Bilingual Culture Magazine

YOSHIROTTEN exhibition “FUTURE NATURE”

Text:Mariko Idehara
Translation:Yuka Shimayoshi
Photo:Ryuta Seki


世界で活躍するグラフィックアーティストYOSHIROTTENの初となる大展覧会を大解剖!「見えないものの可視化」とは?
Getting under the skin of graphic artist YOSHIROTTEN big exhibition, the first in his international career! So what really is ‘Visualization of invisible things’?

 

 


  • JP
  • EN


「今回の開催に至った経緯を教えてください」
5年前に西麻布のCALM & PUNK GALLERYで個展をやらせていただきました。その時にGAS BOOK28号目で出させて頂くことになって、そのタイミングで個展も開くことになりました。前回の個展『PUDDLE』は、水たまりに映り込んだ景色という、よくファンタジーな映画などで「水たまりに映った姿が違う」とか、「景色が変わって見える」とか、そういうところを一つのテーマにして、作品作りを始めたのがきっかけになっていますね。ずっとやってきた中で大きなテーマみたいなものがそこで出てきて、それが今回の作品に描かれている「見えないものの可視化」というものなんです。それから、作品を制作したり、ロンドンやベルリンなどで発表をしたりZINEを作っていたりしていました。それをじゃあもう一回東京でやるとなった時に、このテーマでやるなら作品を見せる上でもっと大きい所でやらないとできないなと思って、ずっと前からファンだったTOLOTでやりたいと思い、一年半前からの交渉を経て今回の開催に至りました。

このように大規模な場所になることで、普段の制作と異なった点はありますか?
やはり時間もお金もかかるし、大きさも数も何もかもが大変でした。TOLOTが決まった時点で、今回のように1の部屋、2の部屋、3の部屋と回る展示の仕方にしようと考え、その部屋ごとに何ができるかを探っていったり作っていったり。立体作品はうちでやれない範囲の大きさだったので、外注することもありました。結局ここに展示しなかったものもあり、キグラフィックのキャンバス作品に関するものだと、グラフィック作品は200個くらい作っていて、その中で絞ったものをそこに置いたり、流用していったものが映像作品(ⅱ.宙の窓)だったりとはめていきました。

今回のテーマである、見えないものの可視化、に興味をもったのはなぜですか?
ひとつのきっかけみたいなものでいうと、いわゆる光の線、可視光線、みたいなものですね。見えている今の現実、例えばシルバーの椅子だったり、四角い机という形だったりするのは全部その光のおかげで見えているものなんです。でも空気中にはもっといろんな光の線が実は存在していて、例えば赤外線だったりとかX線とかっだったら目には見えない中身が見えたりするじゃないですか、そういうふうに、光の線っていうものが実際宇宙の中にあって、それでみると、こうやって普段あるものじゃないものが出てきたり、色が違ったり新たな形が出てきたりすることがあるといわれているんです。そこからそのような違う光がどうなるのか、ということと、こう見えている世界が全てじゃないんだよっていう定義的なものがあるからですね。

平面や立体といった様々な媒体を使うのは、先ほど言われた情報のインプットの部分で情報を可視化するということからですか?
そうですね、このⅰの部屋のテーマである「光の記録」では、入ってきた光を読み込みそれを見せる、読み込んで記録して書きだして飛ばす、みたいな部屋で、そうすると全部平面で表現することはできなくて。だから、読み込みの柱だとかスキャナーだとか、書きだされたような巻物があったりします。また、宇宙に実際に本当にもっていけるような素材のものなどを制作しました。なかでも象徴的なものが「FUTURE NATURE盤(ボイジャーレコードに捧ぐ)」という作品です。昔ボイジャーという、衛星にレコードをいれて宇宙に飛ばしていたものが実際にあるんですが、それへのオマージュも。

それでは、ⅰでインプット、ⅱでアウトプットをしてⅲで最後形にするという流れで展示されているのですか?
そうですね、インプットアウトプットして、「ⅲ.記憶の彼方」では逆に放たれている状況なのか、それを受け取った人がこちらのほうへと逆に来ているのか、浮遊している感じで、ここはむしろ体感、体験している状況に。その3点作が今回のひとつの流れです。

今まで見たことのない景色というコンセプトは、今までの概念を基に再構成して作られたものですか?それとも一回それらの概念を捨てようとしてできたものなんですか?
捨てようとしてはないです。インスピレーションの基だったりとか、ここでの体験みたいなことはⅲの作品の14分間にあるんです。そこで14分まるまるみて終了、というよりは、とあるそのなかの一部を切り取った14分だし、人によっては1分しかいないかもしれないし、そういうときに、ここに関しては作品というよりはちょっと足を踏み入れてくれればいいぐらいという感じではありますね。

