.

Interview with Felix Swensson





Interview:Sayuri Sally Sekine
Photo:Felix Swensson

 

  • DROP_PAGE_PAGE05_1000 (1) のコピー
  • 01felswe0ice004919-000002_ のコピー
  • tumblr_nkdkoyBhke1qi5bo4o1 のコピー
  • 4
  • 3
  • 1
  • 5
  • JP
  • EN


スウェーデン出身の写真家フェリクス・スウェンソン、彼はファッションから日常を切り取ったスナップ写真まで多くのジャンルに渡って撮影を行っている。彼の日常を切り取ったスナップ写真は、生活の中の一瞬でさえ必ず意味があったとわたしたちに気づかせてくれる。ファッション写真の分野では、彼独特の写真にアートの要素を入れ撮影を始めたことで、一気に彼の写真は日常から非日常の世界観を持ったファッション写真へ変化していった。そしてドメスティックのニューカマーであるのルックブックの撮影に抜擢され、ブランド共に彼の写真も知名度をあげる。そしてそんなアートな要素が加わった彼の撮影方法に目をつけたファッションブランドのひとつであり、彼が任されたイギリスのブランド「Tigran Avetisyan」のルックブック(Drop magazine)では、ブランドのルックブックにギフアニメーションを起用した。徐々に注目を集める彼は現在北欧VICEのカメラマンとしても活動し、「Welcome to Speeden」などではスウェーデンの街にとけ込むファッション写真を取り上げている。今回はそんなスウェーデン人のFelixへのインタビューを行いました。

ーあなたは写真を撮るにあたって、どんなスタイルやビジョンを持っているの?

僕は常に、操ることなく物事が起こったままに撮影しているよ。もちろん、面白いことが起こるように工夫はしなきゃいけないけど、一旦撮影を始めると色々考えないようにしてるんだ。ベストショットの中のいくつかも、特に意識してないときに撮れたものだよ。周りを気にすること、そしてしっかり気を引き締めて、カメラを構えておくことが大切。

ー何が写真家としてのあなたをインスパイアしている?

それは難しい質問だね、でも素敵な写真が僕にインスピレーションを与えてくれるのは事実だよ。それ以外だったら、本当に何でもインスピレーションになりうるよ。僕はただできるだけたくさんの経験をするように心がけているんだ。ほら、さっきも言ったように、ベストなタイミングは意識していないときにやってくる。だから、そのタイミングを探すことがとても重要となっているんだ。

ー好きな日本人のフォトグラファーはいる?いるなら誰でしょう?

正直言って、そんなに多くの日本人のフォトグラファーを知っているわけではないんだ。でも何年か前の、杉本博司の”seascapes”っていうシリーズが、すごくシンプルなんだけど視覚的にとても的をついていて心に残っているんだ。そして、もちろんやっぱりアラーキーもおもしろいよね。

ー今後日本に来る予定はある?

ずっと日本に行けるチャンスをうかがってるんだけどね。行かなきゃいけないとは思っているよ、明確なプランはないけれど、多分来年とかかな!

ーパーソナルブランディング(自分のオリジナルのセンス)として、フォトグラファーとして何を大切にしてる?

たとえ、はっきりと表れていないとしても、自分のユーモアをしっかり保つことを大切にしているよ。

ー最近の流行っている写真はどんなのが気になる?

写真においてトレンドとかよくわからないけど、全体的に見て以前はよく目にしていた“やりすぎ編集”から人々が離れつつあることが嬉しいね。全くなくなったというわけではないけど、本当の写真の良さにもっと関心が向けられているのは事実だね。物事は決して完璧という型にはまる必要はもうないんだよ。

ーVICENORDICでスタッフとしていつから働き始めたの?

個人的に以前からVICEで働いている人を何人か知っていたけど、どうしたわけか自分も一緒に働くようになっていたよ。何年か前にスウェーデンで行われたGagnefフェスティバルでの撮影に僕も参加して、それ以来いくつかのプロジェクトを一緒に行ったんだ。それはとっても素敵なものだったよ。だって僕の提案を受けてくれるし、彼らはいつも僕の好きなようにさせてくれたからね。

ーファッションブランドともタッグを組んで素敵な写真を撮影しているよね!どうやってファッション写真を始めたのでしょうか?

どうやって始まったかはよくわからないけど、長い間ずっとファッション写真に興味があるんだ。きっとファッション自体じゃなくて、ファッション写真っていうフォーマットが自分をクリエイティブにさせてくれるんだと思う。僕はまだそんなにたくさんのファッションを撮影したことはないけど、僕が恥じないきちんとした撮影の一つに、VICEでやった”Bathroom Bitches”があるんだ。それはプロジェクト自体も面白かったし、僕が写真的なアートをファッション写真に初めて引用したんだ。その頃から僕はもっとファッションを撮影をするようになったし、自分オリジナルの何かをそこに見出だし始めたよ。

ー自分にとって最もお気に入りの写真は?

