Bilingual Culture Magazine

『SHINKA』

Editor/Text:Chiaki Yanagitani
Photo:Yosuke Mori
Translation:Yuka Shimayoshi

ファッション誌を始め、ショーやCMでのスタイリングなど、メンズ・ウィメンズ問わず、様々な場で活躍を広げる今一番気になる若手スタイリスト『RIKU OSHIMA』『Lee Yasuka』の二人に直撃インタビュー。

Wooly interviewed with two young stylists RIKU OSHIMA and Lee Yasuka, who work in various fields such as fashion magazines, shows, commercials, and both for women and men.

 

  •      

  •      

 

 


 

  • JP
  • EN

福岡のアートスペースUNION SODAにて、「Lee Yasuka」と「Riku Oshima」同世代のスタイリスト2人の企画展示『SHINKA』が開催された。装苑の専属モデルを務める傍ら、女優としても活動する「SUMIRE」をモデルに起用した映像作品の監督には映像作家の「米倉強太」。ロックダンスバンドDISH//、そして俳優としても活動する「北村匠海」が今企画のために「藤江琢磨」をモデルに撮り下ろした写真を展示。

若手クリエイター達の”SHINKA”は、まだまだ止まらない!

ファッションに興味を持ったきっかけは?

Lee Yasuka(以下、Yasuka):お母さんを見てて、小学生くらいの時から自然と興味を持ち始めました。最初は「これやだ、あれやだ!」とか言いながら、ただ着せられてただけなんだけど(笑)でもやっぱり今は、好きなものがお母さんと似てきました。

Riku OShima(以下、Riku):僕は、中学生の時に従兄弟の家にあった『gap PRESS』っていうモード誌を見てから、洋服いいなって思うようになりました。その頃から色々見るようになって、スタイリストの仕事に興味を持ち始めたのかな。自分にはデザイナーは向いてないってわかってたから、人が作った洋服を使って表現をしたいって思って。それが、高校生くらいの時です。

では、それから具体的にスタイリストを目指したんですか?

Riku:そうですね。当時はちょっと尖ってて、人と同じ道を辿ってスタイリストになるのは違うなって、自分なりに色々考えた結果が海外でした。
それから、イギリスのLONDON COLLEGE OF FASHIONに入学しました。でも実際に行ってみると、お金持ちのヘンテコしかいなくて、僕も途中から学校に行かなくなっちゃったんですよ。
そんな中、パリコレ行く機会があったんです。今はもうないんだけど、その頃はファッションブロガー全盛期だったから、コレクションの席の区分けにファッションブロガーの列があったんです。Bryan Boyとかフロントロウに座ってて。それを見て、これが一番賢いなって思って自分もスナップ撮ってブログに掲載したりしていました。それで仕事をもらったこともあります。だから結局、学校で何かを学ぶよりかは、外に出て経験した方がよかったです。

スタイリストをやっていて、やりがいを感じる瞬間は?

Yasuka:好きな人とお仕事できたとき。
友達がお仕事をくれて一緒にカタチにしていくのは、なんだか恥ずかしい気持ちもあるけどやっぱり楽しいです。

Riku:半年に1回行ってるパリがやりがいです。
メンズのファッションウィークに合わせて行ってるんですけど、その時の反省と教訓を得て、また半年後パリに行くのが通信簿みたいな感じになってる。FACETASMというブランドで仕事をしていて、パリコレのような場で色んなことを勉強させてくれるFACETASEデザイナーの落合さんにはすごく感謝しています。デビューしてからずっと、第一線の現場での裏側を見させてもらってるから、そこで得たものをいつか自分が還元していきたい。そういうことをやってるときは、ワクワクしますね!

今、一緒に仕事をして見たい人は誰?

Yasuka:ん〜〜〜、デヴィ夫人!

Riku:そこ行った。笑

Yasuka:女性としても常に身の回りに気を遣ってて素敵だし、自分の意思がはっきりしてるところもカッコいいし、憧れます。一緒にお仕事できたらめちゃくちゃ嬉しいな。リクは?

Riku:沢山いるから迷う…外国人だったら、ロンドンのアーティストBlood Orange。日本人だと、サザンオールスターの桑田さん。親父から受けた唯一の影響がサザンだから、それで親孝行できたらいいな。

自分のスタイリングを三つの言葉で表すと?

Yasuka:『笑える』。何これ!?って、目に留まるようなおもしろいスタイリングをしたいなって思ってます。カッコいいとか、おしゃれっていうのはファッションの基本だと思うから、それ以外のところで面白みを感じでもらいたいんです。三つって難しいな〜。

Riku:僕は、『色』『刺』『偏』。
ニュートラルでただ綺麗なものじゃなく、何かに淘汰されたモノを作りたいです。それは、自分が好きなものだったり、影響を受けてるものだったり、万人に評価されなくていいっていうのは常に思ってる。
特に、色は一番意識してるかも。柄も大きさも違うグチャグチャしたものを、同じベースの色を使って、点と点を繋ぎ合わせるみたいにどう成り立たせるのかっていうのに最近はチャレンジしてます。そこがハマったら、やっぱり面白い。

リスペクトしている人は誰?

