Bilingual Culture Magazine

The shining rookie spot TETRO


Text/Photo:Akio Sashinaka Translation:Yuka Shimayoshi



渋谷の輝くルーキー美容室 TETRO
The shining rookie hair salon TETRO in Shibuya

カルチャー好きな彼らの下にはユースカルチャーの核となる様々なアーティストが足を運んでいる。
今回はTETROのヘアースタイリスト森田さんに今後のことまで話を聞くことができた。
Those who go for culture gather up many artists at the center of youth culture.
TETRO’s hair stylist Kohei Morita told us his vision.

  • S__6430800
  • S__6422566
  • S__6422569
  • S__6430798
  • S__6430799




  • JP
  • EN

TETROがOPENするまでの経緯を教えてください。

TETROで働いている皆、以前同じ美容院をやっていたんですけど。自分たちのやりたいことが以前の会社だとできなくて。それで自分たちでやっていこうと考えました。若い時じゃないとできないことってあるじゃないですか。今の東京のシーンだとユースカルチャーがすごく盛り上がっている時で。独立をオーナーの舞人さんと話したのは2年前ですかね。店舗は渋谷の中でもカオスな感じは嫌だよねと話して歩き回って、パッと目についた今の場所にしました。

どういったアーティストを担当していますか?

ミュージシャンは never young beach, D.A.N., yahyel, ZOMBIE-CHANG, Maika Loubte, jan and naomi などが来てくださいます。TOTALFATの方や04 Limited Sazabysの方はグラフィックアーティストのVERDY君の紹介だったり。他にも役者さんだと、高良健吾君とか。モデルの方だと、琉花ちゃんやモトーラ世理奈ちゃん、エモン久瑠美ちゃん、エモン美由貴ちゃんなど。フォトグラファーだと嶌村吉祥丸くん、草野庸子さんなど。大勢の方が来てくださいます。

様々なアーティストが集まる理由はどのように考えていますか?

仕事に対するマインドが似ている人たちが集まって来てくれるかなって。本当にリスペクトできる人達って本質的なところが一緒。うーん。説明が難しいですよね。言語化できなくて。でも、グルーヴですよね(笑) グルーヴが生まれるっていうか。

1st anniversary party では様々なインディーズアーティストが出演していましたがどういった経緯で?

yahyel、never young beach、jan and naomi、D.A.N. 、みんな 僕が髪を切っていてお客さんとして来てくれているんですけど、もともとファンで。yahyelは、Mac DeMarcoの元ギタリスト、Homeshakeの来日公演のアクトで出ていたのがきっかけです。その後、渋谷のOrgan Barっていうキャパが20人くらいのところでyahyelのLiveを観に行きました。まだ音源も出していない時でしたね。やっぱり凄く格好良かったので、その場で美容院おいでよって声かけました。

足を運んで、知り合いになって、お店に来てもらっていたのですね。

運が良いというか、出会っちゃうんですよね。去年、僕ら社員旅行でFUJI ROCKに行っているんですけど、それまでjan and naomiっていいよとは聞いていても、音楽は聴いていなかったんですよ。FUJI ROCKに出演していることも知っていたんですけど見ていなくて。それで、たまたま通りかかった気になった人に声をかけたらその人が jan君でした。それもきっかけでしたね。よくよく聞いてみたらみんなが繋がっていたなんてこともありますね。

takako noelさんは写真集を、daigoさん(D.A.N.)は楽曲提供をして参加した企画についてお話を聞かせてください。

代官山蔦屋さんから直接、置かせてほしいと声をかけていただけました。写真展も開いて、その後お仕事をいただいたりもしました。その時の気分で自分たちのビジュアルを1年に1回2回形にできたらな、と考えています。

1st anniversary partyもそうなんですけど、ビジネスでない部分があったから、皆が集まってくれたんじゃないかと思います。ビジネス過ぎていないから良いと思ってくれたのかなって。よくTETROの皆とは、クリエイティブとビジネスの間を進もうと話しています。僕たちは、クリエイターの価値に対してお金を払いたいので、ビジネスもしっかりやろうと。それに、クリエイティブな事しかやりたくないとかだと、マスターベーションになってしまうじゃないですか。それはリアルではないんですよね。

アーティストにとってどんな存在でいたいですか?

まず僕らは完全にアーティストではないです。アーティストにはなれないし、なってはいけません。お客さんが主役なので。それが、僕らが主役になってしまうと、作品みたいになってしまってリアルではなくなってしまいます。出過ぎてもダメだし、出なさ過ぎてもダメ。小さいですけど、絶対になくてはならない存在というか。パズルのピースみたいな存在。

一番達成感を感じたことは?

達成感はあまりないかも。その感情はその瞬間でしかなくて、次にやりたいことが生まれるので浸らないですね。達成感は過去になってしまうから。むしろ常に焦燥感があります。やっぱり僕らってお客さんがいないと何も自分たちの良さが伝わらないので、絶対に飽きられないようにしたいです。そのためには、TETROという場所が面白い場所であり続けないとならないし、自分たちの技術も向上しないといけない。

学生の頃からヘアースタイリストをしたいと考えていたのですか?

高校3年生の時に初めて美容室に行って唐突になろうと考えました。それまで10年以上柔道をやっていて美容室に行ったことがなくて(笑) ファッションとか好きだったのでわかっている方だろうと思っていたんですけど、そこに行った時に自分ださいなと恥ずかしくなりました。音楽も聞いたことがないのが流れていて。それで、ヘアースタイルやってもらった時に凄い感動したんですよね。

店内は、Ryan Mcginley や Tim Barber, Chad Moore などのオリジナルの写真が掛けられていて、時間が空いた時には皆でYouTubeやSoundCloudを利用してひたすら音楽を探しているという。インタビューの合間にもオススメの映画やアーティストを笑顔で教えてくれた。

カルチャーが本当に好きなんですね!

