Bilingual Culture Magazine

“cover girls”

Text/Interview: Ayaka Yoshimura
Translation:Narumi Watanabe
Photo:KISUZU,Reina Tokonami

当時9歳にして堂々とWoolyの表紙を飾った琉花。10年経った今、モデルだけでなく写真家としても活動の幅を広げている彼女に、自身の2nd zine ”VOYAGE 2017 in Sri Lanka”販売を記念して今回インタビューを行った。
Luka, who was the cover model of Wooly at age of 9, now expands her activities by not only being a model but also a photographer after 10 years. We had a chance to do an interview with her as she publishes her 2nd Zine, “VOYAGE 2017 in Sri Lanka”.

 


Photo:KISUZU

  • JP
  • EN


zineを作ろうと思ったきっかけを教えて下さい

何年も前から撮った写真を自分でプリントして簡単にホッチキスなどでまとめて手元に残していました。それがどんどん溜まっていって、写真展の準備する時にせっかくならその写真達を紙にも残したいと思い、改めてちゃんとした1冊のzineを作りました。名前も他の候補もあったんですけど即決で”VOYAGE”にして、すぐに製作に取り掛かりました。

スリランカで印象に残った出来事は?

一番はジェフリー・バワが設計したホテルに泊まれた事が嬉しかったです。ずっと「ジェフリー・バワのホテル泊まりたい!」って言ってたので。ご飯もすごく美味しくてそこでの空気もとても澄んでいて居心地良かったです。あとは、帰りのチェックインで手荷物を預けるためにスタッフさん達と並んでたんですけど1時間以上待っても順番が回ってこなかったんです。私達の前には4人くらいしかいないのに「あれ?こんなに待つのおかしくない?」ってなって。結局飛行機は乗れたんですけどトイレ行けないくらいギリギリで、なのに係りのトム(トムハンクスに似てるから)は「あ〜まちがえちゃったごめんなさい〜」ってとても呑気で、もう私達が彼に指示を出してました。ゆったりしたスリランカタイムがあるんですかね。あれはとても焦りました(笑)

Photo:Reina Tokonami

東京でも幾つかスリランカ料理屋を巡られたそうですが、おすすめはありますか?

中野にある”アチャラナータ”がオススメです。すっごく美味しいです!あと大阪にも結構美味しいところがあって”カレーやデッカオ”っていうところなんですけど、そこも美味しかったですね。スリランカ料理は油じゃなくてココナッツオイルを使っているのでたくさん食べても気持ち悪くならなかったです。現地では何種類ものカレーが1つのお皿に盛ってあってそれをお米とぐちゃぐちゃに混ぜて手で食べるのが美味しかったです。自分でもスリランカ料理作ってみたいですね。

Photo:Reina Tokonami

Wooly表紙時の9歳から20歳になって自分で成長したと思えるところは?

昔は全く話さないシャイな子でした。人見知りがすごくて。最近は自分からでもだいぶ話すようになりました。多分あのまま言ってたら友達できなかったと思います笑 高校が本当に面白くて個性強い子が沢山いたので、周りに負けないよう自分からアピールするようになりました。

今のWoolyで何を撮ってみたいですか?

普段風景の写真を撮ることが多いので、男女限らず人の写真を撮りたいです。同い年くらいで私が気になる子達を。今は同じ事務所のセナちゃんを何回かもう撮ってるんですけどこれからも彼女を撮り続けていきたいと思ってます。

Photo:KISUZU

■luka
 1998年産まれ。写真家である父の影響で写真を始め、昨年初の個展『VOYAGE 2014-2017 luka』を開催し大盛況に終わる。CYANを始めGINZA、装苑、ELLE girlなど数々の雑誌に登場しモデルとしても注目を浴びている。CYANプロデュースによって制作された自身2冊目となるzine 『VOYAGE 2017 in Sri Lanka』は現在代官山蔦屋書店にて販売中。

Why did you decide to create a zine ?

I had a stock of photos that I had taken for years. When I was organizing my photo exhibition I came up with an idea of creating a zine with them at the same time. Soon then I decided the title “VOYAGE” and started making it.

What is the most memorable events in Sri Lanka?

I always wanted to stay at the hotel designed by Geoffrey Bawa, and the dream came true so it was the best. Another thing is that on the way back home our luggage didn’t come out after waiting for an hour. It was weird because there were only four people before us. Though we luckily didn’t miss the flight the staff was not upset at all. Maybe time passes very slowly in Sri Lanka.

Photo:Reina Tokonami

We heard that you also visited some Sri Lanka restaurants in Tokyo. Do you have any recommendations?

I recommend “Acala naatha” in Nakameguro. It’s so good. Sri Lanka dishes are cooked with coconut oil so it is not nauseous even if you eat a lot. In the local you mix many kinds of curry and rice with your hands on one plate. It was so delicious. I’d like to try cooking it someday.

Photo:Reina Tokonami

You were only 9 years old when you did the cover of Wooly, and now you are 20. What do you think has changed?

At that time I was so shy that I couldn’t talk at all. Now I am more comfortable talking to someone. Maybe I couldn’t have made any friends if I didn’t change. In high school there were many interesting, unique people so I had to appeal myself to be recognized.

What would you want to try from now ?

I would like to take more portraits of people of my age since most of my photos have been landscape. Recently I have been taking photos of Sena from the same company, and I will continue this project.

Photo:KISUZU

■luka
Born in 1998. Influenced by her father who is a photographer, Luka started taking photos. Held her first successful solo exhibition “VOYAGE 2014-2017 luka” last year. She has also worked for a number of magazines such as CYAN, GINZA, 装苑、ELLE girl as a model. Produced by CYAN, her second zine “VOYAGE 2017 in Sri Lanka” is now on sale at Daikanyama TSUTAYA.

(C) 2018 Wooly. All right reserved.