Bilingual Culture Magazine

INTERVIEW WITH HEY&Ho.

Text: Chiaki Yanagitani
Translation: Yuka Shimayoshi
Photo: Tsukio Nakanishi

いま全国的に話題の観光スポット福岡の糸島で、波佐見焼を取り扱うショップがある。 その名も『HEY&Ho.』。若者にも親しみやすいデザインとして有名な陶磁器ブランド『マルヒロ』の姉妹店だ。 今回は、HEY&Ho.の店主、本城さん(通称シゲさん)にお話を伺って来ました。

HEY&Ho. is a shop dealing pottery called ‘hasami-yaki’ in Itoshima, where is a hot place to visit from all over Japan. This is a sister shop of a famous pottery brand Maruhiro for its approachable design among young people. This time we interview with Mr. Honjo (a.k.a. Shige-san), a shop owner of HEY&Ho.

 


  • JP
  • EN


波佐見焼のお店を出したきっかけは?

マルヒロの中でもメジャーなブランド「HASAMI」の商品をセレクトして置いているお店はよく博多や天神にあるんです。でも僕は、ちょびっとセレクトではなくマルヒロの中にあるブランド全体を見せたいと思ってて。それで、元々友達だったマルヒロの人に、「お店開いて俺が全部やる」って伝えお店を出すことになり、今に至ります。


HEY&Ho.というユニークな名前の由来は?

北島三郎の「与作」という曲に出てくる「へいへいほーへいへいほー」から取りました(笑) それに、&をつけたらお洒落じゃん?ってなって、HEY&Hoです。あ、でもそれだけじゃなくて、 ちゃんとHは、波佐見とアメリカのフォントブランド「House Industries」も意味してますよ!


何故、糸島という場所を選ばれたんですか?

糸島は、いま全国からどんどん観光の人が増えてるんです。今まで佐賀県・有田町にあるマルヒロ 直営店でしか波佐見焼の商品全体が見れなかったから、糸島にお店があれば全国の人が観光ついでに見れるなって。だから糸島を選びました。 …っていうのは真面目な意見で、ほんとは自分が海の近くでのんびりしたかったからだけど(笑)


そうなんですね。糸島で良かったと思うことは?

やっぱり、波佐見焼をいろんな人に知ってもらえること!HEY&Ho.を目指して来てくれる人もいれば、観光ついでに寄ってくれる人もいて。たまたま寄った波佐見焼を知らなかった人が、その場で実際に商品を見て、触って、最後はそれを気に入ってくれる。ただ、それだけで嬉しいんです。 観光地ならではの喜びだよね。

商品はどのようにセレクトされてますか?
マルヒロの中でも特にメジャーな「HASAMI」はもちろん、「ものはら」「馬場商店」などのブランドがあります。「馬場商店」の蕎麦猪口は、約400年前から職人さんによって描かれ残されている伝統的な絵柄を今風にアレンジしたものや、イラストレーターのnoncheleeeや竹内俊太郎さんとコラボレーションしたものなど、現代っぽさを楽しめるデザインのものを約100種類ほど取り扱っているので、自分好みのものが必ず見つかると思います。また、秋冬はグラタン皿だったりとか、季節によってセレクトもしていますよ。


HEY&Ho.ではnoncheleeeさんとコラボのアイテムも発売されてますね。コラボに至った経緯を教えていただきたいです。

実は、お互いバンドをやっていて、昔からの音楽友達なんですよ。だから、ノンチェがインスタグラムを始めたタイミングでもフォローしてて、そしたらそこにちょこちょこ載せてたイラストがすごく面白くて気にいちゃって(笑)これは、HEY&Ho.にもイラストを描いてもらいたいと思い、すぐに連絡して「一緒にやろう!」ってなりました。今みたいに彼が、イラストレーターとして活躍する前の話ですね。


お店の看板を始め、Tシャツやトートバックなどデザインもされるんですか?

僕が思いついたアイディアをノンチェが形にしてくれるって感じかな。「これどう?面白くない?」ってどんどんアイディアを出すと、「いいっすねー」って言って、いい意味で期待を裏切ったデザインを持って来てくれる。それが彼の面白いところで、いつも想像以上に面白いものができるんです。力が抜けたイラストが、糸島のゆるさに合うのですごく気に入っています。

シゲさんが思う波佐見焼の魅力は?
綺麗に重ねて収納できる便利さだったり、値段も安いから畏まらずに使えるところだったり。お母さんに「それはよそ行き用だから着たらダメよ」って言われるような服があるじゃないですか? そうじゃなくて、毎日履けるジーパン。服でいうとそんな感じですね!丈夫でどんどん使える、結局はそれが一番かっこいいと思います。


これからショップ展開などの予定はありますか?

