Bilingual Culture Magazine

INTERVIEW with TOKOTO PALACE

Text/Interview: Yuka Shimayoshi

8月30日福岡にて開催される”DAIMYO MATRIX”に出演。オーストラリア出身のCameron Destenoと福岡出身のNaraが率いるミュージックプロジェクトTOKOTO PALACEにインタビューを行った。

 


  • JP
  • EN


プロフィールを教えてください!
Cameron Desteno- Key, Guitar, Bass, Drums, Vocal
Nana- Key, Vocal

「オーストリア出身のCameron Destenoと福岡出身のNanaが率いるミュージックプロジェクト」と8/30のイベントページに書かれていたのですが、ミュージックプロジェクトは具体的にどのようなことをするのですか?

相方Cameronがカナダのブリティッシュコロンビアを訪れ、森の周りを歩き、インスピレーションを得ながら、野生のコヨーテと顔を見合わせました。その妖精のような動物がカメレオンにTokoto Palace作りなさいと言った。それがTokoto Palaceの始まりです。
この音楽プロジェクトは他のミュージシャンなどとコラボし、色んな人と音楽をしたいと思いしています。

70年代サイケデリックジャズファンク、ネオソウル、ダブやエレクトロニカ等の様々な音楽のジャンルから影響受けているとお話しを受けていますがお二人はそれぞれどんなジャンルが好きですか?

Cameron-70年代が音楽の時代にとって最高で大切な10年と思っています。とりわけその時代の音楽の中でジャズ、ファンク、ディスコ、ソウル、エレクトロニカが一番好きです。
Nana–わたしはあまりどの時代とかこの音楽というのにはこだわっていないけど、サイコロジカルとフィジカリーグな、気持ちとか体でピンときたものだったらジャンルや時代にこだわらなく聞きます。

好きなアーティストを教えてください。

Cameron- Kamaal Williams. いまだったらこれかな
Nana- Buttering Trio,今だったらこのバンドかな。

今自分の中で刺激を受けているアーティストをそれぞれ教えてください

Cameron- Kamaal Williams, Cortex, Brazillian psychadelic funk, Omar Rodriquez Lopez Group, Kyushu Rockers
Nana- Buttering Trio, Thundercat, Taeko Ohnuki, Yamasuki Singers, BINKBEATS,
今本当に沢山いますが、Gilles Petersonがラジオで流すアーティスト(激かっこいいセレクションで、かなりオススメです)

お二人のそれぞれの音楽を始めたきっかけを教えてください。

Cameron: 14才の時にギターベースを始めました。音楽をする事は選択してやっている事じゃない気がします。
Nana: 小さい時から歌ったり音楽を聴くのが大好きなでした。ちょこちょこ音楽に携わってはいましたが、18の時にやりたい事にちゃんと向きあってみようと決めました。

活動は福岡を拠点にして活動しているとお聞きしていますが、福岡を選んだ理由を教えてください。福岡の魅力も一緒にお願いします。

福岡を選んだのは、メンバーが福岡を拠点にしていたMelotronmelonというバンドで活動をしていたからです。福岡の一番の魅力はやっぱりご飯ですね、特に海鮮が美味!

曲を作るときはそれぞれ役割みたいなものなどはありますか?

うちでセッションするときにCameronが妖精とか植物とか事物とかそこにあるものと会話をするところから始ますね。
ギター、ベースなどをそのあと譜面におこしていく。そうやって楽曲が形作られていく途中で私たちは他のミユージャンと家で何回も何回も繰り返しJAMをし、これだという曲ができる。メインのコンセプトとかをシンセとかをボーカルをわたしがやりますが、ほとんどCameronが方向性を決める。これが私たちのやり方です。

曲を作るときに心がけていることや、この軸だけはぶらさず書こうという軸みたいなものなどはありますか?

Tokoto Palaceの音楽である事です。

これからの活動予定を教えてください。

1枚目のEPをレコーディングする為にエンジニアとスタジオを探す事、それと曲を作り続ける事ですね。

■TOKYO PALACE
 TOKOTO PALACEは、オーストリア出身のCameron Destenoと福岡出身のNanaが率いるミュージックプロジェクト。 70年代サイケデリックジャズファンク、ネオソウル、ダブやエレクトロニカ等様々なジャンルから影響を受けて生まれるTOKOTO PALACEの音楽を聴けるのは、現在ライブでのみ。より良い音楽を求め、いつ遷都するか分からないTOKOTO PALACE。一緒に”weird”にクレイジーに、楽しみましょう

(C) 2018 Wooly. All right reserved.