Bilingual Culture Magazine

Microbe et Gasoil

text&translation Yuzuka Kawaguchi

『エターナル・サンシャイン』、『ムード・インディゴ うたかたの日々』などで知られるミシェル・ゴンドリー監督最新作、『グッバイ、サマー』

  • q_hirno5up774m81474298139_1474298147
  • lazjcttkxbfv_jw1474298107_1474298114
  • x1kchwbavh6eyk61474297960_1474298084
  • JP
  • EN

STORY

14歳。子供でもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。
中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。
そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。名前はテオ。目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家の稼業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友同士になっていく。学校や家族、そして仲間達、みんなが二人を枠にはめて管理しようとしてくる。息苦しくて、うんざりするような毎日から脱出するため、彼らは“ある計画”を考え付く。それは、スクラップを集めて〝夢の車”を作り、夏休みに旅に出ることだった―。
(公式サイトより抜粋)

REVIEW

クラスに馴染めない14歳の男の子2人が自分たちで手作りした木製の車で一夏のフランス横断の旅に出かける。しかし、旅はいつまでも続くわけではなく、最終的に2人は現実に向き合わなければならない…この映画は、永遠に続きそうな蒸し暑い夏がいつの間にか終わりに近づき、だんだんと学校・仕事とへ人々が現実に向き合わなくてはならないこの季節の変わり目にまさにぴったりである。監督であるミシェル・ゴンドリーはアート系映像作家としても知られており、その完璧なまでの美しい映像だけでも一見の価値がある。『アメリ』で知られるフランスを代表する大女優、オドレイ・トトゥにも注目だ。主人公ミクロとテオとミシェル監督の美しい映像とともにこの夏を締めくくってみてはいかがだろうか。

出演:アンジュ・ダルジャン、テオフィル・バケ、オドレイ・トトゥ『アメリ』
監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー
2015年/フランス/104分/DCP/原題:Microbe et Gasoil 日本語字幕:星加久実
提供:シネマライズ+トランスフォーマー 配給:トランスフォーマー 宣伝:ミラクルヴォイス
9月10日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA、
新宿シネマカリテ他、全国ロードショー!

公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/goodbyesummer/

“Microbe et Gasoil”-the newest film by Michel Gondry who is known for “Eternal Sunshine of the Spotless Mind” or “Mood Indigo”

STORY

14 years old, the age between adulthood and childhood. Daniel, who is aiming to become a painter has much on his mind. Even though he is already a junior high school student, he looks like a girl and is called Microbe (tiny). He is giving heart to Laura in his class, but she couldn’t care less. To add insult to injury his mother is very protective and his brother is obsessed with punk. Nobody understand who he really is…
One day, he met a new classmate who has his distinctive world. His name is Theo. He likes to draw attention to himself and bike through with a weird bicycle he remodeled himself. Due to his family business, he always reeks of gasoline. Two boys, that are set off from their peers eventually got along with each other well and became best friend. School, family, friends and everyone try to control them. In order to escape from this uncomfortable and boring life, they have come up with a “plan”. That is, to go on a trip in a summer vacation with a “dream car” made of scraps.

REVIEW

Two 14-year-old boys having trouble making friends go on a trip across France during summer with their handmade car. However, the trip will not last forever and so in the end they have to face the reality…The movie is seasonally appropriate because the hot and humid weather that seemed to continue forever is coming to an end and everyone have to go back to school and work. Michel Gondry, the director of this movie is well known for being good at creating artistic movies and the screen image itself is worth watching. It is also worth paying attention to Audrey Tautou, the French actress who is well known for her lead role in the film “Amelie”. Why don’t you top off this summer with the two leading character Microbe (Daniel) and Gasoil (Theo) and the alluring image by Michel Gondry?

(C) 2017 Wooly. All right reserved.