この写真以外何物も選べないよ。

PastedGraphic-1 (1)

この写真はそれほど良いって訳じゃないんだけど、ただ単純に面白いと思ったから選んだ。これは何年か前、僕が友達とよく遊んだり酔っ払ったりしていた頃のものなんだ。こういう変な状況になることはよくあったよ。どれだけ良い写真を撮ったとしても、こうした、自分の友達や愛する人との思い出の写真が一番だと思うんだ。

ー今後の予定は?

今僕はドキュメンタリーのプロジェクトを行っているんだ。今はまだ明確に公表したくないけど、とても興味深く、そして面白いものになると思うよ。それをフォトブックに落とす予定だよ。あと、何ヶ月か後に小さな個展を開くからそれもとっても楽しみなんだ!

ーHow would you describe your style or vision for taking photos?


I try to always be spontaneous and let things happen in the moment. Of course you kind of need to set things up to allow interesting things to happen. But once I’m shooting, I try not to think too much. I think some of my best shots just came to me randomly while doing something completely different. You just need to be aware, have the right mindset and have your camera ready.

ーWhat inspires you as a photographer?

A lot of different things. When it comes to my personal photography it’s all about different moments I experience. It could be a good party, a beautiful sunset, a trip with my friends, going to a cat exhibition… Literally anything.
Also, I am a big fan of Swedish photographer Lars Tunbjörk. His work is always amazing and very inspiring.

ーDo you have any favorite Japanese photographer ? Who and Why?


To be honest I don’t know that many Japanese photographers. But I did see a series of pictures called ”Seascapes” by Hiroshi Sugimoto a couple of years ago that stuck in my mind. So simple but still so visually striking. And Araki is always interesting of course.

ーDo you have any plans to come to Japan?

I have been wanting to go to Japan for a long time. I just have to go there! I don’t have any set plans but I’m hoping next year!

ーIn terms of personal branding, what is important to you as a photographer?


For me it’s important to always keep a sense of humour even if it’s subtle.

ーWhat current trends in photography excite you?

It’s not a specific trend in photography but in general I appreciate how people are kind of moving away from the over-retouched stuff we used to see. That stuff is still there but there’s definitely a lot of interest in photography that feels more genuine. Things don’t have to look ”perfect” in the same way anymore.

ーWhen did you start working as STAFF PHOTOGRAPHER AT VICE NORDIC?

I personally knew a few people working at VICE before and somehow we started working together. They had me take pictures at the Gagnef festival here in Sweden a couple of years ago and since then we’ve done a couple of shoots and stories together. It’s great because they always let me do my thing and I can always approach them with my own stuff and suggestions. They will always be supportive and help out.

ーYou have grate look photo shooting with many fashion brand too! Can you tell us how you got started in photography with fashion?

I think I’ve been interested in shooting fashion for a pretty long time. Maybe not for the fashion itself but in how fashion photography (at least editorial) is a great format which allows you to be creative and get stuff out quickly. I haven’t shot THAT much fashion but one of my first proper shoots that I’m not embarrassed about is the Bathroom Bitches I did for VICE. The subject matter was interesting and it was the first time I could use that photographic aesthetic for commissioned fashion work. Since then I’ve been doing more and more fashion and I’m starting to find ”my thing” within fashion photography.

ーWhat one photo means the most to you?

There’s no ONE photo but I chose this:


PastedGraphic-1 (1)

It’s not a great picture but it means a lot to me. It’s from a few years back when me and my friends used to go out a lot and these strange drunken situations would happen almost every weekend. For me it’s important to remember that no matter what I do with photography I still think it’s those memories with your friends and loved ones that matters the most.

ーWhat are your future plans?

I am working on a documentary project. I don’t want to reveal just yet what it’s about but I think it’s gonna be really interesting but also very funny. The plan is to make it into a photo book. I also have a smaller solo exhibition in a couple of months that I’m very excited about!


felswe002330-000016

フェリクス・スウェンソン Felix Swensson
ストックホルム出身のスウェーデン人写真家。2008年にスウェーデン写真協会(SFF)の公認デジタル写真のサプライヤーとなる。
また、2010年6月に1974年にコーネル・キャパにより開設された、アメリカ合衆国ニューヨーク市ミッドタウン・マンハッタンに所在する写真専門の総合施設である国際写真センターを卒業し、現在はストックホルム、スウェーデンの写真家、映像家として活動中。また、北欧VICEのカメラマンを務めている。

Felix Swensson is a swedish photographer originally from stockholm, sweden. In 2008, Felix became an Authorized Digital Images Supplier by the Association of Swedish Professional Photographers (SFF).

Felix Swensson graduated from the the international center of photography in june 2010 and is now active as a photographer and a videographer in stockholm, sweden.

Staff photographer at vice nordic

Group exhibitions:

2013 – 123 gallery, ringvägen
2013 – 123 gallery, trädgården
2013 – liljevalchs vårsalong
2012 – beckmans
2010 – international center of photography one year certificate annual exhibition, new york

http://www.felixswensson.com/