Bilingual Culture Magazine

Group Photo Exhibition “Magic Moment”


text/ translation:Makoto Kikuchi

国内外若手写真家によるグループ展。東京・西小山で開催。

空白(横)

  • JP
  • EN

写真展 “MAGIC MOMENT”

東京・西小山にあるギャラリーWAREHOUSEにて、若手フォトグラファーによるグループ写真展が行われます。

出展アーティストは、 モデル/スケーター/マルチメディアアーティストとして活躍しているサンディエゴ在住Julian Klincewicz、単身渡米を経てUrban Outfittersのカタログを撮影したAnne Yano、1998年生まれの超若手フォトグラファー Sayuri Murookaの3名。新作展示となります。

会期:
6/17(金)-7/17(日)
11:00-18:00

Opening Reception Party
6/18(土) 17:00-21:00

出展アーティスト:
Julian Klincewicz

Sayuri Murooka

Ann Yano

<トークショー>
6/18 18:00~ ※予約不要

『Fashion Editorial Photography』
Mariko/Jasmine ZINE編集長×Anne Yano/写真家×Sayuri Murooka/写真家

自身もモデル活動を続けながらJasmine ZINEの編集長を務めるMarikoさんをお招きしてのトークショーを開催!
「編集者」としての視点から切り込む写真談義をお楽しみに!

会場:
WAREHOUSE
〒152-0011 東京都目黒区原町1-19-15 1F WAREHOUSE

アーティスト情報
Julain Klincewicz(ジュリアン・クリンスウィックス)
シカゴ生まれサンディエゴ育ちの若手スケーター。 その才能はスケートだけに留まらず、ビデオグラファー・ライター・アーティスト・ミュージシャンとしての活動もしている。 19歳を迎えた今年、旅や自身の手掛ける様々なプロジェクトの為に、大学へ進む前に1年間のオフをとった。 現在手掛けているプロジェクトは、彼のバンド”LUBE”のアルバムとシングルのリリース、彼がデザインする”minosa podica”というアパレル ブランド、詩集の出版、そしてモデル活動。 モデルとしては、エディ・スリマンやKinfork Magazineをはじめ、日本のブランドであるUNUSEDやSOPHのカタログや広告モデルも務める。

Sayuri Murooka (室岡 小百合)
神奈川県出身、1998年生まれのフォトグラファー。独学で写真活動を始め、ジョン・ガリアーノやアレキサンダー・マックイーンなど多くの著名なファッションデザイナーを輩出したことで知られる、ロンドン芸術大学にて単身短期留学を経た。フォトグラファーとしてだけでなく、Wooly Magazineの雑誌編集や翻訳など活動の幅を広げている。被写体とのパーソナルな関係性が垣間見える、暖かみのある作風に定評がある。

Yano Ann (矢野 杏)
福岡生まれ東京育ちのフォトグラファー。高校卒業後、単身留学でロサンゼルスへ。Urban Outfitters/Space 15 Twentyのオフィシャルブロガー・ルックブックフォトグラファーを経て、現在フリーランスフォトグラファーをして活動中。

Photo exhibition “MAGIC MOMENT”

A group exhibition of young photographers will be held at Gallery WAREHOUSE in Nishikoyama, Tokyo.

In this exhibition, the following 3 photographers are going to exhibit their new works which haven’t published yet; Julian Klincewicz who is a multi-artist based in San Diego, Sayuri Murooka who is 18 years old, and Anne Yano who is a free-lance photographer just came back from L.A.

Come and see their creative photographs!

Term:
17 June(Fri.)-17 July(Sun.) 2016
11:00-18:00

Opening Reception Party
6/18(Sat.) 17:00-21:00

Artists:
Julian Klincewicz

Sayuri Murooka

Anne Yano

<talk show>
6/18 18:00- *reservation is not needed

『Fashion Editorial Photography』
Mariko/Editor in chief of Jasmine ZINE × Anne Yano/Photographer × Sayuri Murooka/Photographer

Mariko works as the editor in chief of Jasmine ZINE besides modeling job.
Don’t miss this chance to think of “editorial photography”!

place:
〒152-0011 1-19-15 1F WAREHOUSE, Haramachi, Meguro, Tokyo

Julain Klincewicz
Born in Chicago, and grew up in San Diego, USA. He is a skater, but also he work as a videographer, writer, artist, and musician. This year, he turned 19 years old, and before entering a college, he took a gap year to travel around the world and to start some creative projects. Currently, he’s going to release a new album and a single CD of his band “LUBE”. Also, he is producing his own fashion brand “minosa podica”, publishing a poem book, and working as a model. As a model, he worked for Hedi Slimane, Kinfolk Magazine, catalog of japanese fashion brand UNUSED, and etc.

Sayuri Murooka
Born in 1998, Kanagawa, Japan. She studied photography in University of the Arts London and has started her career as a photographer since 17 years old. Currently, she is working as not only a photographer but also as a magazine editor and translator for Wooly Magazine.

Yano Ann
Born in Fukuoka, and grew up in Tokyo, Japan. After graduating a high school, she moved to Los Angels by herself. She worked for Urban Outfitters as a photographer and Space 15 Twenty as a official blogger. Currently, she is working as a freelance photographer.

(C) 2017 Wooly. All right reserved.