Bilingual Culture Magazine

TOKYO FINEST “WONK”

Text/Interview: Ayaka Yoshimura
Translation:Yoshiki Tainaka
Photography: Reina Tokonami,hikarufunyu

9/14、台北にて開催される音楽イベント”TOKYO FINEST”にも出演。次世代の音楽シーン、そしてニューカルチャーを担うWONKボーカル長塚健斗氏へのインタビューは必見!
WONK is going to appear in the event in Taipei, “TOKYO FINEST” on 9/14.
Must check out our interview to Kento Nagatsuka, a vocalist of WONK, a person expected to shoulder the next-generation music scene and culture.

 


Photo:hikarufunyu

  • JP
  • EN


“音楽を中心に色々な他のジャンルにもドンドン派生させていきたい”
音楽という一つの概念に捉われない彼らの存在は、我々が今まで見ることのできなかった新しい音や文化、アートを作り出す。彼らの活動からも分かる、WONKの柔軟さとクリエイティブ力は、世代や国境を越えて我々リスナー達も巻き込んでいくだろう。

東京の音楽シーンについてどの様なイメージがありますか?

今はバンド戦国時代って言われてるじゃないですか(笑)
僕もその通りだと思っていて、10年前とか5年前とかには出てこなかった多種多様な表現をするアーティストが増えてきたなと。女の子だけで作っているレーベルもあれば、僕らみたいに独自でレーベルを作っているアーティストもいるし。音楽だけじゃなくて自分たちが世間にどう見られたいか、どう打ち出していきたいか、そういった所にも広いマインドを持ったミュージシャンが増えてきたなあという印象があります。レーベルのサイズ感やインディーがどうのこうの関係なくなってきてますよね。こういう流れは日本だけでなく全世界、色々な所で生まれていると思います。国籍など問わない繋がりから生まれる新しい音がこれからどんどん出てくると思います。

一番印象に残っているライブはありますか?

2016年9月に行った大阪でのライブです。その直前のライブでめちゃくちゃ失敗してしまって(笑)。大阪での盛り上がりが予想以上にすごくて、心が救われました。泣きそうになりましたね。あれ以来お客さんにどう楽しんでもらうかより考えるようになりました。

Photo:hikarufunyu

MVやビジュアルの世界観はどの様にして作り上げるのですか?

普段は自分たちが着たい服を着ていますね。個人が育ってきた背景や趣味を活かしたいと思っていて、そういった様々な”個”の集まりがwonkだと思っています。
MVはメンバーと話し合いながら世界観に合わせて作り上げています。

枠に捉えられない音楽の発信の仕方が印象的です

WONKメンバーで運営しているレーベルがあります。僕らが良いと思うミュージシャンや音楽をこのレーベルから人々に届けるということをまず一番にやりたいんです。売り上げや成果もアーティストに還元していきたいですし。集まった音楽を様々な世代の人たちが聴いて、良いなと思ってもらいたいです。そこからイベントなども積極的に行いたいですね。同時に服だったりデザインだったり、音楽を中心に色々な他のジャンルにもドンドン派生させていきたいです。アパレルブランドの立ち上げなどもやっていきたいです。

現時点でそのような活動は?

僕は元々料理人なのでそういう食関係の仕事だったり、声の仕事だったり音楽に捉われず様々なジャンルに挑戦しています。。
リーダーの荒田はDJ、ピアニストの江﨑はデザイナー、、、ベースの井上はサウンドエンジニアとしても活躍しているので、そういった個の活動をグループに昇華させたいですね。

長塚さん一押しのアーティストはいますか?

MELRAWです。MELRAW含めてうちのレーベル、EPISTROPHのアーティストみんな一人残らずかっこいいです。安藤康平くんとか、テクニックもライブでの爆発力もずば抜けていますし。King Gnuやyahyelなど同世代のバンドもすごくかっこいいです。

