Bilingual Culture Magazine

INTERVIEW WITH manhood

Text/Interview: Eri Machida
Translation:Zara Alice Hinton

青山の閑静な街中にあるサロンmanhood、店内に入るとそこは、サロンと融合するアートファッションの発信地だった。
今回は「アートを生活の一部にしてほしい」と語る美容師であり、フォトグラファー、そしてmanhoodのギャラリーの主催者でもある奥田行さんに話を伺った。

In the quiet  downtown of Aoyama is the salon manhood. When you go inside you see the fusion between art and fashion and the salon. I spoke with hairdresser Go Okuda, also a photographer and is responsible for organizing the gallery at manhood, who talks about art as ‘part of life’.

  •  


    • JP
    • EN

    ギャラリーとサロンを融合したスペースを作ったきっかけを教えてください
    奥田さん(以下略) 僕が元々写真の仕事をしていたので、アートと美容を繋げられるといいなと思ってmanhoodを作るときにぴったりなスペースがあったので、ここがまさにその空間だと感じ、ギャラリーにしました。

    ・学生を対象に無料でギャラリースペースを提供するといったような若い世代が活躍できる場を作っている理由を教えてください
    manhoodには美大のお客さんが多いので、そのような若い方々が自分を表現できる場所があるといいなと思ったからです。学生さんが展示をしてそれをまた美術に携わる学生さんが見に来るという循環をさせたかったというのもありますね。

    ・展示をするアーティストはどのような基準で選んでますか?
    誰でもできるようにはしたくなくて、新鮮味がある人やこのギャラリーをよりかっこよくしてくれる人を選んでいます。似たような感じに偏らないようにもしています。

    ・奥田さんはどのような作品に惹かれますか?
    僕にとって「かっこいい」という言葉が美術に対する評価の仕方で、かっこいいと思うものが良い作品だと感じます。あと繊細さを感じるものが好きですね。今展示している作家さんも力強い感じもするし、細いラインからは繊細さが伝わりますよね。

    ・奥田さんは作品を見るときどの点に注目して見ますか?
    僕は作品自体に意味を見出そうとはしていません。その代わりを作品の周りを見ます。レイアウトによって作家さんがどのように作品を見てほしいかが感じ取れると思うので。

    ・past&forwardらしさを教えてください
    ある意味使いづらいところですかね。
    ギャラリーはホワイトボックスといって白い壁で囲まれているところが多いですが、ここは棚や、グレーの壁があるので作家さんが今まで他のところでやった展示と同じようにはできないんです。なので作家さんも新しいことに挑戦していると思うのでそこが面白い部分だと思います。
    あと、単純に美容室と繋がっているところですね。髪を切るのは生活の一部じゃないですか。でも美術館やギャラリーにお金を払って行く人は一定の人だけですよね。なのでよりアートを生活の一部に入れてほしくて、manhoodに髪を切りに行った人がついでにギャラリーを見てそこから他のギャラリーにも行くきっかけになったら嬉しいです。

    今後やりたいことを教えてください
    今までトートバッグやトランプを作家さんと一緒にデザインしたので、そのようなプロダクト、オリジナルのものをこれからも作家さんと作っていきたいですね。


    アート、ファッション、ヒトをごく自然につなげてくれるmanhood。
    サロンにアートがある、というのはなかなかイメージが湧かなかったが実際に行ってみると見事に空間が調和していた。ギャラリーは小さいながらも見ごたえがあり、作品を見終わって外を出たときには必ず誰もが満足げな表情を浮かべていることだろう。
    これからもmanhoodの提案する「かっこよさ」から目を離さないでほしい。

    manhood
    〒107-0062 東京都港区南青山3-10-12 B1F
    3-10-12.Minamiaoyama.Minato-ku.Tokyo.107-0061.Japan
    TEL : 03.6432.9775
    Fax : 03.6432.9776
    http://manhood.jp
    OPEN : 12:00-21:00 / 11:00-20:00 (Sat, Sun & Holiday)
    Close : Mon


    What made you want to create the fusion between salon and gallery?

    I originally was working as a photographer, and I thought connecting the two, art and beauty, would be great.  When starting manhood I found I had the the perfect space that could allow me to do that.

    What made you create a free gallery space aimed at supporting students?
    manhood has many customers that go to art universities and I wanted a place to be able to represent these kind of young people. Students exhibit their art and then in a kind of cycle its students in turn that are coming to see it.

    On what kind of basis do you do you choose the artists that exhibit?

    I  try to choose people that do things differently from everyone else, and have something fresh about them. I also try not to be inclined to go for things that share resemblance.

    What kind of work attracts you?

     For me, the word ‘kakkoii’ (cool) is how to evaluate art, I feel good work evokes this sense of ‘cool’. Also I like delicate feeling things too. The artists we exhibit now too have a strong sense of power but with delicacy coming from the fine lines of their work.

    When you look at work what  points catch your attention?

    I don’t try and find meaning simply within the piece itself. Instead I look at whats around the work. I try and gauge how the artist wants you to perceive their work according to the layout they choose.

    Tell us about past&forward
    In a sense it’s a place that’s difficult to use.  There are many galleries that are a ‘white box’, a place enclosed in white walls- but here we have shelves and grey walls so artists can’t exhibit here in the same way they have previously. The artists face a new challenge themselves so I think that in that sense it’s interesting.

    Also put simply, it’s inside a beauty parlor. Cutting hair is a part of life isn’t it? However people that pay to go to art museums and galleries are only a certain type of person. So as I’m aiming to put art in place as a part of life, people come to manhood to have their hair cut are at the same time incidentally exposed to art, and if then consequentially they are inspired to go and see other galleries- it makes me happy.

    What would you like to do in the future? 
    I’ve always wanted to design tote bags and cards with artists- so that kind of project, and creating original products, is the direction in which I’d like to go in.

     


    manhood, where art and fashion and people are intertwined.
    One might not easily be able to imagine art inside a hairdressers, but when you actually visit, you can realize the great harmony achieved within the space.
    Whilst only being a small space, it’s impressive, and when you’ve finished viewing the work  you’ll leave with a satisfied feeling for sure.

    From now on I want to keep an eye on the ‘cool’ proposed by manhood.

    manhood
    1F 3-10-12.Minamiaoyama.Minato-ku.Tokyo.107-0061.Japan
    TEL : 03.6432.9775
    Fax : 03.6432.9776
    http://manhood.jp
    OPEN : 12:00-21:00 / 11:00-20:00 (Sat, Sun & Holiday)
    Close : Mon

  • (C) 2017 Wooly. All right reserved.