Bilingual Culture Magazine

『Basquiat and NY Artists』EXHIBITION by Roland Hagenberg

Text: Sawa Kamishima
Translation:Yuka Shimayoshi

ローランド・ハーゲンバーグによるポートレイト展「バスキアとNYアーティストたち」が福岡・三菱地所アルティアムで開催中!
The exhibition “Basquiat and NY Artists”, focusing on portraits by Roland Hagenberg is now held at Mitsubishi Estate Artium in Fukuoka.


  • Jean-Michel Basquiat
    ©︎ Roland Hagenberg

 


  • JP
  • EN


80年代のアートシーンを彩り近年ますます作品価値が高まっているジャン=ミシェル・バスキア。彼の制作風景を写したローランド・ハーゲンバーグによるポートレイト展「バスキアとNYアーティストたち」が福岡・三菱地所アルティアムにて10月21日(日)まで開催中。

スクール時代からSAMOと名乗り街のいたるところにラクガキを始めたバスキア。
彼の作品は多方面から評価されることとなりアート界のスターの仲間入りを果たすが、
ドラッグの過剰摂取により27歳という若さでこの世を去ってしまう。

「仕事をしている間、芸術について考えることなんてないよ。人生について考えているのさ。」と生前言葉を残している。

ポートレイトはアウトローではなく80年代NYのリアルと彼の置かれた環境に対しての繊細な心情が
力強いタッチで描かれる姿が鮮明に映し出されているように思えた。

彼の貴重な制作風景やインタビュー映像、自然なショットから
アーティストとしての生き様や心揺さぶられるパワーを感じてほしい。

■Roland Hagenbergプロフィール
ライター、フォトグラファー、映像クリエイター。オーストリア生まれ。
『VOGUE』、『Architectual Degest』などに記事や写真を多数寄稿。80年代、多くのアーティストとコラボレートし、ニューヨークのアート界をビジュアル化する出版プロジェクトに関わる。ビデオ・ドキュメンタリーの監督・制作にも意欲的に取り組むなどのマルチクリエイターである。2010年に立ち上げた、作曲家フランツ・リストの生誕地オーストリアのライディングにマイクロハウスを建築する「raiding project」では、オーストリア政府観光局より最優秀革新賞を受賞。最近は「ジャン=ミシェル・バスキア:ローランド・ハーゲンバーグによる写真展」を始め回顧展で、ハーゲンバーグが撮影したバスキアのポートレイトが展覧会のメインビジュアルやカタログの表紙などに使用されている。


©︎ Robert Fischer

■「バスキアとNYアーティストたち Roland Hagenberg 写真展」
会期:2018年9月8日(土)~10月21日(日) 10:00-20:00
会場:三菱地所アルティアム 福岡市中央区天神1-7-11イムズ8F
artium.jp

休館日:10月16日(火)
入場料:一般 400円/学生 300円/高校生以下無料
    再入場不可、アルティアムカード会員
イムズカード(三菱地所グループCARD)会員無料

The value of works by Jean-Michel Basquiat, who led the art scene in the 80’s, is now more and more heightened.
The exhibition of portraits of him by Roland Hagenberg, “Basquiat and NY Artists”, is now held at Mitsubishi Estate Artium in Fukuoka, until 12th October, Sunday.

Basquiat started paintings on streets under the name of SAMO while he was still in a school.He started to gain popularity from various people and became a star in the art field, but passed away because of overdose on drugs at the age of 27.

“I’ve never considered art while I’m working, I think about the life,” he said before his death.

The portraits vividly captured that he was powerfully drawing the reality of NY in the 80’s and his sensitive emotion reflecting surroundings, not an outlaw of himself.

You can find his emotional power and the way he lived as an artist from valuable interview videos and pictures.

■ Roland Hagenberg
Writer, artist and photographer grew up in Vienna, Austria.
His essays, travel reports and interviews are published in international publications such as VOGUE or Architectual Degest. In the 80’s, he collaborated with many artists and was involved in the punishing project to visualize the art industry in New York. He can be described as a multi-creator, eagerly making and directing videos and documentaries. Roland initiated “Raiding Project” in 2010 to build experimental guesthouses with Japanese architects at Franz Liszt’s birthplace in Austria, and received the Best Innovation Prize from Austrian National Tourism Office.
Recently his portrait of Basquiat is featured as a main visual or on a catalog cover, for the exhibitions such as “Jean-Michel Basquiat: photo exhibition by Roland Hagenberg”


©︎ Robert Fischer

■“Basquiat and NY Artists -Photo exhibition by Roland Hagenberg-“
Date: 8/9/2018(Sat.)-21/10/2018(Sun.) 10:00-20:99
Place: Mitsubishi Estate Artium 8F, 1-7-11, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka city

Close on 16th Oct (Tue.)
Admission: Adult ¥400 Student ¥300 Free under high school students
No reentry, free if you have a Artium card or a Ims Card (of Mitsubishi Estate group)

artium.jp

(C) 2018 Wooly. All right reserved.