Bilingual Culture Magazine

Interview with MELISSA LA O’

Text: Mariko Idehara
Translation:Zara Alice Hinton

「自分の直感に従って、冒険しなくちゃね。」と微笑みながら話す姿が印象的の彼女は、マニラ出身のアーティスト、メリッサー・オーだ。今月11日からCLEAR EDITION & GALLERYで始まる日本初個展。今回は、来日したばかりの彼女にインタビューを行った。

 


  • JP
  • EN


メリッサさん、東京で展示するのは初めてですね、東京のアートシーンにどのような印象を持たれていますか?

はい!東京と言って思い浮かぶのは村上や草間彌生といったイメージ。だけど東京に来た時、原美術館で開催されたエリザベス・ペイトン展やBlum&Poeであったユルゲン・テラーの展覧会などを見に行ったの。アートはだいぶ西洋に影響されていると思ったわ。日本のアートシーンはちょっとポップで、ストリートだと思う…ちょっとクリシェに聞こえてしまうけど…

西洋の影響というと、メリッサさんはアメリカで建築を勉強していましたよね?

そう、大学はLAで大学院はNYだったから、教育はほぼ完全に西洋だった。すこし葛藤したわ。

なぜLAのSCIARCで建築を学ぶことになったのですか?

実家の近くに美術館があって、そこで絵を描く練習をしたり作品を展示していたの。でもしばらくして、もう絵画はいいや、建築に挑戦しよう、と思ったの。最初はフィリピンで勉強していたけど、教育システムが抑圧的すぎて。LAへ行ってみたら、素晴らしかった!そこの学校が大好きだったの。10学期そこにいて、そして大学院のためにNYに行ったわ。

フィリピンのマカティ市に住んでらっしゃるそうですが、自然をモチーフとした作品が多いですね。

窓からの景色を見せてあげるわ!(隣のアパートしか見えない窓を指して彼女は言った。)
この都会から逃避するために、作品を作っているみたい。都会で育って今でも都会に住んでいるのにね。実は都市は少し苦手だけど、育ったところも今住んでいるところもそういう感じで、何より仕事のためにここに住み続けてるわ。もし田舎に住んだら、3日間も電気が使えないと思うし!でも息抜きのためによくビーチには行くね。

あなたの作品を見るとあたたかさを強く感じます。それはあなたの住む場所の影響ですか?

暖かいというよりここは暑いわ!よく言われる通り、マニラはあたたかい都市で、人々も表現豊かで、親切なの。私も支えになってくれる人々に囲まれているわ。だからいつもそのあたたかさに対して憧れをもっているし、作品にもそれが現れているのだと思う。自然や人々から得ることができる心地よさやホッとするものを。

油絵作品を作るようになったきっかけは?

16歳から油絵を描いていて、色々実験するのが楽しかったの。油絵って、物質的に面白くて色々なことが出来るの。粉末状の大理石を混ぜて白亜色の塗料を作ったり。気が変わればそれに何度も描き直せる!

1番好きな風景はなんですか?

トロピカルなイメージはとても魅力的だと思ってたの、エキゾッチクで。私でさえね。だけど、実際に熱帯へ行くと恐ろしいわ!暗くて色はないしね。ビーチとかいいところもあるけど。バイエリン(ドイツ南部)の田舎やイギリスの田園も好き。どこも素晴らしかったけど、やっぱり熱帯は勉強するにはとてもよかったと思う。

今回展示をやろうとしたきっかけは何?

私はいつも自然を描き、自然に対して問いかけていたの。私は自然にある理想的場所を描いていて、内容はいつもパラダイスと神話学に関してよ。Edenと一緒に私はいつも、逃げ場やパラダイスについて考えていた。催眠中にこの名前が浮かんだの!作品はいろんなところからヒントを得ているわ。ーディスコでも!

最後に、東京で展示を開催するってどんな気分?

