Bilingual Culture Magazine

Interview with Yoko Honda

Art:Yoko Honda
Text/Translation:Yuka Shimayoshi

BRUTUS 4月号音楽特集にも掲載、4.05にユニバーサルミュージックより発売の、松田真将1st Album「ROUTE」のジャケットを描いたイラストレーターYOKO HONDAにインタビュー。
We interviewed Yoko Honda, whose work is used as the cover art of Shinsuke Matsuda’s first album ROUTE, which is seen on BRUTUS April music issue and released from Universal Music on April 5.

10757388_001裏

  • JP
  • EN

今回、国内で初めてのジャケットワークと伺いましたが、ミュージシャン松田真将とコラボレーションしていかがでしたか?

今回、松田さんのジャケットワークに抜擢していただき、本当に光栄でした。松田さんの音楽と私のアートワークがぴったりと融合し、このリリースに少しでも参加させていただけたことを嬉しく思います。
Wooly magazineの皆様にも助けていただき、とてもポジティブで暖かい雰囲気の中、最初から最後まで安心してコラボレーションさせていただきました。

ジャケットに採用された作品の、制作のエピソードや、思い入れを教えてください。

この作品を最初に描いたのは2015年でした。バスケットボールを練習した帰りにふと見渡したLAの街とグラデーションのサンセット、をテーマに描きました。
このような強烈な紫を前面に使用すること自体が当時はまだ初めてだったので、実験的でもありましたが、どこか懐かしさのある、穏やかなサンセットタイムを表現できたのではないかと思っています。

音楽がお好きだとわかる作品をいくつか拝見しております。カイリー・ミノーグのツアービジュアルや、過去手がけられた海外アーティストのジャケットなど、「音楽」に関係するアートを描かれる際の姿勢や考え方について教えてください。

私は小学生四年生の時にマイケルジャクソンの熱狂的なファンになり、それからMTV, モータウンやsoul train, 海外の70年代、80年代、90年代の音楽を、家族も呆れるぐらいに毎日のように聴いて過ごしました。私が絵を描く際にに欠かせないのが10代の頃に体験した、音楽に触れた時の新鮮な感動で、また、絵を描く時には、その淡い記憶や感覚を絵に表現することをとても意識しています。
私の作品全般、Good old musicからインスピレーションを受けています。取り組む時の考え方や姿勢は、どの作品もいつも同じです。
私の作品を楽しんでくださる方々が、タイムスリップした気持ちになる、と言ってくださるのが一番嬉しい瞬間です。

DIESEL 2017 S/S からコラボレーション商品が発売されますが、このブランドとコラボすることになったきっかけや、制作秘話などあれば教えてください。

今でもまだ、DIESELとこのような沢山のコラボレーションをさせていただけたことが信じられない気持ちです。夢を見ているようで、もう仕事をやめてもいい!と思いました。
きっかけは昨年の春にDIESELのディレクターからご連絡をいただいて、それからデザインに使用する作品を、私の古いアートワークの中から7点ほどピックアップしていただきました。
とても光栄な、楽しい時間でした。

私は実際制作には関与していないため、お話できる秘話などは特にないのですが、一年間、どのような商品が出来上がるのかをただひたすら楽しみに待っていました。
リリースしてまだ半月ですが、すでに海外の方々が、私の商品を着てその写真のDMをくださるなど、日々実感しています。
これから夏に向けて、世界中の沢山の方にこのコラボレーションを楽しんでいただけると嬉しいです。

自分の絵のスタイルを一言で表すと?

非現実と80sへの旅。

どこからインスピレーションが湧きますか?

音楽を聴くと(聴かなくても)まずは色が現れて、その後に描きたいアイテムを考え、それを組み合わせて描きます。—絵を描く時に何を重視していますか?私のスタイルはとにかく色を沢山使うので、見ていて疲れないようにすることと、時間の流れを感じない平面的な絵を描かないことです。

—絵を描く時にポリシーなどはありますか?

