Bilingual Culture Magazine

INTERVIEW with industry+


interview:Risa Sugiya

Industry+最新の展示「Asian New Faces」@代官山蔦屋
Industry+ exhibition “Asian New Faces”@Daikanyama TSUTAYA

  • industry4
  • industry3
  • industry2
  • industry1
  • JP
  • EN


インダストリープラスはPC EEとYOICHI NAKAMUTAによってシンガポールで今年3月にデビューした。彼は昨年日本のインダストリープラスのプロデューサーである中牟田氏と創業した。彼らの最新の展示「Asian New Faces」が11月東京の代官山にて行われ、WoolyではヘッドデザイナーであるPC Ee氏にインタビューを行った。

-デザインを作るときに心がけていることはなんでしょうか?

インダストリープラスのデザインは将来的に見込みがあるし、私たちはみんな個々の方法でデザインを見ています。インダストリープラスではそれだけではなくアイディアやデザインとどのようにコネクトして感じるのかが大切です。なので、完成品だけではなく、個人の過程もとても大切だと思っています。感情を照らすものを探し出すのと同時に、革新的な材料だったり、革新的な制作と言ったクリエイティヴはとても必要ですしね。自己表現とのコンビネーションで作った物を、世界中のみなさんに楽しんもらうことです。

—代官山で行われた「Asian New Faces」に至る経緯は?

パリとロンドンでのショーを終えたばかりで日本でもショーをやりたかったです。私たちはまだ若いので、投資でのリスクが少ない、人通りが多く東京の人々のリアクションが見れる小さい場所で行いたかったんです。今回の場所はその通り、ぴったりの場所で今回出来たので、来年は今年より大きい会場でやることに挑戦してみたいと思っています。

—今回の展示「Asian New Faces のコンセプトはなんですか?

インダストリープラスは彫像品や現代のデザインや革新的な製造行程を含んだものをコレクションをしています。それと同時にアジア製であることに重点を置いています。アジアのデザイナーのデザインの過程や製造への考えを、アジアの地域に広めようとしています。まだアジアのどこから広めるかは決まっていませんが、一緒にコラボレーションができる才能あるデザイナーがいるところと考えています。アジアには色濃い文化があるので、クリエイティブで才能のある人である限り、都市に限らず、私たちは一緒に仕事をしていきたいです。

—日本のアート、デザインと文化についてどう思いますか?

まず、とても挑戦的ですね。ほとんどの日本のクリエイティブな方達は個々に表現が豊かで、何事もためらわない。自分の思っていることを自由に表現できる時こそ、自分がデザイナーであることを最も魅せられるものだと思います。次に、日本のデザイナー達は表現とデザインにおいてとても賢いです。いつもデザインに驚かされます。最後に、彼らの表現は革新的です。これらの全てが今の日本のデザインを形づくっています。それは、私にとってとてもエキサイティングなことです。

-デザインにおいてはシンガポール文化から多くのインスピレーションを受けていますか?
またシンガポールの良いところを教えて下さい。

はい、もちろん。しかし歴史を振り返ると、より強いインスピレーションがあったと思います。今の文化にどうそれを当てはめるのかはとても挑戦的なことです。シンガポールはまだ創立してから49年しか経っていない国ですが、東南アジアの各国から文化が集まっています。マレーシア、インドネシア、インド、フィリピン、韓国、日本の文化が合わさった文化がシンガポールの文化です。そしてみんな英語を話せるので、コミュニュケーション面ではインターナショナルです。色んな人種や文化があるからこそ引き出すものがたくさんあるのです。例えば、色んな食文化があるため、食の天国と言えますしね。そのほかにシンガポールでは言語や方言や日常会話で色んな面白い癖があったりもします。100% ITの社会でかつ英語でコミュニケーションをとるアジアの国であるシンガポールはとても現代的です。それは今のインターナショナルな若者に大きな影響を与えていると思います。日本と比べたら、シンガポールは別の世界みたいです。

  • industry5

  • Industry+ is an international interial design company with PC Ee from Singapore in lead of the design and production. He established the company last year together with the producer Nakamuta , from Japan. Their newest exhibition ‘Asian New Faces’ was held in Daikanyama, Tokyo, in November and Wooly went there to get an interview with the head designer.

    Q: What is something that you try to keep in mind while you’re making the designs?

    I think that design is such a broad perspective, and individually, we all see design in a different way, but for Industry+ it’s more about how you feel and how you connect with the idea and the design as well. Not so much about the end product, but the thought process of the individuals. We always look for pieces that reflect your emotions, but at the same time, it also is very important to be creative in how to be innovative in terms of materials and production. It’s a combination about self-expression, within the world of production in order for everyone else to enjoy what you’ve done.

    Q: How did you end up holding your exhibition, Asian New Faces, here in Daikanyama?

    Well we just finished a show in Paris, followed by London, and we wanted to have a show in Japan. Since we are so young, we wanted to have a smaller space where there was less risk of investment, but still garnered a lot of traffic, to see what peoples reaction in Tokyo are. That being said, I think we got perfect location, so we thought we would give it a try and if it turns out well we will try for a bigger space next year.

    Q: What is the concept of Asian New Faces?

    Industry+ is showing collections which involve craft, contemporary designs and innovative manufacturing processes. At the same time industry plus is also about being “made in Asia”. We are trying to promote Asian designers, keep the entire design process, conception to production, in the Asiatic region. From where in Asia we don’t have any particular preferences but we would like to explore other parts that have talented designers that we could collaborate with. Since there’s such a rich culture all over Asia as long as the person is talented in creative we will want to do collaborations.

    Q: What do you think of Japanese art, design, and culture?

    First, it’s very experimental. Most of the Japanese creative personnel are individuals. They are very expressive. They don’t hold back. When you’re free to express your mind gets going, and they can really show who they are as designers. The other thing is they are clever. They are clever in interpretations and also in surprising us with their designs. Finally it’s innovative. Innovative interpretations. All this together forms Japanese design today. To me, it’s very exciting

    Q: Do you see a lot of inspiration from the Singapore culture in the designs and tell us some good things about Singapore?

    Yes, yes of course, but I think when we look back in history, the inspirations are much stronger. How you put that in a contemporary culture today, I think that’s the challenge. Singapore is a young country, it’s only 49 years old but the culture comes from all over South East Asia. It’s a quite interesting mix from Malaysian culture, Indonesia, India the Philippines, even Korea and Japan. It’s really a melting pot. Everyone speaks English, so communication wise it’s international. I think the best part is just this, our multicultural origins. With so many different races and cultures we have a lot to draw from. For example with so many different cuisines it’s a food heaven. but apart from that, in Singapore, there’s a lot of quirks and a lot of quirkiness in terms of language and dialects in everyday communication. With an Asian city together with English communication and a 100% IT based society it’s a futuristic kind of a city and I think it’s influencing many international young people at the moment. Compared to Japan, Singapore is like a whole other world.

  • industry5

  • (C) 2017 Wooly. All right reserved.