Bilingual Culture Magazine

Interview with Aimi Odawara


Text, Interview: Akino Kobori
translation: Misa Inui

今最も勢いのあるひねくれマルチクリエイター、小田原愛実にインタビュー。
We interviewed the most twisted multi-creator today, Aimi Odawara.

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • JP
  • EN

aimisan5

photo: Karolina Hoglind

独自の世界観のイラストで多くの雑誌の挿絵や有名ブランドとのコラボレーションを実現、
そして2014年より自身のブランドI&MEを立ち上げた期待の若手クリエイター、小田原愛実にインタビューを行った。
イラストやブランドに対する彼女の思い、そして大切にしているものとは?

Question (以下Q) Aimi Odawara (以下A)

Q:イラストを始めたきっかけを教えて下さい。
A:イラストは、小さい時から描いていて、ずっと好きで、専門学校に行ったんですけど、それがグラフィックデザインで。

Q:学生時代はどんなイラストを描いていたのですか?
A:学生時代は、けっこう過激な、体にペンキを塗ってペタってやって、女体!とかやっていました。

Q:今描かれているイラストとも通じる部分があったり?
A:そうですね。なんか、ちんこの絵とかを中学生から描いていました。

Q:そういうイラストは自分の中で想像して出てきたものを描いているのですか?
A:そうですね、ストレス解消。あと人のものを見て真似しちゃうのが嫌だから、あまり見ないようにしていて。

Q:描くときのこだわりや大事にしていることはありますか?
A:なんか描き直さないとか。一回きりのもので。コラージュも、雑誌を切るんですけど、雑誌をコピーしたりしなくて、切っちゃったら終わりだから。

Q:愛実さんのイラストは、ポップとか、セクシャルとか、皮肉っぽいとか、ダークだとか、いろいろな表現をされていますが、ご自身ではどう思われますか?
A:その通りです。でも私自身ポップなものがそんな好きっていうわけでもないけど、でも私から出てくるものはポップになりますね、なぜか。なぜでしょう(笑)
性格もポップじゃないのに、明るくないし。逆なものが出てくるんです。

Q:BEAMS Tなど、いろいろなブランドとコラボレーションされていますが、一番印象に残ったものは何ですか?
A:JACKSON MATISSEからTシャツを出したんですけど、今みたいにこんなに仕事をしていない時で、最初の方だったんですけど、けっこう想像より枚数が売れて、想像よりお金ももらえたので、そこで自信がつきました。
item
Q:ブランドI&MEについて教えて頂きたいのですが、今年立ち上げたばかりということですが、反響はいかがですか?
A:意外とあったけど、でもやっぱりブランドは大変です。って実感しました。

Q:立ち上げはどういった経緯で?
A:経緯は、父がもともとアパレルをやっていたので、お前もやってみればって言われてやりました。

Q:I&MEのテーマやコンセプトは決められていますか?
A:自分が今着たいものを作っています。特に決めずに。

Q:毎月ポップアップショップも開催されているということなのですが、始めてみていかがですか?
A:お客さんと直接繋がれるので、通販とかもやっていますけど、そういう点で面白いですね。

Q:今年の冬に東京と大阪で展示会を開催予定ということですが、どういう展示会にしようとか、現在考えていることがあったら教えて頂きたいです。
A:大阪では個展も同時に開催するので、ブランドと合わせて、私の世界観みたいなものを表現できればと思っております。

Q:今後挑戦したいことや、夢などはありますか?
A:ブランドを続けていくことと、もうちょっと有名っていうか、なりたいです。いろんな仕事をしたいです。

Q:ずっとイラストレーターの仕事をしたいと思いますか?
A:そうですね。絵好きなので。描けたらいいと思います。

Q:大切なものを3つ挙げるとしたら何ですか?
A:えーなんだろう。大切なものなんて考えたことないけど…
ネコと、お金と、自分。

Q:人生で一番何を大切にしていますか?
A:人生で大切なもの、大切にしているものは、自分に素直に生きる。

aimisan5

photo: Karolina Hoglind

With her peculiar illustrations she has been featured in magazines and done collaborations with famous brands, now in 2014 she has finally started her own brand I&ME. We interviewed the young upcoming illustrator Aimi Odawara about her thoughts about her illustrations and what she finds important.

