Bilingual Culture Magazine

『The Beguiled』By Sofia Coppola

カンヌ映画祭 女性で史上2人目の監督賞受賞 ソフィアコッポラ最新作! 『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』
2018年2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか 全国公開
Sofia Coppola is the second woman to win Cannes director prize!
Her latest film “The Beguiled” will be released on 23rd February 2018 in Japan.

 


  • JP
  • EN


REVIEW

もし体育会系男子が、妖精とプチ魔女の森に迷い込んでしまったら……。
30歳そこそこで あの『ロスト・イン・トランスレーション』を、世に問い 見事オスカーの脚本賞をゲットした世界のガールカルチャーのセンスリーダー ソフィアコッポラが、遂に史上2人目の快挙をなしとげた。カンヌ監督賞受賞の『The Beguiled』がそれだ。
1860年代の南北戦争時代の北軍兵士と南部の女子学生宿宿舎の妖精が深くて美しい森で出逢うことから物語は始まっていく。
偉大な映画監督フランシスコッポラを父に持ち その代表作 『ゴッドファーザー』にも出演した血統書つきの才女、ソフィアは、
ヴァージン・スーサイズで女流監督として世界にその名を轟かせた。
ロスト・イン・トランスレーション、この名作を見て東京を目指し新宿のパークハイアットに滞在する世界中の恋人たちや旅女子は今もなお後を絶たない。
内容をスリラーと決めつけずに やはりソフィア節の”ガールミーツボーイ”として眺める手もある お洒落度と恋愛論の深ぼりはさすが。
父上は禁酒時代のギャングの世界でファミリーの絆と愛をえぐり出し豪華絢爛に見せたが、娘コッポラは、アメリカ内戦時代を舞台に淑女と兵士で男女のリアルを耽美的に激しく炙り出す。
撮影全てにフィルムを使い自然光とロウソクで耽美な映像美を作り出したソフィアと撮影のフィリップ・ル・スールは黒澤明の羅生門にインスパイアされ カメラのレンズにもヴィンテージを使用したという。
起こりえないはずの危機的状況でこそ本質的なものが写しだされていたときの男女の真実って残酷?それとも究極のユーモア?あなた自身でソフィアの答えを感じてみて欲しい。

■The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ
2018年2月23日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開

監督:ソフィア・コッポラ
キャスト:ニコール・キッドマン
     キルスティン・ダンスト
     エル・ファニング
     コリン・ファレル
上映情報 2017/アメリカ/93min
原題:The Beguiled 
提供:東北新社 
配給:STAR CHANNEL MOVIES、アスミック・エース
(C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

公式サイト
http://beguiled.jp/

Text: Masato Tsuruta
Translation: Yuka Shimayoshi


REVIEW

What if a virile young man wanders in a forest of fairies and a petit witch…?
A top leader of girl culture in the world, Sofia Coppola, who won an Oscar for the Original Screenplay of “Lost in Translation” in her early thirties, has become the second female director in the film history to achieve such a brilliant feat. “The Beguiled” brought her the award of best director at Cannes this year.
The story begins with an encounter in the dark, beautiful forest of a corporal in the Union Army and a ‘fairy’ of a girls’ school in Virginia during the American Civil War in 1864.
A talented woman Sofia, who has one of the greatest director Francis F. Coppola as a father and appeared in his masterpiece “The Godfather”, gained a reputation as a female director in the world with “The Virgin Suicides”.
Many lovers and girl travellers in the world still visit the hotel Park Hyatt in Shinjuku after watching “Lost in Translation”.
There is a way to see the film this time not only as a thriller but also as a ‘girl meets boy’ story, which is her specialty with the deep description of fashion and love.
She describes the real relationship between a man and a woman with aestheticism and intensity through a soldier and ladies during the Civil War, while her father gorgeously showed a gangster family’s bonds and love during Prohibition.
Sofia and Philippe Le Sourd, a director of photography, got scenes on a film with a sunlight and a light of a candle to create aesthetic images and used vintage lenses inspired Akira Kurosawa’s “Rashomon”.
Is the truth of sexual relations cruel when an essential thing is on film under a critical circumstances which should never be happened? Or is this an ultimate humour? Please find out Sofia’s answer yourself.

■The Beguiled 

Directer : Sofia Coppola
Cast :  Nicole Kidman
    Kirsten Dunst
    Elle Fanning
    Colin Farrell
Information:2017 /America/93min
Presents : TOHOKUSHINSHA FILM CORPORATION
Distribution:STAR CHANNEL MOVIES,

Official HP
http://beguiled.jp/

Text: Masato Tsuruta
Translation: Yuka Shimayoshi

(C) 2017 Wooly. All right reserved.