Bilingual Culture Magazine

Interview with Theseus Chan


interview&text:Sayuri Sekine

インディペンデント・マガジン『WERK(ヴェルク)』&姉妹紙『W_ _ K W_ _ K』のアートディレクターTheseus Chanにインタビュー
Interview with Theseus Chan as the art director of the independent magazine “WERK” & WERK’s sister-magazine “W_ _ K W_ _ K”

    • wkwk1
    • Processed with VSCOcam with g3 preset

  • JP
  • EN


シンガポールを拠点とし、アヴァンギャルドなヴィジュアルで雑誌業界にその名が轟くインディペンデント・マガジン『WERK(ヴェルク)』。『WERK』のアートディレクターとして2000年の創刊から、型破りな印刷加工と装丁で雑誌という枠を遥かに凌駕するアイデアを生み出し、雑誌業界を圧倒させ続けて来たテセウス・チャン。そんな『WERK』の姉妹誌となる、日本市場をメイン・ターゲットとした『W_ _ K W_ _ K』(愛称:わくわく)が今年2月中旬発刊予定だ。『W_ _ K W_ _ K』創刊号は日本のファッションブランド「ANREALAGE」を特集、誌面は写真家の奥山由之氏の作品などによって構成されている。これらを手がける今最も注目を集める彼に、ふたつの雑誌についてインタビューを行った。

ー『WERK』の特徴として様々な印刷加工、手加工が施され、姉妹紙となる『W_ _ K W_ _ K』にも引き継がれ話題となっておりますが、その加工法、表現の元となるインスピレーションはどこから来ますか?

 毎号『WERK』で何か新しいことを紹介するのが私たちにとってミッションなんです。『W_ _ K W_ _ K』と考え方やつくる上では同じです。今回ランダムなページ配分の概念を問いかけたんです。一冊一冊は異なった順序とコンビネーションですが、同じストーリーが無数の方法で表されています。つまり、一冊ごとに「折り」の順番が違うのです。また、以前から機械的な加工をせずに一冊ずつ製本する手法をコントロールしたいと思っていました。このハンドメイドで、ある程度の不安、ランダム感、また個人らしさの要素をすべてひとつに表せる方法が見出せて嬉しく思っています。この創刊号では、電子パーツが密かに埋め込まれている意外な仕組みがあります。これは(ANREALAGEのデザイナー)森永邦彦氏が彼の作品にテクノロジーを用いることへの賛同を表すものです。

photo7

背表紙は特殊なチューブ糊を使って製本される。


ー『WERK』と今回の雑誌との一番違いは?

 『WERK』は私の会社であるWORKが出資しています。WORKは財政的にも創造的にも独立した、努力と信念と愛の賜物です。『W_ _ K W_ _ K』は我々の考え方やクリエティブをサポートし、受け止め、シェアしてくれる同じ考え方を持つパートナー達とコラボレーションする新しいアプローチです。(クラウドファンディングの運営体である)パルコと(プロジェクト・オーナーの)亜洲中西屋はプロモーション、ファンディングやマーケティングなど様々な面で私たちをサポートしてくれています。
『W_ _ K W_ _ K』は私にとってとても新しいクラウドファンディングプロジェクトなのです。

ーコラボレーションする相手を選ぶ決め手は何でしょうか?今回ANREALAGE、写真家の奥山氏を選んだ理由は?

 渋谷のパルコミュージアムで開催されたANREALAGEのエキシビションに行ったときにANREALAGEの森永邦彦さんと写真家の奥山由之さんを紹介してもらいました。コレクションやディスプレイされた作品は実験的に新しいアイディアやコンセプトを受け入れ、どれもとても有意義で印象的でした。本当に勢いのある作品でした。こうやって“パワートリオ”の一員として『W_ _ K W_ _ K』で一緒に仕事が出来て本当に光栄です。

ーシーズン毎に新たな強いコンセプトを打ち出し続けるANREALAGEというブランドを、どのような形で表現しましたか?

 ANREALAGEと同じで、私のミッションは力強さや新しさを見つけ出すことなんです。私たちの仕事はクオリティーを追求するということなんです。

ー日本とシンガポールのクリエイティブシーンの違いはなんだと思いますか?

 最近、私は徐々にその違いがなくなっていく気がしています。現代のシンガポールのクリエータたちは国際的によく活動しています。彼らは良い教育を受けるアクセスがあって、安定した国にいるので夢を追うことができています。シンガポールに変化をもたらしているのはそういう新しい世代の若者たちです。

ー最後に、『W_ _ K W_ _ K』のクラウドファンディングのサポーターの方へのメッセージをお願いします

 このBOOSTERプロジェクトは私にとって完全に新しい分野です。みんなの応援がこの試みをする私たちを励ましてくれます。私のチームと一緒にとてもユニークなものをつくるように頑張りました。皆さん本当にありがとう、東京で会いましょう!!

