.

Kyushu wave Vol.1




Interview:Misato Yano
Translation:Makoto Kikuchi
Photo:Tsukio Nakanishi

九州のスポットや情報を紹介する
Kyushu waveがついに始動。

記念すべき第1回目は、
大分・日田のシネマテークリベルテ!

  • リベルテ11
  • リベルテ8
  • リベルテ10
  • リベルテ5
  • リベルテ6
  • リベルテ4
  • リベルテ3
  • リベルテ7
  • JP
  • EN

Creative Jungle in Hita.

学校のようにチャイムが鳴り、このシアターの幕は開ける。そこは日田シネマテーク・リベルテ。大分、日田市にある映画館。今、各種のクリエイティブなリーダーが地方から社会へアプローチする動きが起こっているが、まさにここリベルテは多くのアーティストが各地から訪れる文化の発信地である。

リベルテでは映画をはじめ、トークショーやライブ、アーティストのエキシビションなどが盛んに行われている。さらに陶芸品や雑貨、CDといった多様な物販コーナーも常設。物販の方はあえて乱雑にしてあり、お客さんがそこから好きなものを探し出す。いわば宝探しのような感覚で楽しんでもらえる空間にしてあるそうだ。ちなみに置いてある販売品はなんと全て店主・原さんの知り合いの作品であるというから驚き。

「映画を鑑賞した後は、語らいの場があることが必要だと思います。映画1つにしても色んな人から見た様々な見方があるから意見を交換し合って、それを知ることが醍醐味。そうやって色んな意見を尊重していくことで人の良いところも見つけられるようになると思いますね!」とシアターとサロンの関係性について原さんは笑顔で語る。

子供から大人まで年齢も職種も、そして住んでいる土地も関係なく人が集まるこの場所はみんなの駆け込み寺ではないだろうか。一人一人を温かく見守り応援しながら、リベルテに集う人々とアクションを起こしていく原さんがいるからこそ、今ここには絶えず人が訪れるのだろう。

日田は九州の玄関口である福岡からバスで1時間半さえあれば行くことができ、さらには歴史溢れる町であることから、いつでも情緒に触れながら過ごすことができる。そのため今後ますます多くの人がこの町を訪れ、そしてここリベルテに辿り着くのではないだろうか。人々の交差点であり、文化創作のための豊かなジャングルであるこの場所から素晴らしい若手クリエイターが続出することは間違いないと感じる。そして今日もリベルテではチャイムが鳴り、人々が語り合うのだろう。

日田 シネマテークリベルテ

〒877-0016 
大分県日田市三本松2丁目6-25 日田アストロボール2F

10:00-22:00/定休日:毎週金曜日

http://www.hita-liberte.com/

The chime rang in a school-like way, telling that the film was starting. Cinema Take Liberte is a movie theatre which is located at Hita, Oita prefecture of Japan.
Nowadays, the movement that a lot of creative leader extend their fields to work is observed here and there. And it can be seen here, Liberte. This is the place where many artists come together from all over this country and try to promote their art works.

What is going on at Liberte is not only movie screening but also talk shows, music lives, art exhibition or something so creative. In addition, there is a store dealing with ceramics, CDs or something. All of them are put on in a really “messy” way. Customers find something nice from those of “stuffs”. This is like treasure huntings. Surprisingly, all goods were made by Mr. Hara, the owner of this art space.

“I think we need a space to chat after watching the movies. Each films have different way to see from different observations. That’s why it’s meaningful to discuss the review and exchange the opinions. In such discussions, people can find the way to respect other peoples perspectives!” Mr.Hara saids.

Regardless of the ages, gender, occupations or lands they are living in, tons of people gather in this place. Mr.Hara is kind of key person to attracts everyone.

It takes an hour and half to get to Hita from Fukuoka by bus. In Hita there are a lot of historical things. It is obvious that a lot of creators would have the opportunity to promote themselves from this place, like cross roads and jungles of creative culture.
It can be imagine, in this moment, the chime rings and people are talking with each other at Liberte.

Hita Cinema Take Liberte

2-6-25 Sanbonmatsu, Hita, Oita, JPN
877-0016

10:00-22:00
closed:every Fridays

http://www.hita-liberte.com/