古い80,90年代の音楽を聴くとインスピレーションが湧き出でてきます。制作に音楽は欠かせません。debargeを頻繁に聴きます。あとは夢に映像として現れるのでそれを描くことも多々あります。日常生活では頭の中がほとんどオフになっているのであまりインスピレーションを受けにくいのですが、素敵なパッケージやデザインやアートを見たりすると突然スイッチが入りインスピレーションを受けたりもします。

松田真将 UICZ-4389_Inlay_outline-01

YOKO HONDA
2013年9月にグラフィックデザイナー、イラストレーターとしてデビュー。80年代にインスピレーションを受けた絵を描き、これまでに、Kylie Minogueのkiss me once tourのvisual artに参加し、neo legend, afends, grain supplyとのコラボレーションを果たし今現在海外を中心に幅広く活動している。アディダス ステラスポーツの「TOKYO CITY MAP」アートワークを担当。DIESEL 2017 S/Sにてコラボレーション商品が発売される。


—We heard that this is the first time for you to collaborate with Japanese musician. How was the work with Shinsuke Matsuda?

I really appreciate that my work is selected as Mr. Matsuda’s album art. His music and my art work fuse well together, and I’m glad to join his release of the album.
Wooly magazine crew helped me a lot and I could accomplish this collaboration in the warm and positive atmosphere.

—Do you have any story behind this artwork, which is picked from your previous ones?

I draw this in 2015 for the first time. The theme is that the town of LA and the color gradation of sunset I happened to see after practicing basketball.
It was experimental because it was the first time for me to put this vivid purple forward, but I think I could express somehow nostalgic and calm sunset time.

—We can see your works as you have great interest in music. What is your attitude or opinion when drawing something related to music, including Kylie Minogue’s tour image or other foreign musicians’ cover art?

I became an enthusiastic admirer of Michael Jackson when I was in the fourth grade, and I spent all day listening to music of MTV, Motown or Soul Train, or 70s, 80s and 90s foreign music as my family was fed up with. The fresh and emotive feelings when I touched to music in my teenage is necessary for my drawings, and I’m particularly conscious of delineating that watery memory and feelings.
Most of my works are inspired by good old music. My attitude or concept toward the works is always the same.
The most delightful moment is that those who enjoy my art tell me they feel like slipping back in time.

—The latest collaboration with DIESEL will be launched for 2017 S/S collection. How did you get this opportunity with the world famous bland? Or do you have any story behind it?

I still can’t believe that I worked with DIESEL for this collaboration. It was like a dream that I thought it was nothing to quit my job!
The reason I got this chance is that DIESEL’s director contacted me and he picked up about seven art works from my old ones for their design.
It was such an honor and pleasure for me.

I don’t have any secret story because I didn’t involve in the production indeed, and I just looked forward to seeing what was created. It has been only half a month since the products were released, but I daily feel valued through DM with the picture of foreigners wearing my items.
It would be my pleasure if many people from the world enjoy this collaboration this summer.

—Express your illustrations in one word.

Unreality and a trip to the 80s.

—Where does the inspiration from your illustrations come from?

When I listen to music (or even when I don’t), colors emerge and then I think of what I want to draw and I combine them together and it all becomes one.

—Do you have a policy when drawing?

When I listen to 80s and 90s music, I get a lot of inspiration. Music is a necessity when drawing. I often listen to debarge. Also some images appear when I dream so at times I draw them too. In every day life, my brain is mostly turned off, so I don’t get much inspirations but when I see beautiful packages or designs or art, my brain instantly turns on and I get inspirations then.

松田真将 UICZ-4389_Inlay_outline-01

YOKO HONDA
Debuted as a graphic designer and illustrator in September, 2013, inspired by 80s culture. She designed some visual arts for Kylie Minogue’s Kiss Me Once Tour and collaborated with Neo Legend, Afends, Grain Supply Co., and now she is widely active mainly based overseas. She worked for the artwork of “TOKYO CITY MAP” of Adidas StellaSport. The collaborated items for DIESEL 2017 S/S will be launched soon.

(C) 2017 Wooly. All right reserved.