Bilingual Culture Magazine

Interview with the director of Badlands 777

Text/Translation/Photo:Yuka Shimayoshi

女性による女性のためのインディペンデントマガジン『Badlands 777』の3号目が発売された。日本での発売に合わせクリエイティブディレクターのクロエとジェイドが来日し、リリースパーティーを開催。
そこで今回、同じくクリエイティブディレクターのリリー=ローズが彼女たちの雑誌、そして女性たちへの思いについて語ってくれた。
Issue #3 of Badlands 777, the independent magazine for girls and by girls is coming out now. Chloe and Jade Lamb, the Creative Directors came to Tokyo on distribution of the new issue and held a release party.
Wooly interviewed with them and asked about their magazines and celebrating women.
  • badlands2
  • badlands1
  • badlands3
  • badlands4

 


  • JP
  • EN

Badlands 777はどのように始まったのか教えてください。

三人でなにかクリエイティブなことに取り組みたいという目的があって、まず2010年にブログを始めたの。それからすぐに、ヴィンテージの服を売り始めたのだけれど、イギリスでクールなヴィンテージを仕入れることがだんだんと難しくなってきたから、自分たちで服とアクセサリーのラインをデザインすることになった。ZINEを始めようという考えはすぐに雑誌へと膨らんで、最終的にはこれだけに集中しようと決めたわ。

どうして女性たちに注目するのですか?

女性たちはどんな業界でもあまりにもよく見過ごされてしまうし、ばかげた理由でいまだに男性の代わりとして生きている。他の女性たちの仕事を心からよく理解し称賛する女性として、私たちは彼女たちの才能を祝福する役割を担うことに努めているのよ。

雑誌に登場するひとたちをどのように選んでいるか教えてください。

私たちがずっとその取り組みを尊敬してきた人たちには、コンタクトを取って私たちの雑誌に参加することに興味があるか尋ねるの。たくさんのメールが送られてくる一方で、インスタグラムや記事、本、展示や友人を通して興味を持ったアーティストも多いね。個人出版でやっているから、内容に関してクリエイティブな支配を完全に握っていられるし、私たちが本当に称賛するために選んだ作品だけを印刷することが出来るわ。

最新号には日本からは茂木モニカが参加していると聞きましたが、彼女と仕事をすることになった経緯を教えてください。

私たちは長いことずっとモニカの作品のファンで追っていたの。インスタグラムを通して彼女に声をかけて、雑誌でコラボしないかと聞いたところ、とても乗り気だったわ。モニカは私たちのお気に入りの写真家の一人だから、彼女の作品を今号に掲載出来て嬉しいなんてところじゃない!

どうして最新号のコンセプトを、”Wake up. We’ve arrived. We’re changing the world.”(「目覚めよ。我々は到着した。我々が世界を変えているのだ。」)というものにしたのですか?

Badlands 777のクリエイティブディレクターのひとり、ジェイドがViv Albertineの伝記『Clothes, Clothes, Clothes. Music, Music, Music. Boys, Boys, Boys.』を読んでいたら、この特徴的な言葉があったの。私たちはこれに大きく影響されて、この言葉が私たちが作り上げていた第3号の内容に完璧に関連性があること、いま動いているものが社会的・政治的・独創的に達成されるようにとてもしっかりと熟考することで意見が一致したわ。Vivに連絡して彼女にこれを使ってもいいか尋ねたら、幸運なことに同意してくれた。

どうして東京で雑誌を売ることにしたのですか?

Marginal Pressのユミコ(大智由実子さん)が私たちの雑誌を東京で売りたいと思って連絡してくれたの。共通の友達であるヴァレリー・フィリップスがかなり助けてくれたんだと思うわ。私たちはずっと日本のユース・カルチャーに魅了されてきたし、東京、日本が大好き。

インスピレーションはどこから湧いてくる?

