Bilingual Culture Magazine

INTERVIEW WITH Sone Kasumi Shibata Minori

Text/Interview: Sae Ikeda/Ayaka Yoshimura
Translation: Narumi Watanabe

今注目のFilm 女子しばたみのりと曽根香住は言う。写真は紙で見るべきだと。
“Photos must be printed”, say Minori Shibata and Kasumi Sone, the film photographers

 


  • JP
  • EN

展示作品説明と自分の作風を教えてください

曽根 今回はお風呂場にあるものを食べ物で表現したら面白いんじゃないかと思って9枚出します。お風呂場にあるスポンジをスポンジケーキとクリーム、リンスのケースの中に入っているのは練乳、泡はポップコーンなど、一見おかしくはない風呂場の風景を食べ物で表現しました。初めトマトをのせたら可愛くて、他のものせて可愛いもの撮れないかなと思ったのがきっかけです。私は普段ネイチャーを中心に撮っています。よく有名な方が撮っている自然の写真は山とかを山らしく綺麗に撮っていて、それはそれでいいと思うんですけど、私はもっと違う切り取り方をしたくて。例えば、山に綺麗に並んでいる針葉樹林とかを、何か別の物に見える様に切り取っています。


しばた 私は今回全て人物ポートレートをとりました。展示するのはヘアメイクとか衣装とか構図を決めて撮った写真ではなく、普通に遊んだ日に撮ったもの。自然な感じを撮ろうと思って、フィルムは毎日持ち歩いています。すぐ撮りたいときにパッと片手で、一月から撮り溜めていたものを出展しています。実は普段はテーマなどを決めてfilmと同じくらいデジタルで撮影してるんです笑 でも、被写体の人も撮られると思って身構えてない感じの写真の方が、素で私との距離感がないので好きです。

SNSの普及で写真が身近になったことをどう思いますか

曽根 今SNS の影響で写真始めた人多いじゃないですか、一眼レフ買った!とか。私もそこから始めた人間で、そうやって楽しめる人が増えたのはいいと思います。でもそれだけでなくて、もっと自分と向き合っていいものを作っていけたらいいなとは思います。やはり写真が流行り始め、周りの人たちの写真を見る目が肥えていく中でどうしたら人の目に止まる写真を作れるのか、考えますね。

しばた 私が見ていて思うのは、誰でも撮れる時代だなということ。でもインスタ映えっていう言葉が広まり、皆が同じものを撮っているのは面白くないなとは思います。私も全然インスタ使いますし、行って撮って載せてで、手軽にできるんですけど、撮った後にプリントして紙にして見たときに新しい良さとか写真の良さを改めて感じれたらいいなぁと思います。

来てくださる方に一言

もともと写真やっている人とか、写真に興味がある人はもちろんなんですが、これが誰かのはじめての写真展になってもとても嬉しいです!かすみと私は全く別のジャンルで写真を撮っています。写真展というガチガチという感じではなくて、人に会える場所という感覚でラフに来てくれたら嬉しいです。

■『写真展をやりたくて、』

会期:12月11日(月)〜12月17日(日)
OPEN:初日と最終日13:00〜19:00
    その他 8:00〜18:00
会場:River coffee & gallery
南北線東大前一番出口徒歩2分

Can you guys tell us about the story behind this exhibition and works ?

Sone: This time I exhibit nine experimental photos in which food imitates bath goods.
I depicted normal bath room scene with food. I used sponge cake and whipped cream for the sponge, condensed milk for rinse, and popcorn for bubbles. It started when I put tomato on the tap. I thought it was cute and started playing with more food.
I usually take photos of nature. Well known photographers might take photos of beautiful mountains as they are and I like them but I want to capture a bit differently. For example, I tried to show something entirely different with the photo of coniferous forest.

Shibata: I took portrait photos of my friends while hanging out with them. They were taken naturally, not staged at all. I always carry my film camera when I go out so that I can be ready for any moments. Exhibited photos were chosen from a stuck of photos that I had kept since January. I actually take same amount of digital photos under specific themes, but I prefer film photos that I casually take in everyday life because the subjects look more relaxed and natural.

What do you guys think about the influence of social medias on photography?
Sone: Now there are tons of people who started photography because of the social media. I was one of them too and I do think it is great that more and more people are enjoying photography. It is important though to carefully think about what kind of photo I really want to take. It is undeniable that due to increasing popularity in photography people have better eyes. I need to consider how to make photos that stand out among crowds.

Shibata: What I think is that now anyone can be a photographer, but as how those “instagrammable” photos show, it is not really fun if everyone takes same kind of photos. Though I think Instagram is very convenient, I want viewers to feel the difference between insta photos and printed ones.

Any comments to the visitors?

This exhibition would be nice if you are interested in photos, and even nicer if this exhibition becomes someone’s first photo exhibition experience. It is not a very serious photo exhibition but rather a place where you will be able to meet new people.

■写真展をやりたくて、
Date: 12/11(Mon)-12/17(Sun)
Hours: 13:00-19:00 (first and last days), 8:00-18:00
Place: River coffee & gallery

(C) 2017 Wooly. All right reserved.