本当に大好きですね(笑) 同時に僕らの強みはそこだと思っていて。経営する上で自分たちの美容室の価値を作るには、他の美容室との差別化が必要だと思うんですよね。そこでカルチャーを推していこうと決めて。東京には才能もあってセンスのある人が大勢いるので、その中で面白くいるためにはどうすればいいかなって考えています。

最後に、今後どのような活動を行うか教えてください。

面白い人達が陽の目を浴びられるような機会を作れたらいいと思います。次は5月中に新しいビジュアルを撮ろうと考えています。まだ確定はしていないのですが、来年か再来年あたり海外のフォトグラファーにもビジュアルを撮ってもらう予定です。でも、僕らの本質はサロンワークであって、それが僕らにとって一番のクリエイティブだと思っています。

美容室TETRO
〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町4−1

http://www.tetro-hair.com


What was the way of opening TETRO?

All TETRO staffs were working for the same salon, but we found it was difficult to do what we want to in the big company and decided to do by ourselves. There are somethings which can be done only when we are young and now is the era of youth culture in Tokyo. I started to talk about the separation with our owner, Maito about two years ago. We talked that the store location should not be busy even in Shibuya and walked a lot, and we happened to find that place.

Who is your customer?

Many musicians like never young beach, D.A.N., yahyel, ZOMBIE-CHANG, Maika Loubte, jan and naomi and so on visit us. VERDY, a graphic designer introduced us the members of TOTALFAT or 04 Limited Sazabys. Actors like Kengo Koura and models like Ruka, Serena Motola, Kurumi Emond or Miyuki Emond. Kisshomaru Tsutamura or Yoko Kusano are the photographers. Many artist who match with the genre of TETRO come to our place.

What do you think of the reason why various artists get together at TETRO?

I think the people who have the similar idea toward the work come to us. Those who I can really respect have the same essential quality. Um, it is difficult to explain, to verbalize. Anyway, it is a groove. We can make the groove.

Many indie artists appeared on your first anniversary party. How did they come?

They all -yahyel, never young beach, jan and naomi, D.A.N. are the customers I cut their hair, but I originally have been a fan of them. I found yahyel when they were the opening act of Homeshake’s japan tour, who was a guitarist of Mac DeMarco. After that, I went to see them at Organ Bar in Shibuya, whose capacity is only 20 people. They didn’t even release the audio source. Because they were very cool, I talked to them and invited to our salon there.

You go and get to know them by yourselves to make them come to your salon.

I am so lucky that I can meet the good artists. We went to FUJI ROCK as a company retreat last year, but I didn’t listen to jan and naomi at that time even though I heard their good reputation. I knew they appeared on FUJI ROCK, but I didn’t see them. The curious man I approached by chance was jan! That was the trigger. Later I knew that my friends know each other as well.

Please tell us about the project that takako noel offered the photo book and daigo from D.A.N. contributed music.

DAIKANYAMA TSUTAYA BOOKS directly offered us to stock the photo book or the CDs. We held the photo exhibition there, and after that we worked together again. I’d like to make our visual image happen once or twice a year.

It can be said on the 1st anniversary party, but all gathered because they were not so business. They liked us because we are not all for business. I talk with TETRO staffs that we should go the way between creative and business. Only to do creatively is like a masturbation. It’s not a real.

What kind of role do you want to play for the artists?

Firstly, we are not completely the artists. We can’t be and shouldn’t be the artists, because the customers are the main character. If we were the main, it would have been a piece of work, not the real. Not too much, not in shade. Or it may be a small but necessary role. It’s like a puzzle piece.

What brought you a feeling of accomplishment most?

I’m rarely receive a sense of accomplishment. I’m not overwhelmed because such a feeling lasts only for the moment and the next thing I want to do is emerged. Accomplishment become a thing of the past. I rather feel frantic. We can’t do nothing without the customers, so I don’t want to make them bored. TETRO itself always must be the interesting place, and we have to improve our skills, of course.

Did you think of becoming a hair stylist from when you were the student?

The first time I went to the salon was when I was a senior student, and I suddenly decided to become a stylist. I had been practicing judo before then, so I didn’t have to go. I liked fashion and felt superiority to the local people, but I found that I was not stylish then. There was a music I had never listened to. It was quite shocking for me.

There were the original photos by Ryan McGinley, Tim Barber and Chad Moore in the store, and the staffs look for the good music on YouTube or Sound Cloud together when they are free. He told us his recommended movies or artists with a smile.

You really like the culture!

Yes, I do! That is our strong point at the same time. We need to differentiate our salon from the others to evaluate it. So, we decided to push hard for the cultural things. There are many people who are talented and have good tastes in Tokyo, so I consider how we can be exciting among them.

Lastly, please tell us what your plan for the future is.

I want to make an opportunity that exciting people can get attention. I plan to shoot some new visual image in May. It is currently projected that I ask a foreign photographer to shoot the work next year or the year after. However, our essential quality is to work as the hair stylists, and this is the most creative approach for us.

Hair Salon TETRO
4-1,Uguisudanicho, Shibuya-ku,Tokyo,150-0032,Japan

http://www.tetro-hair.com

(C) 2017 Wooly. All right reserved.