あらゆるところから。写真、音楽、ファッション、映画、アート、社会や政治の問題、女性、友達、ロンドン、人柄、インスタグラム、本、他の雑誌……リストはキリがないわね。

最後に、あなたたちの雑誌について、今後の展望はどのように考えていますか?

Badlands 777の精神に忠実になると、あんまり将来的な計画はないわ。私たちをインスパイアするものを日々、週ごとに、記録していきたいの。唯一確信していることは、これからもアートを介して女性たちを祝福していくことね。

Badlands 777
Chloe LambとJade Lamb、Lilli-Rose Baileyの3人組によるロンドン発のガールズマガジン。待望の3号目には日本からフォトグラファーの茂木モニカが参加し、Yuki Beniyaや水原佑果を撮り下ろしている。他にもArvida BystormやDafy Hagai、Richard Kernといったフォトグラファーが参加。SKINNY GIRL DIETやWarpaint、Wolf AliceのEllie RowsellといったアーティストやファッションデザイナーのPam Hoggらをフィーチャーしている。
http://badlands777.com/


Please tell us how you got around to start up Badlands 777.

With the intention of working on something creative as a three, we decided to start a blog in 2010. Soon after, we began selling vintage clothing, which led to us eventually designing our own line of clothing and jewelry as cool vintage clothing became increasingly difficult to source in the UK. With ideas to start a zine, which rapidly evolved into a magazine, we ultimately decided to make this our sole focus.

Why do you feature on girls?

Women are far too often overlooked, within any industry, and, for some nonsensical reason, are still living by an alternative set of rules to men. As women, who sincerely appreciate and admire the work of other women, we strive to play a role in celebrating their talents.

Could you give us some insight of how you choose people to appear in Badlands 777?

There are people whose work we have long admired, therefore contact them to see if they would be interested in contributing to our magazine. Some are brought to our attention through Instagram, articles, books, exhibitions or friends, whilst many email their submissions to us. As we are an independent publication, we have total creative control of the content, allowing us to print only the work we choose to celebrate.

We heard that Monika Mogi participated in the new issue. Please tell us the story about how you came to work with her.

We have been following and fans of Monika’s work for a long time. We approached her through Instagram to see if she wanted to collaborate with the magazine and she was keen. Monika is one of our favourite photographers so we are beyond happy to have her work in this issue.

Why did you set the concept of the new issue, “Wake up. We’ve arrived. We’re changing the world.”?

Jade, one of the Creative Directors of Badlands 777 magazine, was reading Viv Albertine’s biography, “Clothes, Clothes, Clothes. Music, Music, Music. Boys, Boys, Boys.” in which the phrase is featured. It had a profound impact on us, and we agreed it was flawlessly relevant in regards to what we were building the content of Issue #3 around and just reflected so accurately what is currently working to be achieved, socially, politically, and creatively. We contacted Viv and asked her if she would allow us to use it, and, fortunately, she agreed.

Why did you choose Tokyo as one of the distribution area?

We was contacted by the amazing Yumiko at Marginal Press who wanted to distribute our magazine in Tokyo. I think our mutual friend Valerie Phillips helped out a lot. We’ve always been fascinated by Japanese youth culture, we love Tokyo/Japan.

Where do your inspirations come from?

All kinds of places. Photography, music, fashion, film, art, social and political issues, women, friends, London, characters, Instagram, books, other magazines – the list is infinite.

What is the future vision of the magazine?

True to Badlands 777 ethos, there really isn’t that much future planning. We like to document what inspires us day to day week to week. The only future definite is to carry on celebrating females within the arts.

Badlands 777
London-based girls magazine by Chloe Lamb, Jade Lamb and Lilli-Rose Bailey. On Issue #3, Monika Mogi shot Yuki Beniya and Yuka Mizuhara from Japan. The popular photographers Arvida Bystrom, Dafy Hagai and Richard Kern contributed as well. SKINNY GIRL DIET, Warpaint, Ellie Rowsell from Wolf Alice, or Pam Hogg are featured.
http://badlands777.com/

(C) 2017 Wooly. All right reserved.