→現在発行に向けてクラウドファンディングで読者の方々のサポートを募集中!
 http://www.booster-parco.com/project/1

イベント情報

新雑誌『W _ _ K W _ _ K』(PARCO出版)の創刊を記念して、渋谷パルコ GALLERY X にて展覧会「W _ _ K W _ _ K GATHERING(わくわくギャザリング)」が開催。創刊号が特集するファッションブランドANREALAGE、創刊号のほとんどの写真を撮り下ろした新進気鋭の写真家 奥山由之の三者による合同展。

▶ 開催概要

W _ _ K W _ _ K GATHERING
THESEUS CHAN+ANREALAGE+YOSHIYUKI OKUYAMA

会場:PARCO GALLERY X(渋谷パルコPart1・B1F)
東京都渋谷区宇田川町15-1 TEL: 03-6455-1660
http://www.parco-art.com/web/gallery-x/exhibition.php?id=747
会期:2015年2月17日(火)− 2015年3月1日 (日)
開館時間:10:00~21:00
入場:無料

主催:パルコ
企画制作:パルコ/サンボード/亜洲中西屋
協力:alsoDOMINIE/WORK/ANREALAGE/band


Based in Singapore and with an avant-garde visual, the independent magazine “WERK” is a well-known name in the magazine industry. Ever since the launching of WERK in 2000 with Theseus Chan as the art director, he has come up with unusual ideas in the print and binding process that surpassed any earlier used methods. Theseus Chan is a person who continues to overwhelm the magazine industry. WERK’s sister-magazine “W_ _ K W_ _ K” (Usually called; WakuWaku) will release their first issue in mid-February this year with Japan as their main market . With the first issue of “W_ _ K W_ _ K” the focus will lie on the Japanese fashion brand “ANREALAGE” and Yoshiyuki Okuyama as photographer. We interviewed Theseus, who’s lately been the centre of attention, about these two magazines that he is working on.

ーIn the media you’ve gotten a lot of attention for using a special printing process for W__K W__K that you also used for the sister magazine, WERK MAGAZINE. What was the original inspiration for using this process?

It is our mission to introduce something new with every issue of WERK. W_ _K W_ _K is no different, by way of thinking and creating.
This time, I want to question the notion of random pagination and combination, where every book is collated and combined differently but yet telling the same story in a myriad of ways. Hence, the sequencing will not be the same for every book.
And for some time, I wanted to have control over how each book is bound together without using the mechanical process. I am very happy to discover a way in which the binding method is exactly what I was looking for – handmade, with a fair degree of uncertainty and a good margin of randomness and individuality.
In this inaugural issue, there is also an element of surprise where electronic parts are embedded secretly. This is a nod to Kunihiko Morinaga’s use of technology in his work.

ーWhat is the biggest difference between WERK MAGAZINE and the new magazine W__K W__K?

WERK magazine is funded by my company WORK. It is independent financially and creatively – a labour of hard work, belief and love.
W_ _K W_ _K is a new approach where we collaborate with like-minded partners who support, accept and share our way of thinking and creativity. PARCO and ASHU NAKANISHIYA are supporting us in many ways besides promotion, funding and marketing.
W_ _K W_ _K is also a crowd-funding project, which is something really new to me.

ーWhat are your reasons when choosing with whom you want to work with? For example, why did you decided to work with ANREALAGE and photographer Mr. Okuyama for this issue?

ANREALAGE and photographer Mr. Okuyama were introduced to me when I visited their exhibition in PARCO Shibuya. The collections and work on display were so impressive and meaningful as they were conceived with new ideas, concepts and experimentation. The work was really powerful. I am fortunate to be able to work together in this manner with W_ _K W_ _K where I am part of a ‘power trio’.

ーFor this number you collaborate with ANREALAGE, a brand that comes up with a new strong concept for every season? How did you choose to show your collaboration in the magazine?

Just as it is ANREALAGE’s mission to find the strong and the new, my mission mirrors that too. It is about having those qualities in our work.

ーWhat are the differences between Japan and Singapore’s creative scene?

I feel the differences are getting narrower now. Singaporean creators today are very well connected with the world.
They have the opportunities and access to education and a stable country and have the affluence to pursue their dreams.
There are many in this new generation, who are making that change in Singapore.

ーFinally, please give a message for your donators at crowd funding!

The BOOSTER project is an unchartered territory for me. Your support will encourage us in this endeavor. My team and I have put in much effort to create something totally unique. I hope you will not be disappointed. Thank you so much and see you in Tokyo soon!!

→Through Cloudfounding, we are currently looking for readers to support us as we work towards publishing the new issue!
 http://www.booster-parco.com/project/1



THESEUS PHOTO sept 15

Theseus chan
クリエイティブディレクター/デザイナー
2006年、シンガポールで最も栄誉あるデザイン賞「プレジデンツ・デザイン・アワード」にてデザイナー・オブ・ザ・イヤー受賞。08年には『Area_2』(PHAIDON社刊)で世界のデザイナートップ100に選ばれる。D&AD賞 イエローペンシル(イギリス)をはじめ、ニューヨークADC賞、東京TDC賞、Singapore Creative Circle等で数々の賞を受賞。12年、シンガポール人デザイナーとして初めて、ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg/東京)での個展を開催する。13年春夏期には、東京(Trading Museum Comme des Garçons)、香港、北京のコム デ ギャルソン各店で『WERK』が展示された。

Creative Director/Designer
Theseus Chan was conferred the Designer of the Year at the inaugural President’s Design Award in 2006 – Singapore’s highest accolade for designers. He was also selected as one of the world’s top 100 designers in Phaidon’s Area 2, 2008. Theseus’ accolades include several D&AD Yellow Pencils, New York Art Directors Club (ADC), Tokyo Type Director’s Club and the Singapore Creative Circle. In 2012, he became the first Singaporean designer to have a solo exhibition at ggg (Ginza Graphic Gallery, Tokyo), a museum dedicated to contemporary Graphic Design. In Spring / Summer 2013, WERK Magazine was exhibited at Trading Museum COMME des GARÇONS in Tokyo, COMME des GARÇONS Hong Kong and COMME des GARÇONS Beijing.

www.workwerk.com

(C) 2017 Wooly. All right reserved.