うーん、いつかは天神みたいな街中にお店を出せたらいいなぁとは思うけど…。 やっぱり海の近くって、天候によってはお客さんが来づらかったりするからね。 でも、今のような感じで僕はのんびり糸島で仕事したいから、誰か天神で売ってくれる人いないかな(笑)そしたら、街中にもお店を出せるなーなんて。

 

また遊びに来たいなと、そう思わせてくれる店主シゲさんのゆるくて面白い人柄もこのショップの人気ポイントのひとつに違いない。目の前には海が広がっておりロケーションも最高な 『HEY&Ho.』。 晴れた休日には、ぜひドライブがてら遊びに行き、お気に入りの波佐見焼を探してみては?

HEY & Ho.
福岡県福岡市西区西浦286 パームビーチガーデンズ内
営業時間:11:00~19:00
TEL:092-809-1234
https://www.facebook.com/heyandho


What made you have a shop of hasami-yaki?
There are some shops dealing and selecting the products of ‘HASAMI’, one of the most major lines of Maruhiro, in Hakata or Tenjin. But I wanted to show the whole brand of Maruhiro, not only a few selection of them. Then, I asked a friend who is working for Maruhiro and decided I would have a shop to show everything.


Where does the unique name ‘HEY&Ho.’ come from?

It comes from a phrase of a song ‘Yosaku’ by Saburo Kitajima, “Hey hey ho, hey hey ho”. I thought it would be cool to combine with &. In addition, ‘H’ means ‘House Industries’, a font brand from Hasami and America!


Why did you choose Itoshima to open the shop?

Nowadays, more and more tourists from around Japan visit Itoshima. They could find the all hasami-yaki products only at a captive store of Maruhiro in Arita, Saga prefecture before, so I thought if there is a shop in Itoshima, it would be nice for those tourists. To be honest I just wanted to enjoy a relaxing time by the sea, haha.


So, for what do you feel that you made a right choice?

That is for that I can introduce hasami-yaki to many people! Some visit Itoshima for HEY&Ho., but the others just come and stop by while they travel. Those who didn’t know about this pottery happen to come here, see and pick up the items, and end up liking them. Just like that makes me pleased. This is a good point of tourist spot.


How do you select the products?

Maruhiro has many brands such as ‘Monohara’ or ‘Baba-shoten’ as well as a particular famous model ‘HASAMI’. We have a hundred variation of small cups called ‘soba-choko’ of Baba-shoten, some of which are modernized from traditional pictures with craftspersonship which has a 400-year old history, or collaborated with some illustrators like noncheleee and Shuntaro Takeuchi. The selection is also made along with seasons, in autumn and winter, for example, gratin dishes.


Would you tell me how the collaboration with noncheleee happened?

In fact, we are old friends because we were both in different bands. I followed his Instagram soon after he started it, and I really like his illustrations he posted sometimes. Then there was no reasons we didn’t work together. It was before he gets popularity as an illustrator.


Do you design not only a signboard but also the items such as a t-shirt or a tote bag by yourself?

It is like noncheleee gives shape to my ideas. Responding to my discursive ideas, he always brings me something more than I expected. It is his unique point that we can always achieve a good collaboration. I like that his relaxed-style illustration makes a harmony with an atmosphere of Itoshima.

What do you think of the charm of hasami-yaki?
I like them because they are useful to be stacked and stored or because I don’t have to be careful so much to use them available for a good price. It is like jeans that I can put on every day, not like a clothes that your mother tells you to wear only for a special day. A strong and useful plate is the most appealing to me.


Do you have a plan to have another shops or anything?

I’m thinking to have a shop in a town like Tenjin someday…because whether people come or not is easily affected by weather conditions by the sea. I want to, however, spend time and work with my own pace in Itoshima, so it would be better if the other one have a shop to sell them in Tenjin, haha.

 

It must be one of the attractive points of this shop that Shige-san’s relaxing and funny character which makes you want to visit again. HEY&Ho. is located just in front of the beautiful scenery of ocean. How about visiting there while a drive on a nice weekend to find your favourite hasami-yaki?

HEY&Ho.
285A, Nishinora, Nishi-ku Fukuoka-shi, Fukuoka, 819-0202, Japan
11:00 am ~ 19:00 pm
TEL:092-809-1234
https://www.facebook.com/heyandho

(C) 2017 Wooly. All right reserved.