Photo:Reina Tokonami

■WONK
 東京を拠点に活動するエクスペリメンタル・ソウルバンド。2016年9月に全国リリースした自身初のフルアルバム『Sphere』は第9回・CDショップ大賞“ジャズ賞”を受賞。ジャズやソウル、ヒップホップなど様々な音楽に影響を感じさせる彼らの幅広い音楽性は多方面から注目されており、デビューわずかながら2017年夏には東京JAZZやSUMMER SONICなど多数のフェスへ出演。
米Blue Note Recordsを代表するシンガーJosé James『Love in a Time of Madness』のリミックスを担当、同年2月にはパリ・ベルリンのヨーロッパ2大都市公演を成功させる。2018年1月にはBlue Note TOKYO/NAGOYA、Billboard Live OSAKAの三都市ツアーを開催するなどライブバンドとしてより一層その名を知らしめている。
2017年9月にツイン・アルバム「Castor」「Pollux」、11月にはTHE LOVE EXPERIMENT(NY)との共作アルバム「BINARY」と立て続きに作品をリリースするなど、今最も注目を集める”エクスペリメンタル・ソウルバンド”である。

⬜︎TOKYO FINEST
台湾キュレーター、チンアンによる音楽イベントが9/14に台北にて開催される。日本の若者にも、もっと台湾のカルチャーに興味を持ってもらいたいというコンセプトのもと、日本で活躍する若手アーティストを台北に呼び、より深いカルチャーの交流を図る。これを機に、観光地では味わえないアップカミングな台北のカルチャーシーンを味わってみてはいかが?


“Working mainly on music, but we also want to connect it to different ways of expression.”
They don’t hold on to the stereotype of music but create new forms of sounds, culture, and art which we have never seen.
Their flexibility and creativity will definitely go across generations and borders. It will even involve us in the future.

What do you think about the Tokyo music scene?

They say “today it is the age of band wars,” and I agree with that. The variety of artists is increasing more and more. You can see many artists whose ways of expression couldn’t be seen 5 or 10 years ago. For instance, there is a label composed only of women, and are artists who manage their own label as we do. I think artists who have flexible mind and don’t care only about their music but also how they want to be seen and how to differentiate increased. It has nothing to do with the size of a label, no matter which it is major or indie. I think this is a trend that occur in different places, all over the world. Connections beyond borders will create more and more new sounds.

Is there one special show that you feel especially memorable?

It’s the show in Osaka, in September 2016. I also remember that we made a blunder at the previous show. The show in Osaka was much livelier than we had expected, so I felt saved by that. I almost cried. After that we got to think more about how to entertain audience.

Photo:hikarufunyu

How do you create your view of the world with your music videos and your visual performances?

We dress as we like. We want to utilize each member’s background. I am particular about that WONK is the group composed of different “individuals.”
About a Music Video, we talk a lot to make it match the view of the world of the song.

Your ways to transmit music seems unconventional and unique.

We manage a label. We want to spread music which we like and return the sales and the results to the artists as much as possible. We want the music of our label to be listened to by many generations. We hope that people who listened to them will be pleased. We want to actively organize events, too. In addition, we want to deal with fashion, design, and so on. We want to connect music to different genres. Like launching a fashion brand.

Do you currently do such an activity?

I am originally a cook. So I try matters about cooking. And voice acting, and…… other than music, I try different things.
Our band leader DJs, too. The pianist is also a designer, The bassist is also active as a sound engineer, …… We want use each activity into our band.

Could you tell me your recommended artist?

MELRAW. Including MELRAW, all of the artists in our label, EPISTROPH are very cool. For example, Kouhei Ando is outstanding at both skill and live performance. Our contemporaries such as King Gnu and yahyel are really cool, too.

Photo:Reina Tokonami

■WONK

WONK (Experimental Soul Band from Tokyo, Japan) Their September 2016 album “Sphere” received the Best Jazz Album award at the CD Shop Awards, an award based on votes by CD retailer employees. WONK’s fusion of Jazz, Soul, Hip-hop, and other musical influences has attracted attention from various audiences, and has secured the young band planned performances this summer at festivals including the 16th Tokyo Jazz Festival, Blue Note Jazz Festival 2017, and Summer Sonic 2017. The band also produced the official remix for Blue Notes Records star José James’ “Love in a Time of Madness” in his album “Live Your Fantasy,” in addition to conducting successful performances in Berlin and Paris in February 2017, reaching eager audiences in Japan and abroad. Their second & third album “Castor” / “Pollux” were released in September.

(C) 2018 Wooly. All right reserved.