Bilingual Culture Magazine

『Beyond』EXHIBITION & TALK SHOW by MOE NAKASE

Text: Ben Dague
Translation:Stefania Maria


画家、中瀬萌の個展 “Beyond”が 六本木・CLEAR EDITION & GALLERYにて開催中!
オープニングトークショーでは、マガジンハウス取締役編集局担当の石渡健文氏との対談で大盛況のうちに終わった。
ニューヨーク、ブルックリンでの個展も成功させた彼女の作品を是非ご覧ください。

 


  • JP
  • EN

いろんな意味で、中瀬萌の作品は夢のように感じられる。彼女の絵は、キャンバスの上でねじれ、渦巻き、混ざり合う様々な色を特色としており、それは誰かが迷い込んでしまうような、スモーキーな空間を生み出している。彼女の作品は同じような手法で描かれているが、それぞれの絵には生々しい感情が伴い、一つとして同じものは存在しない。それは、中瀬が彼女自身の中に深く入り込み、彼女の精神の一部を引き出し、みんなが目にできるようにギャラリーの壁に配置したようだ。

彼女の作品を見ると、中瀬は深刻で厳粛な人物であると想像してしまう。しかし、彼女に会うと真反対の真実がすぐに明らかになった。笑顔が素敵な若い芸術家は、自分自身に正直な空気感を身にまとっていた。特に彼女の作品のこととなると、謙虚な姿勢で話してくれる。父親もアーティストであり、彼女の多くのインスピレーションの一つとなっているそうだ。彼はまた中瀬の最大の批評家でもあると、彼女はギャラリーでのトークセッションで述べた。

展覧会「Beyond」は、9月22日(本日)まで六本木のClear Gallery Tokyoで開催中。この機会をお見逃しなく。

    ■中瀬萌個展 “Beyond”
    会期:9月7日(金) 〜 9月22日(土)
    火曜〜土曜11:00-19:00 /日月祝 閉廊
    場所:CLEAR EDITION & GALLERY  〒106-0032 東京都港区六本木7-18-8 2F

    http://www.clearedition.jp/web/

    “Beyond”

    夢に過去はなく、現実に永遠は存在しない。
    夢と現実の合間にある永遠は時の束縛を持たない。
    私は非永続性を求めて築く
    それは日本人の持つ、『儚いものを大切にする』、
    その精神で作品を作り続けたいと思うからである。
    〜中瀬萌 2018年初夏パリ にて〜

    “その衝撃は 魅惑的という言葉では言い表わせられるものではなかったが、その時に何を感じたのか思い出せないのだ。
    あまり不思議なかたちで私はその作品と繋がり、思い出す能力を失いかけるほどだった”
    -ジェーン エルキンズ『絵と涙 ~絵画を前に涙する人々の歴史』より

    今年に初春、ニューヨーク の人々を驚かせた才気は 今回六本木でさらに
    何倍もの濃度で 誰もみたことのない詩と創造物”Beyond”を作り出した。

    ◆中瀬萌
    1993 年、神奈川県生まれ。2015 年からモデル活動を始め、その傍らで彫刻家である父に影響を受け、モデル以外での自己表現は何だろうかと思い始め、アーティストとしても活動を始める。
    極小の「点」から織り成す、独特の点描画を、透明感のあるトレーシングペーパーに描き出す作品から、ブルックリンの展示を経て、蜜蝋を使った、鮮やかで色彩の流れを描いたようなエンカウスティックの作品を展開している。
    2017 年 NY BROOKLYN BEAUTY/FAHSION LABOにて出展、12 月のJ-COLLABO ANNUAL EXHIBITIONにて大賞を受賞。

    Instagram: @moe0814n


In a lot of ways, Moe Nakase’s work feels like a dream. Her paintings feature colors that twist, swirl and mix on the canvas: giving the impression of a smokey void one could get lost in. While they are all done in a similar style, each painting carries with it a raw emotion that sets it apart. It’s as if Nakase reached deep down inside of herself, pulled out some of her spirit, and placed it on the gallery walls for all to see.

After examining her art, I imagined Nakase to be a serious and solemn person. However, I quickly found the opposite to be true when I finally managed to meet with her. The smiling young artist had an air of sincerity about her that was apparent from the moment she spoke. She was quite humble when it came to her art which is a respectable trait in any artist. Her father is also an artist and is one of her many inspirations. He also happens to be Nakase’s biggest critic, which she noted during her talk at the gallery.

The exhibition, “Beyond”, lasts until September 22 at Clear Gallery Tokyo. It’s open Tuesday to Friday from 2pm-7pm and Saturday 11am to 7pm.

◆Moe Nakase’s solo exhibition “Beyond”
date:September 7th (Fri) – September 22nd (Sat)
Tue-Sat 11:00-19:00 /close on Sundays, Mondays and national holidays
Place:CLEAR EDITION & GALLERY  〒106-0032 7-18-8 2F, Roppongi, Minato-ku, Tokyo

http://www.clearedition.jp/web/

“Beyond”
There is no past in a dream, and there is no eternity in the reality.
The eternity between the dream and the reality is free from the restrictions of time.
I work on looking for non-persistency.
That is because I want to keep creating works with a spirit of Japanese, “to appreciate something tranient”.
By Moe Nakase, in Paris, the early summer in 2018

“That impact was more than something can be expressed with a word ‘fascinaing’, I cannot remember what I felt at that time.
I was connected to the work in a strange way, and was almost to lose the ability to remember.”
From “Pictures and Tears -the history of people crying in front of pictures-“, by Jane Elkins

The talent who surprised New Yorkers in the early spring this year created “Beyond”, the poetry and the creations that no body have never seen before, with much more density for Roppongi this time.

◆Artist’s Profile:
Born in Kanagawa Prefecture in 1993.
While starting modeling in 2015, she began to work on as an artist influenced by her father known for a sculptor, thinking about what is her own expression besides the model.
Going through from the works by unique pointillism, making many tiny dots on translucent tracing paper, to the exhibition in Brooklyn, she started the encaustic paintings, drawing the flow of vivid colors with beeswax.
In 2017, she exhibited at NY BROOKLYN BEAUTY/FAHSION LABO, and in December, received the grand prize of J-COLLABO ANNUAL EXHIBITION.

Instagram: @moe0814n

(C) 2018 Wooly. All right reserved.