Yasuka:みんなそれぞれ違うし尊敬はしてるけど、突出してこの人!っていうのはいないかな。

Riku:僕は、自分といてくれる友達全員をリスペクトしてます。オフのスイッチを入れてくれるのは、完全に友達にしかできないことで、そいつらがいるから仕事は仕事として、しっかりパフォーマンスできるんだと思う。

これからの目標、やりたいことは?

Yasuka:この1年は、雑誌の仕事をどんどん増やしてやっていきたいと思っています。

Riku:僕は今年、石の上でも三年の3年目なので、現状維持にちょっとプラスくらいでいいかな。いま手の中に持ってる砂をどれだけこぼさずに保てるか。そこからさらに大きいものを掴んでいきたいです。

【Profile】
□Lee Yasuka:文化学園大学でファッションを学び、現在はフリーランスのスタイリストとして活動している。
主に俳優やタレントのスタイリングを手掛ける。

□RIKU OSHIMA:札幌出身。高校卒業後、イギリスのLONDON COLLEGE OF FASHIONに留学。
2016年より東京で、ファッション誌・アーティスト・ショーのスタイリングを中心に活躍するスタイリスト。


At the art space called UNION SODA in Fukuoka, two stylists from the same generation Lee Yasuka and RIKU OSHIMA held the exhibition ‘SHINKA’. A film writer Gota Yonekura directed the film featuring Sumire, who is Soen’s model and also an actress. Takumi Kitamura from a dance-rock band DISH// specially shot Takuma Fujie for this exhibition.

New creators’ progresses (=SHINKA) never stop!

Why did you start to get interested in fashion?

Lee Yasuka: I gradually started to have interests from when I was an elementary school kid because of my mother. At first I just said I didn’t like this or that, and my mom chose what I wear as she wanted. But now I can find that I have a same kind of taste as her.

RIKU OSHIMA: For me, I began to think about fashion when I read a mode magazine called “gap PRESS“ at my cousin’s house when I was a junior high school student. Then I looked for something related to fashion and got interested in fashion stylists. I knew that a designer is not my job, but instead I wanted to express through the clothes which different people made. That was when I was in a high school.

From then did you really think about becoming a stylist?

RIKU: Yeah, I was a bit edgey at that time and I wanted to choose a different route from otheres, so I decideded to go abroad. I entered London College of Fashion in the UK. In reality, however, there were only rich and weired people in the school, and I myself stopped going to the school. One day, I had a chance to go to a Paris Collection. It was a time of many fashion bloggers, so there were rows for the bloggers at the collection shows, which can’t be seen now. I remember that Bryan Boy sat on the front row. Seeing them, I thought that was the best and the most clever way to get involved in fashion, and I started to take street snaps and showed them on my blog. I’ve got a job by doing so before. So in short, it was better for me to go outside and experience many things than to learn in the school.

When do you find a value of being a stylist?

Yasuka: When I could work with my favorite people. It is fun and a kind of embarassing at the same time when my friends ask me to work together.

RIKU: I like it most when I go to Paris twice a year. I visit there during the term of men’s fashion week, and it becomes like a school report that I can learn a lesson by working in Paris. I work for a brand called FACETASM and I really appreciate its designer Mr. Ochiai, who offers me a chance to learn just like in Paris. I’ve seen the backstage of the actual scene from when I started to work, so I want to return profits I’ve acquired to the brand someday. Such kind of things make me very excited!

Who do you want to work with?

Yasuka: Ummm I’d say Mrs. Dewi!

RIKU: Wow you choose a niche one.

Yasuka: As a woman, it’s nice and I admire that she’s always caring about her belongings and that she has a strong opinion. It would be my pleasure if I can work with her. How about you, Riku?

RIKU: I can’t choose one… but for foreigners I’d choose Blood Orange from London. For Japanese, Keisuke Kuwata of the band called Southern All Stars. The only effect of my father is this band, so I would thank him by doing so.

How do you describe your styling with three words?

Yasuka: “Funny”. I want to make a style that people can laugh when seeing it. Before thinking about cool or cute, I want everyone to feel that fashion is free and fun. It’s difficult to choose three though!

RIKU: I’d say “color”, “thorny” and “deviance”. I want to make not only something neutral or beautiful, but something weeded out. It can be something I like or I get effected by, and I always think I don’t have to get evaluated from everyone.
Especially I care about color. I recently try to combine the items with different patterns or shapes based on the same color. It’s like connecting dots and very interesting.

Who do you respect?
Yasuka: Everyone around me is different and I respect them, but I don’t have anyone especially to mention.

RIKU: I respect all my friends who spend time with me. It’s only my friends who can turn off my switch while I’m not working, and thanks to them I can work effectively as work.

What is your future goals?

Yasuka: In a coming year, I’d like to work more for magazines.

RIKU: This is my third year as a stylist, so I’ll just keep my pace and add a bit more. This is like whether I can hold the sand in my hands or not, and I’ll try to catch a bigger thing in the future.

【Profile】
□Lee Yasuka: From Tokyo. After learning fashion at Bunka Gakuen University, she now works as a freelance stylist. Mainly she does styling for actresses or talents.

□RIKU OSHIMA: From Sapporo, Hokkaido. After graduating from a high school, he studied abroad at London College of Fashion in the UK. From 2016, he started to work for magazines, artists and collection shows mainly in Tokyo.

(C) 2018 Wooly. All right reserved.