Bilingual Culture Magazine

Today’s Cinema

Text:Miyu Miyano
Illustration:MOKA
Editor:Ayaka Yoshimura

今回の映画は今年一年間の「恋の話」に花を咲かせながらみんなで見てほしい、
気分を前向きに切り替えるための映画。

 


  • JP
  • EN

今年も早々と終わろうとしている。そんな今年の一年を締めくくるのにやっぱり友達の存在は欠かせない。今年はありがとうと、これからもよろしくねを包んだホームパーティを開きたいな。私の家に夜な夜なガールズたちが自分の好きな食べ物をテーブルいっぱいに持ち寄って、散々食べ散らかして大騒ぎ!そして、ガールズの話題の行き着くさきはぜったい近況報告と言う名の「恋の話」。

『the Holiday』(2006)ナンシー・マイヤーズ 
失恋し、傷付いた女性たちアマンダ(キャメロン・ディアス)アイリス(ケイト・ウィンスレット)が、家や車を交換する“ホーム・エクスチェンジ”をして心機一転、新しい人生を開花させようとするラブコメディ。グレアム(ジュード・ロウ)のメガネ姿と、マイルズ(ジャック・ブラック)の見た目とのギャップに心打たれた人は多いんじゃないかな。
勉強や仕事がうまくいかなかったり、恋に悩んで前向きになれないときもあると思うけど、それを来年まで引きずるのは絶対よくない!友だちとどんちゃん騒ぎをして、相手の悪いところも全部吐き出して、自分の悪かったところも反省して。そうしたら、アイリスがマイルズと初めて出会ったときに吹いた全てを白紙にしてくれるサンターナの風が私達にも吹いてくれるはず。新しい出会いに、まさかの出来事が自分を変えてくれて、アマンダのようにあのテーマ曲に合わせて大切な人のもとへと走り抜けてこう。ラストは登場人物の幸せがスクリーンから溢れ出して私たちを包み込んでくれる。
きっと恋愛はいいものだって思えるし、気分が上がれば人生もちょっとずついい方向に流れていくって気づけるはず。恋も人生を大きく転換させるエネルギーを持っているのかもしれないね!アーサーの言う通り、私達はみんな主人公。脇役のように振舞っていたらダメだよ!

◆MOKA
1995年熊本県生まれ。日本大学芸術学部デザイン学科にてグラフィックデザイン、プロモーションデザインを学ぶ。様々な人物をモデルとし、色彩豊かでどこかシュールなイラストが特徴。主にSNSで発信している。ウェブマガジン“Be inspired”イベントステッカーのイラストを手がけるなど、今後の活躍に期待される新星。

◆Miyu Miyano
1995年生まれ。日本大学芸術学部映画学科在学中。今年の文化祭ではイラストレーターMOKAとタッグを組み”GOOD BOB CINEMA”というzineを作成、彼女のキャッチーな文章で映画を幾つか紹介している。

(C) 2018 Wooly. All right reserved.