インスピレーションはどこから得ていますか?
見ているもの全てがそういうインスピレーションであるのかと。特に、音楽を聴いたりすることですかね。全ジャンル様々な音楽を聴きます。この前のレセプションの時にロシアから呼んだ女の子のアーティスト “Maria Teriaeva”はエクスペリメント(実験的)なミュージックというか、そういう曲は最近レコードもすごく買っています。最近はあまりビートがないものを聴いていますね。

今回販売されているカセットの音楽も印象的でした。
3の部屋で鳴っている音楽で、元々「YATT」というDJユニットをやっていて、その相方が曲を作っています。水の音やスキャナーの音も入っています。今回のグラフィック作品などは、全部自然の景色とか撮った写真、昔の本や資料として持っていたものをスキャニングすることからスタートしているんです。それは実際遠くにいって写真を撮ったものから、石をもってスキャニングしたものなど。また、ハンドスキャンドルでスキャンしたり、あとは昔の本、普通に資料としてもっていたものをスキャニングしてそれをコラージュしたり、という作業が一回ありましたね。それと同じく、音楽もフィールドレコーディングしたものをコラージュして作っています。

今後の展望を教えてください
今回のこの作品作りの方でいうとやっとパッケージングがひとつできるので、今後制作が予定されている今回の展示の図録をもってまたこのセカンド、サードとやっていきたいです。展示の図録は、今考え中ですが、いきたかったなっていうものにしたいわけじゃなくって、この展示をみたときと同じような感じになってもらえればいいかなっていうので作っていくと思います。
また、フィールドアウトみたいなこともやりたい。デザインワークは変わらずなにか新しいことをしていけたらいいと思います。

YOSHIROTTEN 
東京をベースにするグラフィックアーティスト、アートディレクター。
1983年生まれ。魚座。グラフィック、映像、立体、インスタレーション、音楽など、ジャンルを超えた様々な表現方法を用い、自然そしてまだ見ぬ未来の景色を主題とした作品を制作している。主な個展として、不思議な板を透過して現れる世界を描いた「ABYDOS」(東京 2012年)、水たまりに映った景色を、グラフィックとインスタレーションを用いて描いた「PUDDLE」(東京 2013年)、浮遊し重なりできる未来を描いた「FLOATING FUTURE」(ロンドン 2015年)などがある。また、グループ展「As We Colide」(ベルリン 2014年)にも参加している。グラフィックアーティストとして活動する傍、著名ミュージシャンのアートワーク製作、ファッションブランドへのグラフィック提供、企業、ブランドなどの広告製作、店舗空間デザインなど、アートディレクターとしても活動している。
http://www.yoshirotten.com/

『YOSHIROTTEN Exhibition 「FUTURE NATURE」』
日時:2018年3月10日(土)~3月29日(木)
3月22日(木)〜3月29日(木)は開催時間を21時まで。日没からはスペシャルプログラムfuture nature ”Night Version”
会場:東京都 東雲 TOLOT heuristic SHINONOME
料金:1,000円(ポストカード付き) ※未就学児は無料
主催:YAR
協力:株式会社TOLOT/GAS AS I/F/株式会社八紘美術/株式会社レーエ
機材協力:株式会社映像センター/Pioneer DJ 株式会社/FRAMED*


Would you tell me the process until this exhibition?
I held an exhibition at CALM & PUNK GALLERY in Nishi-Azabu five years ago, and at the same time I was introduced on Gas Book vol.28. That exhibition called ‘PUDDLE’ was initially started when I worked on with the theme that is the scenery reflected on the surface of a puddle, which can be described, in the other words, as that you can see a different appearance or a world in a water like a fantasy film. I found my general theme as I created my works for a while, which is ‘visualization of invisible things’, seen in the works this time. Then I had been working on new art works, had opportunities to exhibit in London and Berlin, and made a zine. When I started to think about showing my works within this theme in Tokyo again, I wanted to have an exhibition at the more spacious gallery. I have been a fan of TOLOT for long and talked to them for one and a half year until this time.

Is there anything different when you created art works for the bigger exhibition?
Of course it took more time and budget to create the bigger and many more works. At the time it’s confirmed to exhibit at TOLOT, I came up with the idea that audiences walk through the first, the second and the third room, and I had to consider what I can do in each rooms and make it happened. Because the three-dimensional objects were so huge that I couldn’t create all by myself, I sometimes had to order to some outside creators. There were also some things that didn’t end up in the exhibition. For example I made about 200 graphic art works, and of them I narrowed it down to some of the graphic canvases to exhibit, while some other ones you can see in the videos played at the exhibition (ii. The window of space).

