.

Interview with Maya Fuhr





Interview&Translation:Ena Morita
Photo:Maya Fuhr

有名ブランドで知名度を上げた若手写真家Maya Fuhrにインタビュー

  • claire smoke のコピー
  • 06
  • 05
  • 04
  • 03
  • 02
  • 01
  • JP
  • EN

カナダの小さな町で生まれた今や世界の写真家、Maya Fuhr。彼女の名前を聞いて、まず思い浮かぶのはファッション写真だろう。世界的有名ブランド、TOPSHOPやadidasをはじめ、日本では雑誌NYLON JAPANでも彼女の写真を見ることができる。また、独自でドキュメンタリー写真プロジェクトまで手がける彼女の活躍の場は幅広い。彼女の作品は新鮮すぎない、どこか懐かしい味のある独特なテイストを持っている。そのオリジナリティあふれる写真は広告に起用されることも多く、世界の多くの人の目に触れ、虜にする。Woolyでは今回そんな注目すべき写真家の一人である彼女にインタビューを行った。

ーどうして写真家になろうと思ったのでしょうか?
私が写真家になったきっかけは、小さな町で暮らしていた退屈な高校時代に写真を撮り始めたことです。そのときは退屈な生活から逃れられるとてもクリエイティブなはけ口だった。今はもっと大きな街に住んでいるけど。私は映画とか雑誌にでてくるファッションを見て現実逃避することに夢中だったんです。それは、カラフルでグラマラスなバージョンの私の生活を表しているようだったの。そして十代が過ぎると、自分が記憶しておきたい一瞬を写真に収めることやオリジナルなアイデアをちゃんと持っていることに気づいたんです。フィルムスクールに通っているときは、ひとつひとつの瞬間が写真に収めたようななショートフィルムを創ることが好きだった。今は、そうやって映画を創ることで私は何になりたいか本当に知ることができたと思っています。

ーお気に入りの写真家はいますか?
私のお気に入りの写真家はTracey Emin’s self portraits, Maurizio Cattelan, Sally Mann, Jeurgen Tellerです。

ー撮影中は何を考えていますか?
構成、フォーカス、そして色です。

ー写真のインスピレーションはどこで得ますか?
クリエイティブな友達、女性の感情、カラーパレットや服と“奇妙な時代遅れな感じ”。新鮮な撮影をするなら旅行して退屈しないこと。

ーよくあなたはファッション撮影をしているけど、普段自分はどういう服を着ていますか?
正直、ほとんどヴィンテージしか着ません。でもその中でも同じ系統のものが好きですね。Alexander WangとかChanelのものを2,3着持っています。でもそれだけ。TOPSHOPやUnifで撮影するときは彼らからかっこいい服をもらったりもしています。

ー空き時間には何をするのが好きですか?
旅行、美味しいものを食べること、誰かと寄り添うこと、あっちこっちでヨガすること、パーティすること。

ー写真家じゃなかったら何になりたかったですか?
写真家じゃなかったら、心理学者か女優になりたいですね。

ー自分の中で一番のお気に入りの写真はありますか?
Sean Nicholas Savageがバスルームに座ってる写真がすごく好きです。

ー日本に来る予定はありますか_
いつかそうしたいです。ただ行くための理由を探しているの。日本の文化も好きだし、日本人のみんながどれだけ美しいかも知っています。

ー 次のプロジェクトは?
今、ファッションデザイナーたちとコラボ企画の撮影をしています。あと、イスラエルに行ってクールなドキュメンタリープロジェクトも控えています。


We had an interview with one of the famous photographers, Maya Fuhr. She is now a person who is working around the world, but she had spent whole teenage life in a small town in Canada. Everybody recognizes her by her fashion photography. Her photos are now able to be seen in the ads of TOPSHOP, adidas, a fashion magazine, NYLON JAPAN and so on. Her photos have the combination of nostalgic and new trend taste. She is working not only on fashion photography but also documentary projects. They are seen by lots of people through the ads and magazines around the world.

ー What made you to be a photographer?
I started taking photos due to small-town boredom in high school. It was a creative outlet then and presently; now living in a much bigger city. I was obsessed with the escapism of fashion in movies and magazines, and how it sort of represented a glamorous, colourful version of my own life. After I was taking photos in my teenage years, I’d notice that I was creating my own idea of perfection and capturing moments that I wanted to remember. When I was in film school, i’d make short films that looked like photographs- static in one scene. It took my exploration in film making to really realize what I wanted to be.

ー Do you have any favorite photographer specifically? If so, who?
Some of my fave photographers: Tracey Emin’s self portraits, Maurizio Cattelan, Sally Mann, Jeurgen Teller.

ー While taking pictures, what do you usually think about?
Naturally, i’m usually thinking about the composition, focus and colour optics.

ー When / where do you get inspirations for photography?
I get inspiration from being around creative friends, female expression, colour pallets in textures and clothing and weird out-dated spaces. Best way to always photograph fresh ideas is through travelling and not getting bored.

ー You often take photos for fashion brand. Which fashion brand do you usually wear?
TBH I almost only wear vintage clothes. I like that they’re one-of-a-kind finds. I have 2 or 3 designer pieces by Alexander Wang and Chanel but that’s about it. When I shoot for brands like Unif and Topshop – I get gifted some pretty cool stuff too.

ー What do you like to do in your free time?
I really like to travel, eat yummy food, cuddle, do yoga here and there, and party.

ー if you were not a photographer, what would you like to be?
If I wasn’t a photographer i’d like to be a psychologist or actor.

ー Which photo is your most favorite?
I actually really like my photo of Sean Nicholas Savage sitting in a bathroom.

ー Do you have any plan to come to Japan?
One day yes, just looking for the perfect excuse. I love Japanese culture and how beautiful everyone is.

ー What is your next project?
I have an on-going collab series shooting fashion designers modeling their own lines. I’m also going to Israel and I have a cool documentary project coming soon.

meme

Maya Fuhr

トロントを中心に活躍するカナダ出身の写真家。2013年にアートカルチャーマガジンVICEに記載されたGarbage Girlsが話題を呼び一躍世界で有名に。そこから波に乗るようにTOPSHOP、adidas、UNIF、そして日本の女子を虜にする人気雑誌、NYLON JAPANなどで次々にファッション写真を発表。長いスタンスで注目される女性写真家の一人。

Maya Fuhr is a photographer based in Toronto, Canada. In 2013, one of her photo projects of VICE, “Garbage Girls” was hit and made her famous. She is famous for fashion photography. And her photos are able to be seen on the ads of TOPSHOP, adidas, UNIF, and one of the most popular magazines in Japan, NYLON JAPAN.

SELECTED GROUP EXHIBITIONS

2015

416 Gallery, Toronto, Unfold
AGO- Art Gallery of Ontario, Toronto, Lemonless

Untitled Space, Vancouver, Girls Girls Girls

Parts & Labour, Toronto, Get Curious with VICE/FIDO

2014

Edward Day Gallery, Toronto, This Is Not For You
Blackcat Gallery, Toronto, The Immaculate Selfie
Goodfellas Gallery, Toronto, Kind of Wild and Sort of Free
Galerie d’Art Yves Laroche, Montreal, Kind of Wild and Sort of Free
Project Gallery, Toronto, Contact Photography Festival, Concurrent Streams
2013
Space 15 Twenty, Los Angeles, Strange Magic
Recession Art, New York, Still Figuring it Out
Creatures Creating Gallery, Toronto, Her Point of View
Norman Felix Gallery, Toronto, Poor Sisters
Milkglass Gallery, Toronto, Party Room

http://www.mayafuhr.com/