Bilingual Culture Magazine

The Royal Concept Live Report @LIQUID ROOM


text:Chihiro Sato
photo: Kazumichi Kokei


The Royal Concept
スウェーデンはストックホルム出身のロックバンドThe Royal Conceptが三度目の来日を果たした。今回はアルバムを引っさげての待望のライブ。28日の恵比寿リキッドルーム、29日の梅田クラブクアトロ共に早々にソールドアウト。追加公演として設けられた27日の渋谷クラブクアトロでは、オープニングアクトに日本のロックバンド・チャットモンチーを迎え、豪華な幕開けとなった。

The Swedish band The Royal Concept came to Japan with their debut album “Goldrushed.” The gig sold out at all three venues, Ebisu Liquidroom, Umeda Quattro, and Shibuya Quattro the latter with support from Japanese rock band, Chatmonchy.

  • royal1
  • royal2
  • JP
  • EN

2010年から活動を開始した彼らは、スウェーデンはもちろんのこと、世界中でじわじわと知名度があがってきている。初来日したSUMMER SONIC 2013では、日本デビュー前にも関わらず、大観衆が集まった。今回、3公演全てがソールドアウトし、日本での彼らの人気ぶりに驚いた。 28日開催のワンマン、リキッドルームにお邪魔した。

1曲目は印象的なギターサウンドから始まる”Goldrushed”で一気に会場が沸き立つ。開始早々ライブ中盤のような盛り上がりを見せる。 駆け抜けるように2曲目は”D-D-Dance”。踊らずにはいられないビートで会場全体がさらにヒートアップ。サビではオーディエンスも大合唱。Davidも会場の反応を楽しんでいる。リズムに合わせて”T-T-T-T-T-T-TOKYO!” と歌い、会場がまた沸く。

ここから雰囲気が少し変わり、「ステージでアコースティックギターとハーモニカを一緒にプレイするのは初めて」というDavid。日本盤だけでリリースされた、「長い間やっていない」という”Naked And Dumb”を今回はアコースティックver.で、さらに、 “Slängpolska”というスウィディッシュフォークソングの1曲を演奏した。 アコースティックセット最後の曲はなんと”On Our Way”。

アンコール1曲目はメンバーの綺麗なハーモニーで始まる新曲”Smile”でオーディエンスを笑顔にした。シンセサイザーのメロディに乗せて”Thank you so much for coming out tonight.” というDavidの言葉から、名曲 “Cabin Down Below”が静かに始まる。キラキラした綺麗な声が会場に響くき、感動的なクライマックスに会場は一体感を増し大合唱。しかし、最後は”On Our Way”で一気に絶頂まで盛り上げるのがThe Royal Concept。踊って、歌って、笑って締めくくるパフォーマンスが彼らの魅力だ。終始、大コーラスと手拍子が揃うステージだった。

エレクトロなサウンドとボーカルのハイトーンなボイスがとてもマッチしている。透き通るような繊細な声とポッピーでリズミカルなサウンドは彼らの故郷スウェーデンの情景を思い浮かべさせる。彼ら自身が心から楽しんで演奏をしているのがひしひしと伝わってくるので、自然にハッピーなムードになる。途中、Davidが「ストックホルムは本当に寒い町」と言っていたが、この美しいメロディとリリックは、あの美しい国の透き通った空気があるからこそ、生まれるんだなと勝手に考えた。

秋の日のスペシャルで美しいスウィディッシュナイトだった。

Davidの言葉をそっくりそのまま、「心の底からありがとう。」

The band out of Stockholm began only four years go, but already they have been earning acclaim not only in Sweden, but also all over the world. Their first trip to Japan was for Summer Sonic 2013, but even though it was their Japan debut, they received a massive audience. I headed over to the Liquidroom show on the 27th to see them play.

The gig was kicked off with the jaunty intro of “Goldrushed” and they warmed up audience intensely. The heat of the room was incredible and it set the tone for the rest of the show. Quickly followed by “D-D-Dance”, the crowd seemed to get more and more into it singing along . David sung “T-T-T-T-T-T-TOKYO!” with the pounding beats feeding into the crowds reaction.

Then, they began the acoustic set. Frontman David said, “I’m not only gonna play acoustic guitar for the first time on the stage. This is a song we haven’t released even back home in Sweden but you know it’s on the Japanese version of our “Goldrushed” so we haven’t played this song in a long long time. So we’ll se how it goes.” They started with an acoustic version “Naked And Dumb,” David playing acoustic guitar and harmonica. Next up, an old Swedish folk song “Slängpolska”. The last song of the acoustic set was the acoustic version of “On Our Way.”

The encore opened with their new song “Smile” which starts with impossibly catchy harmonies. With the sound of the synthesizer, David sang “Thank you so much for coming out tonight.” They slowed things down with “Cabin Down Below” and brought the audience into a magical state. The atmosphere was indescribable. They brought the gig to the end with the upbeat “On Our Way.” They continued to hype the audience and the crowd just couldn’t stop singing and dancing with great enthusiasm all the night.

Melodic synth combined with upbeat distinctive vocals. David’s high voice, which is almost like silk, and their catchy and melodic, almost pop sound make me think of their homeland. We can easily see how much the band are enjoying the show themselves so it automatically feeds the audience’s own good feelings. “We are from Stockholm. It’s really cold” I just thought that it’s understandable that there are such beautiful songs and lyrics because of the gorgeous country’s clear air. It was a special and beautiful Swedish night. To The Royal Concept, “Thank you from the bottom of my heart.”


(C) 2018 Wooly. All right reserved.