Why did you get interested in the theme ‘visualization of invisible things’?
The first trigger was a ray of light or a visible ray. We can see real objects, for example a silver chair or the shape like a four-sided table, thanks to the visible rays of light. But there’re many other rays in the air such as infrared rays or X-rays which can see something that human beings can’t. Like that, it is said that we can see something outside of our reality or different colors or shapes with the ray that exists in this universe. I wanted to try to put into definition that the world that we are seeing at this moment, is actually not it all, there is more to it.

Is the reason you use different media of two or three dimensions in order to visualize the information of what you wanted to express?
Definitely, with a theme of the room i, ‘a recording of lights’, this room shows the lights installed and then showed, or installed, recorded, extracted and sent, and it is difficult to express all these processes on a plain surface. So I introduced a pillar to install the lights or a scanner, and a rolled paper to extract. I also created some works with the materials which can be brought to the space. Especially the work called ‘Future Nature disc –dedicated to voyager records’ is very iconic. There used to be ‘voyager’ which they put record discs in a satellite and launched it into the space, so I made it as an homage.

Then, is this the flow that you input in the room i, output in the room ii, and embody all in the room iii?
Yeah, after both inputting and outputting, in the room iii ‘beyond the memory’, it is unsure whether it is released or … It is more like floating, and the audiences can experience themselves.

Did you rebuild the concept ‘the scenery never seen before’ based on the general ideas you’ve acquired before? Or is it from when you tried to throw them away?
I didn’t try to throw away the general ideas. The wellspring of my inspiration or my experience can be found in the 14-minute work in the room iii. It is not over after 14 minutes, but this time is just a part of something, or for some people it seems only a minute. It is rather something to step in a bit than the art work.

From where do you get the inspiration?
I think everything I see is my inspiration. Especially listening to music is one of the important things for me. I like any kinds of music. Maria Teriaeva, a girl artist whom I asked to come to the reception party from Russia, plays experimental music, and I buy vinyls of that kind of music. I prefer off-beat ones these days.

The music of cassette tape sold here is also very impressive.
This is the music from the room iii, by my buddy of a DJ unit called YATT I’m originally associate with. It also consists the sound of water or a scanner. All the works such as graphics are started with scanning the materials such as photos of scenery or the copies of books. Sometimes I went fat to take pictures, and sometimes I had to hold a stone to be scanned. As this, I make a music track with a collage of recordings in many fields.

Finally, would you tell me your perspective of future?
I could finish one set of works within the theme and the way this time, I’d like to continue this series on a record book of this exhibition that I’m thinking to publish now. I don’t want it to be something that makes the audiences feel they wanted to visit this exhibition, but that makes them feel the same as when see it. I also think about taking on a field trip again. In regards to designing works, I’ll continue to create and try something new.

YOSHIROTTEN 
YOSHIROTTEN is a graphic artist and art director based in Tokyo. Born in 1983, he works in many fields such as graphic design, illustration, sculpture, installation, music and more showing his interest in nature and the unknown landscape of future.
His main solo exhibitions consist of ‘ABYDOS’ (2012, Tokyo) which is a work he expressed of a world which appears through a mysterious plate, ‘PUDDLE’ (2013, Tokyo) a graphics and installation expressing the scenery which appears in a water of puddle, and ‘FLOATING FUTURE’ (2015, London) depicting a floating future which overlaps and appears. He also participated in a group exhibition titled ‘As We Collide’ (2014, Berlin).
In addition to his work as a graphic designer, he is also active as an art director by creating art works for famous musicians, providing graphics for fashion brands, planning and creating advertisements for various brands as well as space designing for stores.
www.yoshirotten.com/

『YOSHIROTTEN Exhibition 「FUTURE NATURE」』
DATE:10, 2018 (Sat.) – March 29 (Thur.)
From 22th to 29th of March, the exhibition is open until 9pm. After sunset, the special program FUTURE NATURE Night Version is showed.

Venue:TOLOT heuristic SHINONOME, Tokyo
Admission Fee:1,000 yen (including a postcard) *Free admission for preschool children
Organized by: YAR Inc.
Cooperated by: TOLOT Inc. / GAS AS I/F / Hakko Bijyutsu Co. Ltd. / RE-E:CO., Ltd.
Equipment Cooperation by: Audio Visual Communications Ltd. / Pioneer DJ Corporation / FRAMED*

(C) 2018 Wooly. All right reserved.