Bilingual Culture Magazine

Sophie Calle ―フランスから東京へ―

Text: Yuka Shimayoshi

フランス人アーティスト、ソフィ・カルの作品が渋谷・六本木・品川・銀座に集まる
French artist Sophie Calle has brought her works to Shibuya, Roppongi, Shinagawa and Ginza at the same time

 


  • JP
  • EN

渋谷、深夜0時。
広告に囲まれたスクランブル交差点では、この時間でも多くの人が行き交う。
そんな眠らない街に、波の音が響き渡る1時間。

もともとはNY・タイムズスクエアで放映されたこの映像作品。
海に囲まれたイスタンブールに住みながら一度も海を見たことがなかった人々が、初めて海を見た瞬間を捉えた「Voir la mer(海を見る)」。
自動車、人々の話す声、店から流れ出す音楽、そんな様々な騒音と波の音が交りあい、
人々が4つの大型エキシビションを見上げるその様子は、まさしく私たちが見たことがなかったもの。

■ソフィ・カル「 Voir la mer (海を見る)」
渋谷スクランブル交差点 2019年2月3日 – 9日 深夜0時から1時まで
協賛はアートをデザイン経営の一環として支援する株式会社ビズリーチ、企画・制作は株式会社NION。
仕掛け人はプロデューサーの守屋貴行氏。

 
このほか、都内3か所で展示が開催されているソフィ・カル。
彼女の作品はこれまで40年にわたり、物語と現実、公と私の間をき来しながら、言葉、写真、パフォーマンス、映像を混ぜ合わせてきた。
ストーリーを支える要素であるテキスト、写真、オブジェを介してみずからを物語り、独自の神話を創造している。

六本木では、ペロタン東京にて「Ma mère, mon chat, mon père, dans cet ordre(私の母、私の猫、私の父、この順に)」が開催中。
シリーズ「Autobiographies(自伝)」より 近年(2012年~2018年)の作品が展示されている。
近年死去したソフィ・カル自身の母親、父親、猫にまつわるもので、最愛の人たちを亡くすこと、
その極めて私的な体験を、額装されたテキストと写真で綴っている。

■ソフィ・カル「Ma mère, mon chat, mon père, dans cet ordre(私の母、私の猫、私の父、この順に)」
ペロタン東京
会期:2019年2月2日〜3月10日
開館時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝日
料金:無料

Mes Mains, 2018
Photographie couleur/Digital photograph/デジタル写真
27×42 cm | 10 5/ 8 × 16
Sophie Calle / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2019.


 

また、品川の原美術館では、20年前に開催された同展示がフルスケールで再現されている。
銀座のギャラリー小柳では、国内初公開となる「Parce que(なぜなら)」シリーズから新作9点が展示される。

■ソフィ・カル「 限局性激痛 原美術館コレクションより」 原美術館 2019年3月28日まで
■ソフィ・カル「 Parce que(なぜなら)」 ギャラリー小柳 2019年2月2日〜3月5日

 
私的な体験をアートへと持ち込み、見る人へと投げかけるソフィ・カル。
渋谷、六本木、品川、銀座という都内4か所に彼女の作品が集まる今。
各ギャラリーを回って、友人と感想を語りあったり、自分のパーソナルな体験を反芻したり、
繊細で情緒的な冬を過ごしてはどうだろう。

Shibuya, 0AM.
At the famous crossing surrounded by adverts, lots of people still can be seen at this time.
In such a town, the sound of wave echoes for an hour.

This video work was originally exhibited at Times Square in New York.
This is titled “Voir La Mer”, showing the first time of the people who have never seen the sea in Istanbul viewing it.
The sound of cars, people talking, music from shops are all mixed with the waves,
and the view that people there looking up the 4 electronic billboards is never seen before.

■Sophie Calle “Voir la mer”
Shibuya crossing, 2019/2/3-2/9 midnight to 1AM.
The installation is sponsored by BizReach, a leading HR tech company that embraces the power of design in business and actively supports creators. The video is produced by NION, a film, content and arts production positioned to enliven the industry, led by producer Takayuki Moriya.

 
Along with this iconic installation, Sophie Calle holds three solo exhibitions in Tokyo.
For the past forty years, her work has blended the written word, the photographic image, performance, video, in an ongoing to and from between the narrative and the real, the private and the public. Sophie Calle narrates herself through texts, photographs, objects – elements that act as supports for these stories and that contribute to the development of an individual mythology.

In Roppongi, at PERROTIN Tokyo, “Ma mère, mon chat, mon père, dans cet ordre” is held.
From her series called “Autobiographies”, it shows her recent work since 2012 to 2018.
This is related to her own mother, father and cat, who passed away these years,
and she expresses her very personal experience, losing someone you love most, by decorated texts and photography.

■Sophie Calle “Ma mère, mon chat, mon père, dans cet ordre”
PERROTIN Tokyo
2019/2/2-3/10
11:00〜19:00
Close on Sundays, Mondays and holidays
Admission Free

Mes Mains, 2018
Photographie couleur/Digital photograph/デジタル写真
27×42 cm | 10 5/ 8 × 16
Sophie Calle / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2019.


 

In Shinagawa, Hara Museum re-exhibits “Exquisite Pain”, which was exhibited at the same place 20 years ago, in a full, large scale.
In Ginza, you can see the 9 works from the series “Parce que”, at Gallery Koyanagi, for the first time in Japan.

■Sophie Calle “Exquisite Pain from the Hara Museum Collection” Hara Museum of Contemporary Art through 2019/3/28
■Sophie Calle “Parce que” Gallery Koyanagi 2019/2/2-3/5

 
Sophie Calle brings her personal experience to the world of art, and get people involved in.
Her works are gathering in Tokyo, Shibuya, Roppongi, Shinagawa and Ginza now.
How about going these galleries and spending emotional winter exchanging your thoughts with friends or remembering your experience?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です