dangami
Born in 1995, a painter. Mainly his works have human beings motifs. He pictures abstract feelings or concepts about times recognizing the real existence of human beings. “Times bring me sense of somewhat vanity. It continues to create kind of errors in my mind. And then these will take place on my painting touchs.”

Moe Nakase
Born in 1993, Kanagawa Prefecture.
She began her modelling career in 2015. Being inspired by her sculptor father, she started wondering about other forms of self-expression and eventually started to work as an artist.
Other than creating remarkable stipple arts with full compositions of miniscule dots on translucent tracing papers, she also focuses on Encaustic painting, illustrating vivid flows of colours using beeswax.
Her various exhibitions are not only held in Tokyo but also in other locations and now her designs are being used in CD album covers as well.

ChangGang Lee
Born in 1989. He has created a collage that is a combination of such as old magazines and paint. In the production process, without a specific theme, based on the ideas that are made from the “accident” raise create a unique
view of the world. While he currently based in Tokyo, such as exhibitors to collage art exhibition that takes place on a global scale ” The International Weird Collage Show ” , it has been widely active regardless Japan and abroad.

Moene
Born in 2000. She has created a painting and a collage. Being inspired by architecture, sky and feelings like creatures, she captures the overlap of colors or things.
In this exhibition, she is going to publish works that looked down on herself.Look at her exploding world.

[About Exhibition]
「PIGALLE KOYAMA BROOKLYN」
2016.11.11(FRI)~12.02(FRI)
12:00-19:00 *Only the first day open at 15:00
Closed on Sunday

at WAREHOUSE MEGURO GALLERY
http://warehouse-tokyo.com/

ARTISTS
Yushi Dangami
Moe Nakase
Changgang Lee
Moene Kamiya

【RECEPTION PARTY 11.11(FRI) 18:00~21:00】
TALK SHOW
Yumiko Kajita(Cordinater/Owner of Nishikoyama Editional agency)
x
Masashi Shin(Part-time lecturer of Gakushuin University)
x
Masato tsuruta (Owner of WOOLY ARTS)

(C) 2017 Wooly. All right reserved.