Q:What made you start illustrating?
A:I have always loved to draw illustrations ever since I was little and I also went to a College where I studied graphic design.

Q:As a student, what kind of illustrations did you draw?
A:As a student I did kind of extreme paintings, like drawing with paint on bodies, female bodies, for example!

Q:Are there some parts that remain in the illustrations you draw now?
A:Yeah, for example I have been adding penises in my
illustrations ever since around middle school.

Q: Are the images of these illustrations you draw from your imagination?
A: Yes, I draw them to relive my stress. I don’t like copying other people so I try not to look at other people’s illustrations.

Q: Do you have anything you’re particular about when you illustrate?
A: I don’t redraw my artworks. I only draw them once. For collages, I cut pieces from magazines, but I don’t copy them and I just cut them and that’s all.

Q: Your illustrations are said to be pop, sexual, sarcastic, dark and all kinds of expressions are made but what do you think of them yourself?
A: I think that’s what it is. I don’t like things that are pop personally but my artworks are pop. I wonder why that might be. My personality isn’t pop or bright at all…

Q: Maybe the opposite comes out?
A: The opposite comes out.

Q: You’ve collaborated with many brands in the past such as BEAMS T and JACKSON MATISSE. Which of the collaborations left the biggest impression?
A: When I collaborated with JACKSON MATISSE, it was when I didn’t have as much work as I do now. I sold a t-shirt at this collaboration and it sold more and more money came in than I thought it would and so I gained a lot of confidence.

Q: You started your own brand “I&ME” this year, was there a lot of public response?
A: Suprisingly there was a lot but overall I felt that it’s hard running a brand.

Q: How did you start your brand?
A: I started because my father worked in apparel too and he said why don’t you do it and so I started.

Q: Do you have a theme or concept for your brand, “I&ME”?
A: I make what I want to wear, so I haven’t tied my concept to one thing.

Q: Every year you hold a pop-up shop. How is it?
A: I can interact with my customers directly so although I have an online store, it is fun and interesting.

Q: You are planning on holding an exhibition this winter in Tokyo and Osaka. Could you tell us what kind of exhibition you are planning for it to be at the moment?
A: In Osaka, I am going to hold an exhibition at the same time so I hope I can express my own world as well as my brand.

Q: Do you have any ambitions or dreams?
A: I want to continue this brand and become s little bit more famous. I also want to do many different things.

Q: D you want to be an illustrator for the rest of your life?
A: Yes, I like art so I hope to continue drawing.

Q: If you were to say three things that are important to you, what would they be?
A: Hmmm…what would they be… I’ve never thought of this question…
My cat and money and myself.

Q: What is your highest priority in life?
A: I think the most important thing is to live true to yourself.



小田原 愛美 Aimi Odawara

プロフィール写真

東京都出身。和光高校卒業後、日本デザイナー学院でデザインを学ぶ。
在学中、YAMAHA VOXの広告デザインでグランプリを受賞。個展やグループ展開催、雑誌の挿絵、BEAMS TやJACKSON MATISSE、Kinetics等とコラボレーションするなど精力的に活動中。
2014年より自身のブランドI&MEを立ち上げ、デザイナーとしても活躍の場を広げる ひねくれマルチクリエイター。

Born in Tokyo, Aimi Odawara graduated from Wakou High School and entered Nippon Designer Gakuin to study about designing.
While studying there, she won the grand prize for the advertisement design department for YAMAHA VOX. She has held her own and group exhibitions, done artwork for magazines and collaborations with brands such as BEAMS T, JACKSON MATISSE and Kinetics.
From 2014, she started her own brand, “I&ME” and has been active ever since as a twisted multi-creator.

I&ME2015ssExhibition
期間:2014/11/18(火)~11/23(日) 12:00~20:00
場所:BOOYA BOXX
〒150-0043東京都渋谷区道玄坂2-14-18 栄ビル 102
____ 3

____ 1

2014 I&ME start
個展 Kinetics+RUTSUBO ”PIZZA TIMES”

今冬東京と大阪で展示会開催予定。大阪では個展も同時開催。

▼詳しくは下記からチェックして下さい。
logo
I&ME http://www.aimiodawara.com/

(C) 2017 Wooly. All right reserved.