もちろん、緊張しているわ。東京は都会だけど、私の作品は自然と色についてだから。でもそれと同時にとっても楽しみ!この作品はとっても楽しみながら制作したんだもん!

■Melissa La O`個展「EDEN」
[Opening Reception]

日時:2017年11月10日(金)
19:00-21:30
会期:11月10日(FRI)〜12月2日(SAT)
OPEN:TUE-SAT /11:00〜19:00
Closed on SUN,MON,Holidays
会場:CLEAR EDITION & GALLERY
東京都港区六本木7-18-8 2F
(日比谷線六本木駅より徒歩2分)

http://www.clearedition.jp/web/2017-nov-melissa-la-o-3201.html


Melissa, this your first time exhibiting in Tokyo, what’s your impression of the art scene here?

Of course, in your head you have this idea that it’s all Murakami and Yayoi Kusama. When I came to Tokyo last, I saw the Elizabeth Peyton show (Hara Museum). Jeurgen exhibition at Blum & Poe. Art has always been historically western. Art does come from a Western world and constructs. My impression of the Japanese art scene is that it’s a bit pop, and a bit street – though it’s so cliché to say.

Speaking of Western influence, you studied architecture in America?

Yeah, I studied for undergrad in LA and went to grad school in New York, so my education is almost completely western. It gets a bit conflicted.

What then made you decide to study architecture in LA?

There was a museum down the street from my family house where I was learning to paint and showing my work. But then I thought I’m done with painting, maybe I can try architecture! I started studying here (in the Philippines) but again it was too repressive. So I went to LA, which was amazing! I loved my school there, I was there for 10 semesters then I went to NY for grad school.

You live in Makati city in the Philippines now, but nature motifs are so present in your work?

Let me show you what’s outside my window! (The only view from the window is the neighbouring tower block). It’s almost like I do my work to escape this city.
Cities freak me out in general, but I live in one and grew up in one. I stay here for work, if you live in the provinces you might not have electricity for three days! I go to the beach a lot, it’s a kind of relief.

Looking at your work you do get a strong sense of warmth, is that because of your location?

It’s not warm here – it’s hot! And it’s said that Manila is a warm city and the people are expressive and kind and I’m surrounded by people that are extremely supportive. So I think that warmth comes from wanting to have it all the time. Cosiness and comfort and security that you can get from nature, and people.

When did you start using oils in your work?

I’ve been oil painting since I was 16, and I enjoy experimenting with it. It has such a physical property and there’s so much that you can do with it; mix them up with marble dust, make them chalky – and you can always paint over it! You can change your mind!

In nature what is your favourite scene?

I thought the tropical image was really cool, it seems so exotic – even for me – but then you actually go into the jungle and its harrowing! It’s dark and there’s no colour! There are nice elements of the tropics – like the beach. I also enjoy the Bavarian countryside, and the English countryside is wonderful. Anywhere is good with me, but I thought the tropics is a good thing to study.

What triggered you to start this current exhibition?

I always painted nature and I’ve always questioned it. I’ve been painting these idealised places in nature, and it’s always been about paradise and a kind of mythology.
With Eden I was always working on escapes and paradise. The name came to me whilst under hypnosis! The work comes from so many different sources – even disco!

To end with, tell us how you feel about exhibiting in Tokyo?

Of course, I’m nervous. Tokyo is a city and my work is about nature and colour. But at the same time there’s a lot of excitement. I had so much fun creating this work!

■Melissa La O` Solo exhibition ‘EDEN’
[Opening Reception]

Date:10 November 2017
19:00-21:30

Tarm: 10 November – 2 December 2017
Open: Tue-Sat: 11am-7pm
Location: CLEAR EDITION & GALLERY, Tokyo-to, Minato-ku, Roppongi 7-18-2 2F (A 2 minute walk from Hibiya Line, Roppongi station)

http://www.clearedition.jp/web/2017-nov-melissa-la-o-3201.html

(C) 2017 Wooly. All right reserved.